悪霊狩猟団カウンターズ1話ネタバレあらすじと感想!驚きの新人!

悪霊狩猟団カウンターズ1話のネタバレとあらすじを紹介!

ケーブルテレビ局OCNで放送され、当チャンネルの歴代最高視聴率を記録!

シーズン2制作も決まったドラマ「悪霊狩猟団:カウンターズ」。

韓国内だけでなくアジアでもブームを起こしています。

超話題作「悪霊狩猟団:カウンターズ」1話のあらすじやネタバレ含む感想をまとめていきます。

スポンサーリンク
もくじ

悪霊狩猟団カウンターズ1話ネタバレあらすじ

両親との別れ

雨の夜、少年を乗せた車。

両親と楽しく話していると、父親の元に電話がくる。

電話の向こうにいる男は傷だらけ、謎の集団に追われビルの屋上にいた。

不穏な気配に父親が困惑していると、家族の乗る車にトラックが突っ込む。

同じ時、電話先の男は屋上から落下していた。

電話の男は窮地に陥りながらも、少年の父に警戒するように伝えます。

7年後

事故に遭ったソ・ムン(チョ・ビョンギュ)は片足が不自由ながらも、祖父母と明るく暮らしていた。

高校生になった彼は、親友たちとヒーロー漫画を製作中。

彼らの住むチュンジン市では都市開発が計画されている。

行列のできる店

都市開発のための立ち退きを断ったという、人気のククス店(麺料理の店)。

突如、店員・ハナ(キム・セジョン)の脳裏に映ったのは犯行中の殺人現場。

それをチュさん(ヨム・ヘラン)とモタク(ユ・ジュンサン)に伝えると、3人は客を残し急いで店を出る。

7年前、ムンの父親と電話していたのがモタクなのです!

対決

もう1人の仲間・チョルジュン(ソン・ジル)とは現場で合流することに。

ハナが見たのはこれから起こる事、一同は未然に防ごうとしていた。

遠くにある建物の間から空に向かって光が上っており、そこに犯人を追い込もうとする。

ハナとモタクが2人がかりで戦うが逃げられてしまう。

犯人の男(イ・ホンネ)は、チョルジュンの待機する光の出所にやってくる。

地面から上る光を「地」と呼び、その中にいると有利になるみたいです。

後任探し

1人で戦うなと言う忠告を無視したチョルジュンは、仲間たちの到着前にやられてしまう。

息絶えたチョルジュンから魂を吸い取る犯人。

するとチョルジュンの体から老婆・ウィゲンが煙のように飛び出し、さまよい始める。

その頃、友人と歩いていたムン。

ウィゲンは彼の中に入り、ムンは雷に打たれたような衝撃を受ける。

起き上がったムンの髪が、一気にクルクルパーマに。

さらに手には消えない斑点ができ、力加減のコントロールが出来なくなっていた。

新しいパートナー

ジャンムル流通の会長(アン・ソクファン)がククス店を訪れる。

店員たちからチョルジュンの命を奪った「悪霊」について聞く。

会長はウィゲンが特別な男の中に入り、悪霊退治にはその男が必要だと話す。

チョルジュンの葬儀にも訪れていた会長、もう1人の仲間です。

警察と市長

「環境を守る会」の事務所で捜査が行われている。

他の刑事たちが何かを隠そうとしていると怪しむジョンヨン刑事(チェ・ユニョン)。

邪魔者扱いされている彼女は、みんなが去った現場で1枚の写真を拾う。

写真には病気と子供と父親と思われる人が映っています。

市庁舎周辺には「市が子供の健康を奪っている」という抗議の横断幕がある。

シン市長(チェ・グァンイル)がデモ活動をしていた男性について秘書に尋ねると、自ら命を絶ったと言う。

秘書は「環境を守る会」についての報告書を処理した。

標的

学校でウンミン(キム・ウンス)が恐喝されているのを止めに入ったムン。

リーダー格のヒョグ(チョン・ウォンチャン)に目をつけられてしまった。

ウンミンは「自分がやられるよりムンが殴られる方が怖い」と、助けたことを咎める。

帰り道、ヒョグと仲間たちがムンを待ち伏せていた。

チームとの出会い

攻撃されていたところにハナが現れ、簡単にヒョグたちを倒す。

ククス店へ連れてこられたムンは、悪霊を捕まえる任務について説明を受ける。

手の斑点は、あの世に通じるためのもの。

試しにあの世へ行ったムンはウィゲンに会い、現世と死後をつなぐ「窿(ユン)」の存在を知らされる。

ウィゲンのパートナーが殉職し、後任として選ばれたムン。

1週間考えるように言われるが、自分にはできないと伝えククス店を出る。

娘を失った祖父母を思い、命に危険があることはしたくないと考えているんですね。

友人の危機

ヒョグたちに捕まったウンミンから電話がくる。

ハナを連れてくるよう脅迫され、学校へ向かうムン。

容赦ない攻撃に我慢の限界がきたムンは、ヒョグのパンチを掌で止めた。

悪霊狩猟団カウンターズ1話ネタバレ感想

ここからは悪霊狩猟団カウンターズ1話の感想をネタバレ含んで紹介

ムン少年

幼くして両親を失い、自らも怪我を負いながらも明るく生きる主人公。

窿に行った時に亡くなった両親に会えるかウィゲンに尋ねており、両親に対する思いは強いようですね。

いじめられる友人を放っておけない正義感がある少年です^^

そして通り過ぎる人ばかりの中、失踪者のビラを自分から受け取りに行く場面があります。

理由は「無関心が悲しい」から。

つらい経験をしている分、人の痛みがわかる優しさもあります。

1話の最後には、強烈な拳を受け止められるように!

嘘みたいな状況に巻き込まれ、素朴な少年がどう変化するのか注目です♪

おじいちゃんとおばあちゃん

ムンと暮らしている祖父母は、事故の前から忙しい両親の代わりにムンの面倒を見ていました。

おばあちゃんは認知症のようで、ムンを他人だと思うことがあります。

時には娘の死についてムンを攻め立てる場面も。

それでもムンはおばあちゃんに愛情を持って接しています^^

ムンの顔がわからなくなっても「孫は最愛の存在」という気持ちは決して忘れていないのです。


そんなおばあちゃんの世話をしながら、常にムンを気にかけているおじいちゃん。

孫のために誕生日ケーキを用意して家の前で待っていたり、温かい人物です☆

ムンが健やかに育ったのはこの2人のおかげではないでしょうか。

ククス店の人々

隠れた名店を営む超能力保持者たち。

彼らにとって店の仕事より重要なのが、悪霊退治です!

出動するときはお揃いの赤ジャージを着用、人並みはずれた身体能力で犯人(悪霊)を追いかけます。

建物を飛び移ったり高いところからジャンプしたり、パルクールのようなアクションシーンが見どころです!


彼らは昏睡経験者で目覚めることと引き換えに、悪霊退治をするようになりました。

なので、ムンにこの役目が与えられたことに困惑する様子も。

仲間意識が強い分、殉職した仲間の後任が高校生ということで疑心暗鬼^^;

ちなみに、みんなクルクルパーマです。

今後のムンとチームメンバーたちとの関係が気になりますね!

最強のおばさん

ククス店のリーダーであるチュさん。

車にぶつかられてもお構いなし、ハナとモタクがピンチの場面では鉄パイプを投げて危機を救います。

他の2人とは違い、初めからムンに優しく接するお母さん的存在^^

演じているのはヨム・ヘランさんです。

「椿の花咲く頃」でちょっと残念な夫を持つエリート弁護士、超強気なキャラを演じていました。

「トッケビ」では主人公をいびる親戚役で登場しており、名脇役ではないでしょうか!


今回のドラマを見て思い浮かんだのが「サンガプ屋台」。

同じくあの世の世界が描かれるお話で、このドラマでは閻魔様役でした。

キツいメイクをしてあの世の役職者的なキャラでしたが、今回は雇われ側。

物腰の柔らかいおばさまという感じで、同じ方とは思えないほど。

責任感と包容力がある頼もしいチュさん、素敵なキャラです♪

色んな悪役

このドラマ、悪者が多いです。

まずは学校のいじめっ子たち、中心人物のヒョグは市長の息子。

その市長は一見穏やかそうに見えますが、抗議活動も行われており裏がありそうですね。

韓国ドラマあるあるとも言える「悪徳警官」も登場します。

そして超人的な力を操り、人間に残忍な行為をさせる悪霊!

人に寄生し人の命を奪い、その魂を吸うことでさらに強くなっていくのです。

レベルがあるらしく、今回の相手はレベル3でかなり強敵。

ククス店の一同は、この世に蔓延る悪霊たちを葬るために戦っています。

家族同然の仲間を失った彼らは、仇打ちできるのでしょうか!

事故の真相とは

ムンの家族を襲った悲惨な事故。

トラック追突後、かすかに意識が残るムンは車に近づく誰かの姿を見ます。

単なる事故ではなさそう…

そして父親に電話をかけていた人物が、なんとモタク!

モタクが追われていた相手は何者だったのでしょうか。

昏睡状態になった彼は記憶を失っておりムンの顔に見覚えがあるものの、何も思い出しません。

ムンの父とモタクの関係はわかりませんが、物語の鍵になりそうです!

悪霊狩猟団カウンターズ1話ネタバレあらすじ感想まとめ

「悪霊狩猟団:カウンターズ」1話のあらすじや感想を紹介しました。

不思議なパワーを手に入れ悪霊退治集団にスカウトされたムン。

学校では不良たちの標的になり、親友がより一層危ない状況に置かれてしまいます。

ピンチに陥ったムンはどんな行動を取るのでしょうか?

またククス店の仲間になるのかどうか、続きが楽しみです!

2話のネタバレ感想はこちら

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる