悪霊狩猟団カウンターズ9話ネタバレあらすじと感想!成果と代償!

悪霊狩猟団カウンターズ9話ネタバレとあらすじ感想を紹介していきます!

汚染水をダムに流す、とんでもない場所が明らかに。

7年前この秘密に近づいたため、モタクたちは狙われたのです。

両親に犯人を捕まえる事を約束したムンの前に、チョンシンが現れたところで8話が終了しました。

気になる悪霊狩猟団カウンターズ第9話のあらすじとネタバレを含む感想をまとめていきます。

スポンサーリンク
もくじ

悪霊狩猟団カウンターズ9話ネタバレあらすじ

悪霊狩猟団カウンターズ9話ネタバレとあらすじ

8話のネタバレとあらすじはこちら

危険な争い

ムンがチョンシンを追っていると、ウィゲンの身に異変が。

「地」が現れ1人でも勝算があると見込んだムンは、戦いながら「地」の中に相手を誘導。

チョンシンはムンが強くなったことに気づくが、構わずムンを吹き飛ばす。

倒れているウィゲンを見た他のパートナーが、カウンターたちに緊急連絡。

チョンシンが刃物を振りかざし、ムンは手のひらで受け止めてしまう。

とどめを刺そうとしたその時、巡回中のジョンヨンが発砲。

チョンシンが銃を奪って彼女に向けたところで、モタクが現れる。

重体のムンをチュさんは全力を尽くして治癒。

モタクはジョンヨンに悪霊やカウンター、彼らの持つ能力について説明するが冗談だと思われる。

チョンシンもかなり負傷していますが、逃げて行きました。

企み

市長が当選した時、就任式への参加を拒まれ怒っていた廃車場のオーナー。

汚れ仕事だけやらされることに不満を感じ、あるUSBを使って市長を陥れようとしていた。

秘密が隠されたUSBを、今はチョンシンが持っている。

このUSBに入っているのが、市長たちが恐れている裏帳簿なのでしょうか。

特別な力

心配する祖父の連絡を受け、ハナはムンの家へ。

一緒に夕食を取ることになり、祖母は自分の娘だと思ってハナに話しかける。

目覚めたムンは、自分のために労力を使ったチュさんに謝罪。

「地」の存在は、すでにチョンシンに知られてしまった。

自分の力で出現させられるよう、過去に「地」を呼んだ時の感覚を思い返すムン。

怒りの感情が溢れるムン、ウィゲンは不穏な気配を感じます。

成功の裏側

世間の好意的な反応に、笑みを浮かべる市長。

いよいよ出馬表明をしようと、秘書に指示を出す。

貯水池に設置したカメラに1台の車が映る。

乗っていた男は、この場所に注目を集めるため放火するつもりだった。

男の兄は汚染された土地を調べたため命を奪われ、その娘・ソウンは汚染水のせいで重病に。

生前、どこに行っても無視され続けた兄の話を聞いた唯一の人物がムンの父であった。

父を亡くし、病気と闘う幼いソウンにムンは「一緒に戦おう」と声をかける。

全てが隠されたまま公園が建設されようとしており、この男性は我慢できない状況です。

悪事を暴く

ジョンヨンから、ヨンニムの血痕が科捜研から消えたと聞いたモタク。

権力者が好き勝手をして、真実が葬られる現実に憤る。

モタクは、市民たちに事実を知らせようと決意。

市長はテレビの生放送で出馬表明をする予定。

スタッフになりすまして、スタジオへ潜入したムンたち。

大統領選の話題が出ると、汚染された土地の映像をモニターに流して派手に暴れる。

大事な日をぶち壊された市長は激怒。

ハナたちは逃げ回るテシン会長、ノ常務、署長を記者たちの前に放り出す。

モタクと対面した署長は、徹底的に戦おうとする彼の挑発に青ざめます。

焦る有力者

ジョンヨンは血痕を奪った署長に、犯人を知っているだろうと問い詰める。

市議たちが公園建設予定地の調査と、建設会社の変更を求め始めた。

テシン会長は市議たちの弱みを握り、制圧しようとする。

市長はモタクを処理するように命令。

モタクの写真を見た秘書が、驚いた表情をしていたのが気になります。

予期せぬ宣告

形勢逆転したムンたちが祝杯をあげていると、窿(ユン)から呼び出しが。

監察官が「規則違反への注意を無視されたと、パートナーから報告が入った」と言う。

警告5回で資格は剥奪、4人の中ではハナの4回が最も多い。

厳重注意を受けて終わろうとしていた時、ウィゲンが「ソ・ムンの資格を剥奪する」と宣言した。

悪霊狩猟団カウンターズ9話ネタバレ感想

ここからは悪霊狩猟団カウンターズ9話の感想をネタバレ含んでまとめていきます。

レベルアップしたチョンシン

登場時から他の悪霊とはレベルが違ったチョンシンですが、さらに力を増しています。

「地」の中にいても、ムンが敵わないほど!

さらに逃亡した際に、巡回中の制服警官の命と魂を奪いました。

「地」の存在を知った彼は、これからは不利な争いを避ける可能性もあります。

丸腰の1対1では太刀打ちできないと、カウンターたちもわかっているので策が必要そうですね。

一方ムンは、両親の話を持ち出し煽られたので復讐心を強くします。

早く悪霊を召喚しないと、両親の魂が消えてしまうのだそう…

もっと多くの魂を奪おうとしているチョンシンを止めることができるのでしょうか。

また彼は市長たちの弱みを握っていますが、ついに市庁舎に現れる場面がありました。

失うものがないだけに、今後のチョンシンの動きが怖いです。

母の手

大怪我をしたムンの治癒は簡単ではありません。

チュさんは「ムンは大丈夫」と唱えながら、持てる力全てを込めて傷に手をかざしました。

処置を行った後、チュさんの髪全体が白くなり鼻血も止まらず…

ハナは、寿命が縮んだかもと心配します。

自分の命に代えてでも、ムンを救おうとしたチュさん。

申し訳ない気持ちでいっぱいのムンに「ムンが傷つけば、悲しくて寿命が縮む」と言います。

母を失ったムンと息子を失ったチュさん、本当の親子のような絆が生まれています。

ムンの彼女

初めてハナが家を訪れた時、ムンは祖父に「彼女だ」と紹介してしまいました。

それ以来、祖父母の前では恋人同士になっている2人^^

買い物に出たまま戻らないムンを心配する祖父に、ハナは「外で喧嘩してしまった」とごまかします。

そこで祖父母と食事をすることになり、ムンが勝手な事を言っていると知るのです。

「付き合って2ヶ月」「ハナが告白した」ということになっている様子。

後日このことについてムンを責めるのですが、ムキになるハナが可愛らしい♪

人と距離を取りたがるハナですが、ムンとは姉と弟のような感じに見えます。

届かぬ訴え

貯水池に放火しようとした男性の兄は「環境を守る会」の代表、1話で亡くなっていました。

ジョンヨンが、課長たちが何かを隠そうとしていると怪しんだ事件です!

代表は汚染水の根源を知って、色々な機関に調査を求めましたが相手にされませんでした。

ムンの父が捜査を始めましたが、そのせいで命を落とすことに。

単なる事故ではないと考え、自分の身の危険も感じて静かにしていた代表。

しかし汚染水が原因で、娘がリンパ癌になり再び動き出したのです。

その結果消されてしまった兄の無念を晴らすため、今度は弟が行動しました。

真実を明かそうとする人は危険な状況になるので、ちょっと心配になりますね。

思い切った攻撃

市長たちの悪事を世間に伝えるため、大胆な手段を取ったムンたち。

映像を流すだけではなく、スタジオに汚水を撒き散らし消火器を持ってテシン会長たちを追いかけました。

この作戦を決行するにあたり、カウンターのルールは関係なし。

清掃員に扮したチュさんは店の常連客と会ってしまい、仕方なく彼女たちの記憶を消しました。

ムンは、本物のスタッフを眠らせ映像をすり替えました。

犠牲を払いましたが、好感度も信頼も厚かった市長へ疑惑の目を向けることに成功!

しかし、黙って引き下がる市長ではありません。

どんな汚い手を使ってでも報復をすると考えられますね。

見られていた!

窿(ユン)にも法の番人のような「監察官」がいました。

この方がカウンターたちの行いを精査したり、処罰したりしているみたいですね。

決まりを破り警告が5回になると、カウンターは資格だけでなく命も失います。

現時点の警告数

  • チュさん:2回
  • モタク:3回
  • ハナ:4回
  • ムン:3回

ヒョグやチャンギュたちを懲らしめた分もカウントされています^^;

モタクがジョンヨンに正体を明かしたことについては、ギランが「やむを得なかった」と異議を申し立てました。

ギランは真面目なだけで、意地悪な人ではありませんね。

亡くなった夫婦の伝言を娘に伝えた行為に関しては、能力を使ったハナに警告が。

自分が言い出したことなので、ムンが反論しようとしますがハナに止められます。

フルカウントには至らずホッとしたのも束の間、ウィゲンからまさかの一言が!

ムンのカウンター資格を剥奪するとは…従うしかないのでしょうか。

悪霊狩猟団カウンターズ9話ネタバレあらすじ感想まとめ

ここに来てムンに大きな壁が!

資格がなくなれば、チョンシンを追うこともできなくなってしまいます。

7年前の真相解明も近づいているのに、ムンはここまでなのでしょうか。

仲間たちがどのように対処するのか、注目です!

10話のネタバレ感想はこちら

悪霊狩猟団カウンターズはNetflixで配信中です♪

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる