悪霊狩猟団カウンターズ15話ネタバレあらすじと感想!迫るタイムリミット!

悪霊狩猟団カウンターズ15話のネタバレとあらすじを紹介!

市長と悪霊が一体化し、静かに被害者を増やしています。

なかなか捕まえられないヒャンヒと手を組んでおり、カウンターたちには厳しい状況。

彼らの罠にはまってしまい、結界が壊されたところで14話が終了しました。

気になる悪霊狩猟団カウンターズ第15話のあらすじとネタバレを含む感想をまとめていきます。

スポンサーリンク
もくじ

悪霊狩猟団カウンターズ15話ネタバレあらす

悪霊狩猟団カウンターズ15話ネタバレ

前回のネタバレ感想はこちら

チームで戦う!

ムンとモタクが、悪霊に挑む。

苦戦する2人を助けに来たチュさんが、念力で飛ばされ頭を強打。

市長は逃げてしまい、ムンとモタクはハナの元へ。

激しい争いの末、ヒャンヒの悪霊を召喚しているところだった。

窿(ユン)で会議が行われる。

結界がなくても全員で戦えば勝ち目はあると話すムン。

悪霊の中に捕らわれた魂が消滅するまで、あと5日

ムンが焦っていると感じたモタクは、久々にトレーニングをしようと明るく誘います。

父への恐怖

悪霊はムンが強くなっていると体感していた。

市長が帰宅した音を聞き、防犯カメラを確認するヒョグ。

家の前で待っていた支援者を、ガレージに招き入れている。

支援者の男性を襲った市長は、カメラに向かって微笑んだ。

家族の力

ハナはヒャンヒと争う途中で、家族に会ったことをムンに話す。

やられそうだったところを、両親と妹のおかげで免れていた。

家族と会った嬉しさを感じ、ムンにも両親を会わせてあげると約束する。

これまで家族を思い出すことを避けていたハナですが、一歩前進したようです。

チュさんの隠し事

ムンはレベル2の悪霊が出た現場に向かい、襲われている男性を助ける。

そこに現れたモタクは、男性のことを知っている様子。

彼は海外赴任をしていたカウンター、ジョング。

体調の悪いチュさんを治すために、ジャンムル会長が呼び寄せたのだ。

ジョングはチュさんを治癒するが、悪霊退治は休んだ方が良いと言う。

チュさんは前から体調が万全ではなく、そのことは自分でもわかっているようです。

動き回る悪霊

家の近くの道端で眠っていたヒョグを、ククス店へ運んだムン。

市長を捕まえに出かけようとしていると、ジョングが現れる。

コンディションの悪いチュさんの代わりに、現場に行くことに。

ムンとハナは、ジョングが頼りないとからかう。

市長宅に「地」を呼ぶが、悪霊の動きは感じられない。

自室の椅子に座る市長を見つけるも、目閉じてじっとしたまま。

ハナは悪霊がククス店にいると感知、チュさんに連絡するも返答がない。

悪霊はヒョグに乗り移っており、ムンとハナは急いで店に戻る。

市長に悪霊が戻った場合に備え、モタクとジョングはその場に残ります。

無慈悲

ヒョグに宿った悪霊に話しかけられたチュさん。

逃げようとするも出入り口を塞がれ、戦うしかない状況に。

危ないところで、ムンが到着しヒョグを倒す。

悪霊は再び逃げ出し、市長の中に。

一瞬の隙を見てモタクとジョングが召喚しようとするが、反撃を受ける。

「地」が消えかけているため、危ないと感じたムンは2人を外へと誘導。

市長が念力を使いナイフを投げると、ジョングの後ろ首に刺さる。

唯一無二の力

なんとか家を離れるが、しばらくして息絶えたジョング。

彼のパートナーが行き場を失いさまよっていると、ムンの体にたどり着く。

自分の代わりにジョングが命を落としたと、悲しみに暮れるチュさん。

またも大事な人を失ったモタクは、市長と悪霊を捕まえると強く誓う。

本来ならパートナーも消えてしまうところなのですが、ムンのおかげで助かりました。

強い味方

意識のないヒョグを家に連れて帰ったムン。

彼の記憶を消そうとすると、幼い頃から父に冷たくされてきたことを知る。

なぜムン宅にいるのかわからないヒョグは、相変わらず強がった態度。

それでもムンは行く当てのない彼に、ウンミン一家の別荘を案内する。

ひどい目にあってきたウンミンですが、ムンの頼みだからと力になってくれました。

命をかけた戦い

次が最後のチャンスだと、カウンターたちは気を引き締める。

悪霊から対決の場を指定されていたムン。

そこは解体される予定の団地であり、土地勘のあるムンは仲間たちに作戦を話す。

成長したムンに感慨深くなるモタクたち。

記念写真を撮影し、最終決戦へと向かう。

悪霊狩猟団カウンターズ15話ネタバレ感想

ここからは悪霊狩猟団カウンターズ15話の感想をネタバレ含んでまとめていきます。

ついに召喚

厄介者の1人、ヒャンヒに寄生する悪霊をようやく退治。

散々ハナをあおってメンタルを攻撃し、熾烈なバトルをしてきました。

悪霊を抜かれたヒャンヒは、警察署の前に置かれ留置場へ。


それでも自分が自首するはずがない、記憶もないと大騒ぎ。

留置場にいる体格の良い女性が、うるさいヒャンヒに文句を言います。

ヒャンヒはまだ強いと思っていたのか大口を叩きますが、張り手一発で卒倒。

市長に協力する悪霊はいなくなりました。

悪霊は関係なく、傲慢で自己中心的な人だったようですね。

チャラいカウンター

チュさんと同じく治癒能力を持つジョング。

ジャンムル会長が現場を引退する際に、後任になったのが彼だったそうです。

初対面で生意気な態度をするジョングを、全く信頼していなかったジャンムル会長。

しかし、人手不足のため仕方なく採用^^;

元々歌手を目指していたようで、CDデビューできると唆されカウンターになったみたいです。

「これからはトロット(韓国の演歌)が流行る!」と予想していましたが、近年トロットの勢いはすごいですよね!

カウンターとしての実力は怪しいですが、音楽に関してはセンスのあるキャラかもしれません^^;

一見やる気がなさそうに見えますが、仲間想いの彼はチュさんをものすごく心配しているのです。

他の仲間が心配しないよう、チュさんの体調が悪いことは2人だけの秘密。

そして、飛んできたナイフからモタクをかばって命を落とすことに…

窿(ユン)に到着したジョングは「ちょうど休みたかった」と言ったようです。

ノリは軽いですが、最後まで仲間たちを気にかけていました。

親友たちのモヤモヤ

以前と違うムンの行動を、度々怪しんできたウンミンとジュヨン。

ひかれそうな子供を超人的な力で救ったムンを、2人は目撃しています。

自分たちが制作している漫画のヒーローみたいになっており、興味を持たざるを得ません♪

ルールがあるので正体は明かせませんが、ムンは会話の合間にさらっと能力についてこぼします。

簡単には信じられない話なので、2人は冗談だと思ってさらにもどかしい様子^^;

しかし、どんなに変な様子でもムンの力になりたい親友たち。

ウンミンはヒョグの避難場所として、別宅を提供しました^^

ウンミンとジュヨンといる時のムンは、高校生らしくてほのぼのします。

あっちこっち

とても自由に移動する悪霊にびっくり!

一時的にヒョグに憑依し、カウンターたちに奇襲を仕掛けました。

ヒョグが防犯カメラで自分を見ていたことに気づいた市長。

悪霊はその場で手にかけようともしましたが、生かして利用することにします。

正気でない父に襲われそうになったヒョグは、恐怖で体が動きません。

再び市長に戻った悪霊は、カウンターの命を奪いました。

さらにタクシーの運転手に乗り移り、ムンに対決の場所を伝えています。

この悪霊を召喚するには、スピードも重要そうです。

ムンは架け橋

ムンがカウンター界の有望株だということは誰もが認めています♪

その噂はシンガポールにいたジョングにも伝わっていました!

今回わかったのは、ムンがこの世とあの世をつなぐ人物だということ。

ジョングのパートナーがムンに移った時に、ウィゲンがこの事に気づきます。

昏睡状態ではないのにパートナーが入れることは、ずっとみんなの謎でした。

ムンは能力が優れているだけでなく、存在自体が特別だったのです^^

仲間たちも彼が成長したと実感しており、ムンは戦う準備万端!

後先考えず直感で行動するムンが、先頭に立って作戦を考えるようになりました。

悪霊狩猟団カウンターズ15話ネタバレあらすじ感想まとめ

両親の魂が消えてしまう期限が迫っています。

ここで悪霊を倒さなければ、次の機会はありません!

次回はいよいよ最終回!

最大の敵・市長と完全体悪霊に勝つことができるのでしょうか。

次回ネタバレはこちら

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる