悪霊狩猟団カウンターズ11話ネタバレあらすじと感想! 驚異的な復活!

悪霊狩猟団カウンターズ11話のネタバレとあらすじを紹介!

市長とチョンシンが手を組み、カウンターたちを潰そうと動き出します。

明るみに出た悪事はもみ消されようとしており、ジョンヨンとモタクは対抗手段に!

そんな中、資格を失ったムンが悪霊集団にさらわれたところで10話が終了しました。

気になる悪霊狩猟団カウンターズ第11話のあらすじとネタバレを含む感想をまとめていきます。

スポンサーリンク
もくじ

悪霊狩猟団カウンターズ11話ネタバレあらすじ

悪霊狩猟団カウンターズ11話・ネタバレあらすじ

10話のネタバレ感想はこちら

集結した悪霊

悪霊たちが会話をしていたのはムン宅の近く、彼が狙われたことに勘付いたハナ。

そこにチョンシンから連絡が入る。

居場所を聞き、指定された廃工場に急ぐモタクたち。

ムンを探している途中、チュさんが捕まり扉の中に閉じ込められてしまう。

ハナとモタクは吊るされているムンを発見。

行く手を阻むデパートの女悪霊・ヒャンヒたち数名を相手に苦戦する。

チュさんは敵2人に囲まれますが、ハナとモタクにはムンを助けに行くよう指示します。

ムンの底力

モタクたちに負かされそうな男の首を折り、魂を吸うチョンシン。

この男の中に捕らわれていた魂がムンの体に入り、突然窿(ユン)と交信できるように。

モタクとハナは立ち上がれない状態に、そこへ意識を失ったチュさんが運ばれてくる。

自分のせいで仲間が命を落としそうだとムンがウィゲンに助けを求めると、窿(ユン)に異変が。

チョンシンはガソリンに火を放ち、その場を去っていく。

炎に包まれながら必死に叫ぶムンに、ウィゲンが入り込んだ。

つながれた鎖を壊して扉を破るムン、そこには「地」が出現していた。

爆発する廃工場を遠くから眺め、歓喜する市長とテシン会長。

チョンシンに置き去りにされた悪霊が2人、彼らはモタクに召喚されました。

敵の動き

ギランと口論していると、モタクの脳裏に過去の映像がよぎる。

重傷を負い、まだ目覚めないチュさんの回復を祈るムンたち。

ハナは争った際にチョンシンの記憶を読んでおり、市長と手を組んだことを知った。

モタクたちが消えたと思い浮かれているテシン会長。

貯水池の件や市議たちをうまく収めようとしている市長は、ジョンヨンに目をつけた。

悪霊たちのアジト。

海外への逃亡計画を嫌がるヒャンヒを、チョンシンが脅して説き伏せる。

生還

ウィゲンに呼び出されたムンは、監察官からカウンターへの復帰を言い渡される。

ギランはスホが消滅する気配を感知、ムンはチュさんの元へ。

蘇生処置を受けるチュさんの手からは斑点が消えた。

自身が昏睡状態になり、スホが亡くなった際の出来事を回想するチュさん。

ギリギリのところで持ちこたえ、手の斑点も復活。

チュさんが無事に退院すると、モタクは仲間たちに記憶が半分ほど戻ったと告げる。

掴んだ証拠

取り調べに黙秘を続けるノ常務。

ノ常務の通話相手を調べ、チョンシンとの接点を突き止めたハヌル。

ジョンヨンは市庁舎にチョンシンが現れた時の写真を見せ、ノ常務に取引を持ちかける。

動きの速いジョンヨンに署長も困っていた。

テシン会長は、ジョンヨンを始末するように署長を脅す。

ジョンヨンは市長やテシン会長も捕まえるために、ノ常務に協力するよう促します。

記憶を繋げる

大事な部分が思い出せず、もどかしいモタク。

ハナの力で、断片的な記憶を完全につなげていく。

ムンの父との出会いや、捜査の様子が見えてきた。

7年前、ヨンニム事件の犯人を知ると言う人物と電話していたと発覚。

モタクは告発者の電話番号をジョンヨンに伝え、人物の特定を依頼する。

「父親に似ている」とモタクに言われたムンは感無量です!

恋人との再会

ジョンヨンにプロポーズしたことも思い出したモタクは、彼女と会うことに。

仲間たちに冷やかされながら準備をして出かける。

ジョンヨンは嬉しそうな表情で、待ち合わせ場所に先に到着。

モタクが彼女の車に近づくと、ジョンヨンが頭から血を流している。

悪霊狩猟団カウンターズ11話ネタバレ感想

ここからは悪霊狩猟団カウンターズ11話の感想をネタバレ含んでまとめていきます。

アクションシーン

カウンターと悪霊が戦う場面は、迫力がありました。

人間離れした能力を持った者同士なので、力が強いしスピードも速い!

アクション担当の役者さんがいらっしゃるそうですが、ご本人たちもかなりハードな動きをしています。

ムン役の チョ・ビョンギュさんが「顔以外は本当に当たっている」と話していました^^;

攻撃する方だけでなく、受け身の演技も大切だそう。

演者さんたちの体を張った演技のおかげで、見応えのあるシーンになっています。

正直痛々しくもあるのですが、ドラマを盛り上げる重要なポイントです!

エース復帰

仲間を助けようとするムンの想いが届いたのか、突如彼に能力が戻ってきます。

きっかけは、悪霊から解放された魂がムンに入り込んだこと。

この魂に何があったのか、なぜ窿(ユン)とつながったのかは不明です…


仲間や窿(ユン)の危機を救ったムンの力が認められ、めでたくカウンター復帰^^

ウシクもムンに飛びついて喜んでおり、監察官も満足気な様子でした♪

ウィゲンは「もっと信じてあげればよかった」と言っており、ムンを見直しています。

カウンターとしての責任感や使命感をより一層強めたムン。

悪霊集団に立ち向かうため、さらなる活躍が期待できそうです!

悪霊集団の作戦

チョンシンが悪霊を集めた目的は、ムンたちを消すため。

カウンターたちの能力も把握しており、治癒能力のあるチュさんを先に処理しようと考えました。

廃工場にいた悪霊は、チョンシン以外に5人。

そのうち1人は首を折られ、2人は使えないと判断されて仲間から外されます。

残ったのはお金好きのヒャンヒと、前回から登場した小柄な男・ジャンス。

自己中心的な行動をするヒャンヒに、チョンシンはイライラ…^^;

一方ヒャンヒは、力でねじ伏せてくるチョンシンに対して反抗心を燃やしています。

まとまりはないですが、共に海外逃亡を計画。

ムンたちが生きていると知ったら、さらに凶暴な手に出そうです。

チュさんの過去

2対1の争いを余儀なくされ、大きなダメージを負ったチュさん。

彼女が意識を失っている間、窿(ユン)ではパートナーのスホも眠ったまま。

回想シーンを見ると、この親子は水難事故にあったのかもしれません。

水中でもがくチュさんは懸命にスホに手を掴みますが、残念ながらその手は離れ…

チュさんが昏睡になって1ヶ月、ウィゲンが会いに来ます。

ウィゲンと一緒に現れたのは、あの世に行ってしまったスホ。

チュさんは手を離してしまい悪かったと、何度もスホに謝ります。

ムンやハナと同じく自分だけ生き残ったことに、罪悪感を感じていたのですね。

生死をさまよう意識の中で今度はしっかり手を繋いだ2人。

無事に目を覚まして、仲間たちは一安心です。

チュさんは全快したらみんなを治癒すると言い、ムンたちに全力で止められていました。

ジョンヨンに迫る危機

ノ常務を追いつめているジョンヨン。

市長たちは、核心に近づいている彼女も消そうとします。

以前、署長は「警察官には手を出すな」とノ常務に伝えていたそう。

そのためすぐには動かず、モタクを処理した(と思っている)このタイミングで標的にされたのです。

ジョンヨンは、市長たちの悪事を暴く行動が危険を伴うとわかっています。

市長、テシン会長、ノ常務がチョンシンと会っていたことを突き止めたハヌル。

この事実を「知らなかったことにして」とハヌルに伝えました。

後輩を余計なことに巻き込みたくないのだと思います。

記憶を取り戻したモタクとの再会を前に何者かに襲われたジョンヨン。

彼女もこのまま口を閉ざされることになるのでしょうか。

完成した記憶のパズル

悪霊集団との戦いの後、記憶が戻り始めたモタク。

コンクリートの塊で頭を殴られたのが、ショック療法になったのかもしれませんね^^;

ハナに手伝ってもらい、7年前の事が明らかになりました!

  • 市長の不正を調べていたムンの父に、声をかけられた。
  • ヨンニムの友人を見つけ、話を聞こうとしていた。
  • 先輩である現署長の制止を振り切り、ヨンニムの遺体を探そうとしていた。
  • ヨンニムを手にかけた犯人を知っており、証拠もあると言う人物と電話をした。

命を狙われるほど捜査が進み、黒幕を見つける一歩手前だったのですね。

ヨンニム事件の犯人を知る告発者の電話番号も、記憶から引き出すことができました。

ムンの父との出会いも思い出し、ムンと喜びを分かち合います♪

ジョンヨンと付き合っていた記憶もハナに見られてしまい、恥ずかしそうなモタク^^

感動の再会!…をするはずだったのですが、悲劇が起こってしまいました。

悪霊狩猟団カウンターズ11話ネタバレあらすじ感想まとめ

無事、カウンターに復帰したムン。

チュさんは回復に向かい、モタクは記憶を戻し状況は良くなっていると思った矢先!

今度はジョンヨンに魔の手が迫りました。

ムンの父と同じように、彼女も葬られてしまうのでしょうか。

12話のネタバレ感想はこちら


悪霊狩猟団カウンターズはNetflixで配信中です♪

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる