保健教師アン・ウニョン3話ネタバレあらすじと感想!強敵現る!

盗んだ座布団のせいで招かれざる者が学校にやってきたところで2話が終わりました。

困った生徒と彼女たちの引き起こした事件をウニョンはどうやって解決するのでしょうか。

気になる第3話のあらすじと感想をまとめていきます!

⇒前回2話のあらすじ感想はこちら

スポンサーリンク
もくじ

保健教師アン・ウニョン3話ネタバレあらすじ

「見える人」

人命救助講習のため教室をまわるウニョン、ついて行く幽霊女子生徒。

英語教師(ユ・テオ)が、普通は見えないはずの女子生徒に話しかける。

それに気づいたウニョンはこの人物を探り始める。

黙って見守るウニョンとは違い、彼は幽霊に冷たく接しています。

座布団返して!

教室で異常事態発生。

ウニョンが教室へ行くとワンスとミヌを含めた数名の生徒が号泣している。

そこには自分の座布団を掴んで泣き叫ぶ幽霊女子生徒もいた。

変形しながら膨らんでいく女子生徒をおもちゃの剣で攻撃するウニョン。

女子生徒は消え、ハートのゼリーが飛び散る。

ウニョンは座布団から見つけたお守りを燃やし供養した。

母を求めて涙を流す女子生徒が悲しいです。

わき毛と一瞬のロマンス

喫煙中のワンスとミヌ。

アラに呼ばれて保健室に入ると、ウニョンの剣で気絶させられる。

ウニョンとホン先生はわき毛を結ぶ作戦を決行。

処置後、眠っているミヌの隣でホン先生はウニョンの手を握る。

自分たちの行動が生徒にとって正しいことなのか問いかけるホン先生。

ウニョンに教師論を一蹴されたホン先生は手を離し、2人の間に気まずい空気が流れる。

英語教師の正体とは?

わき毛を結んだおかげでワンスとミヌが好転し満足気なウニョン。

一方、淡々とした表情で廊下を這うゼリーを収集する英語教師。

彼は「HSP」と彫られた指輪をはめていた。

意味有り気に地下室を見つめており怪しい人物です。

学校社会の闇

バスケ部の部室。

先輩集団がジヒョン(クォン・ヨンチャン)を執拗にいじめている。

先輩がいなくなった後、英語教師が現れジヒョンに手を差し出す。

歯を食いしばるジヒョンに「願いは何か」と尋ねて去っていく。

怪我を負ったジヒョンは保健室を訪れるが、真実を話さず出て行ってしまう。

ウニョンはホン先生から事の真相と、大事な試合を前に彼が退部に追い込まれたことを聞く。

運命の人

親友の元にやってきたウニョン。

ウニョンが運命の人と出会っており、その人を欲するライバルもいると親友が話す。

ホン先生を思い浮かべたウニョンは焦ってしまう。

結婚はしないとムキになるウニョンが可愛らしいです。

怪しげな団体

ホン先生を無理やりサッカーに誘う英語教師を「例のライバル」だと悟るウニョン。

マッケンジーという英語教師の名前に聞き覚えがあり、親友に尋ねてみる。

彼は「HSP=安全な幸せ」の会員であった。

ウニョンはHSPを前から知っていて、よくは思っていない様子。

バスケがしたいです

バスケ部に戻りたいと願いを伝えるジヒョンに、悲しい過去の話をするマッケンジー先生。

いじめた相手の持ち物に入れるようにと、ゼリーを収めた小さな塊を渡す。

ジヒョンは言われた通りに行動する。

自身がいじめられた経験を語るマッケンジーはジヒョンの味方なのでしょうか?

何の話?

生命科学のハン先生(イ・ジュヨン)がウニョンを会食に誘いに来る。

薄ら笑いを浮かべながら、ウニョンの何かを知っていると話す。

探りを入れるような言動が気になる女性教師です。

疑惑の後押し

授業中、ジヒョンは突然呼び出される。

怪我人の代わりにバスケの試合に出るよう言われるが、怪我をしたのはまさに彼をいじめていた4人。

ジヒョンのロッカーには新しいシューズと英語で書かれたお祝いメッセージが入っていた。

試合を観戦するウニョンとホン先生を離れたところから眺めるマッケンジー先生。

ジヒョンにチャンスがやって来た時、マッケンジー先生が何かを吹きかける。

ゴールに向かうジヒョンの足元にゼリーが発生、驚異的なジャンプでダンクシュート!

席を立つマッケンジー先生をウニョンは警戒の眼差しで見つめていた。

ジヒョンは嬉しそうな反面、不安そうな表情も浮かべています。

教師たちの飲み会

どんちゃん騒ぎの会食中、ウニョンはハン先生と話す。

ウニョンとホン先生の仲に関心が集まっているらしい。

帰ろうとするホン先生に絡むマッケンジー先生。

ウニョンはホン先生につきまとわないよう忠告するが、マッケンジー先生は余裕の振る舞い。

彼はウニョンの私生活を知っていた。

保健教師アン・ウニョン」3話ネタバレ感想

ここからは保健教師アン・ウニョン3話の感想をまとめてきます!

能力者が他にもいた!

ウニョンと同じくゼリーが見える人物が登場しました。

園芸部の顧問の英語教師・マッケンジー、重要そうなキャラですね!

何か目的があってアメリカからやって来たようです。

ホン先生を巡ってウニョンとはライバル関係で、ゼリーを良くない事にも利用している様子。

小さな実のような物でゼリーを吸い取って集めています。

ジヒョンの先輩への仕返しに使われましたが、他にはどんな使い道があるのでしょうか。

金儲けにも使っているようですが一体どうやって?

このドラマらしい不思議な人物です^^

出る杭は打たれる

家が貧しいのにバスケが上手いという理不尽な理由で先輩にいびられるジヒョン。

実は彼、序盤からちょいちょい出てくる生徒です。

1話でアラに告白をしようとしていたのが、ジヒョンをいじめている先輩のボス^^;

アラを探したり告白を盛り上げようとエアー着ぐるみを着用したり、この時からパシリでした。

純粋にバスケがしたい一心で、マッケンジーを頼り先輩たちに反撃。

試合で活躍することが出来ましたが、モヤモヤが残ります。

次回以降、彼に何かが起こりそうな気がします。

それにしてもこの学校、問題児が多いです…

恋する乙女

目立たないけど気になる生徒が1人。

ジヒョンに好意を持っているみたいで全力で試合の応援している女の子です。

彼女、1話ではバスケ部のボスが好きで告白騒ぎの時は嗚咽していました^^;

屋上での一件で彼の頼もしい姿を見たのか、ジヒョンに乗り換えた模様。

ストーリーに直接関わっている訳ではないですが、オーバーリアクションが面白い子です!

不可解な団体

マッケンジー先生が属するHPSという団体。

会員のことを「家族」と呼んでおり若干カルトっぽい雰囲気も醸し出しています。

家にHPSのお便りみたいな物が届いているのでウニョンとも関わりがありそう。

彼女は嫌悪感を示していますが詳細は不明、ゼリーや学校との関連が気になります。

オンニの能力

ホン先生が特別な存在であると感じ取った親友も、第六感があるのでしょうか。

HSPの情報にもアクセス可能、相変わらずミステリアスなこの女性。

ゼリーについての知識があるところも引っかかります。

レアだと思っていた能力者がウニョン以外にもいたので、彼女にも同じ力があってもおかしくないですよね。

出会ってすぐ親友になっているところを見るとウニョンと通ずるものがあるのかもしれません。

友情か愛情か

力を合わせてわき毛結び作戦を成功させたウニョンとホン先生^^

学校で噂になっているということは、それだけ親密そうに見えるのでしょう。

ウニョンはマッケンジー先生からホン先生を守ろうとしています。

正義感での行動なのか、同僚としてなのか、はたまた別の感情なのか?

ホン先生がウニョンの手を握る場面が何度かありますが「果たして充電のためだけなのか」と疑ってしまいます。

絶妙な距離感の2人のやり取りが微笑ましいです♪

もしやアヒルも?

学校を歩き回るアヒルがいます。

これまでは外にいたので「アヒルのいる学校なのね」と思っていましたが、今回は室内に登場!

ハン先生が保健室を訪れた際、一緒にやってきました。

中にいるのは違和感ありますよね。

このアヒルも本当は目に見えない存在で何かを表しているのかもしれません。

こうなるとアヒルと共にやって来たハン先生にも秘密があるような気がしてきます。

クセになる音楽

劇中に流れている音楽が独特で素敵です。

ウニョンが戦う場面で軽快な曲、ゼリーが出てくる場面では神秘的な曲が流れるなど、ドラマを盛り上げています^^

ゲームを連想させるようなBGMや効果音も良い♪

メインのOSTは「保健教師、アン・ウニョンだ!」と主張するような歌詞でウニョンの心の叫びにも感じられ耳に残ります。

音楽監督を務めているのは、大ヒット映画「哭声」「新感染 ファイナル・エクスプレス」を担当したチャン・ヨンギュさんだそうです。

音楽の力で、特殊な設定に見る人を引き込む影の立役者と言えますね!

保健教師アン・ウニョン3話ネタバレあらすじと感想!まとめ】

ゼリーが見える2人が同じ学校にいるのは偶然なのか、必然なのか…

裏がありそうな団体も出てきて、誰が何を企んでいるのか展開予想が難しいですね。

生徒の世話をしたりホン先生を守ったりと忙しいウニョン。

彼女の正義は勝つのでしょうか。

保健教師アン・ウニョン4話の感想はこちら

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる