保健教師アン・ウニョン1話ネタバレあらすじと感想!ゼリーから生徒を守れ!

人気作家チョン・セランさんの同名小説を原作としたファンタジードラマ。

特殊な能力を持つ保健教師が、生徒たちを守りながら学校に潜む謎に迫っていく物語です!

繊細なCGを取り入れ映像化された独特な世界観、個性的な登場人物たちが創り出す不思議な空気感が魅力のこの作品。

気になる第1話のネタバレ含むあらすじと感想をまとめていきます。

奇想天外なお話ですので、常識や固定概念は事前に取っ払っておくことをオススメします!

スポンサーリンク
もくじ

保健教師アン・ウニョン主要登場人物

アン・ウニョン(保健教師)チョン・ユミ
ホン・インピョ(漢文教師)ナム・ジュヒョク

保健教師アン・ウニョン1話ネタバレあらすじ

保健教師アン・ウニョンを中心に不思議な世界観で物語が進んでいきます!

特殊能力を持つ保健の先生

とある高校の保健教師・アン・ウニョン(チョン・ユミ)。

彼女には人の欲の表れであるゼリーが見え、それを退治できるという非凡な能力がある。

1ヶ月前に赴任してきた彼女のロッカーの中には、魔除け(?)グッズがぎっしり。

何か違和感を感じる学校

彼女から見ると、ここの生徒たちは健康・優秀・幸せそう。

教室で奇妙な体操を行い、みんなで大笑いするのが日課。

この日の食堂では「バスケ部のボスがある女子生徒に告白する」という話題で大盛り上がり。

ハートが刺さったオ・スングォン

告白の騒ぎを聞き、居ても立ってもいられなかったオ・スングォン(ヒョン・ウソク)。

告白される目前のソン・アラ(パク・ヒェウン)を探すため駆け回る途中、首に何かが刺さり保健室を訪れる。

ウニョンがスングォンの首から摘出したのは、ハート形のゼリーだった。

万全装備でいざ出陣

病院に行くように指示するウニョンの言うことを聞かず、スングォンはアラを見つけるため保健室を飛び出す。

保健室の外に佇む、もう一人のスングォンを見つけて悪い予感がしたウニョン。

神聖なロッカーからBB弾銃とおもちゃの剣を取り出し、スングォンを探しに行く。

地下室担当・ホン先生

スングォンの担任で漢文教師のホン・インピョ先生(ナム・ジュヒョク)は、職員室で電話をかけていた。

相手は学校の地下室を消毒していた会社だが、ずっと電話が繋がらない。

そこにやってきたウニョンはホン先生を見てびっくり。

彼は特別な膜で覆われていた。

スングォンを探すようにホン先生に伝えウニョンは再び校内を巡り、閉ざされた地下室に至る。

学校の謎、地下室

地下室の中はゼリーが大量発生中。

ウニョンが所持した武器(おもちゃ)でゼリー退治をしていると、ホン先生がやってくる。

ゼリーの見えない彼にとってウニョンの行動は奇妙そのもの。

スングォンの傷は地下室に原因があると説明し、2人は共に地下室を散策する。

さらに下に向かう階段を見つけ、ウニョンは大量のゼリーと戦いながら先に進む。

その頃、満身創痍のスングォンは、屋上でアラを見つけるも引き止めることができずにその場に取り残される。

ウニョンとホン先生の温度差

剣を振り回すウニョンを怪しそうに見つめながら付いて行くホン先生。

ウニョンはホン先生に、彼が特別なものを纏っていると意気揚々と伝える。

そして突然笑い出すウニョンの様子を不気味がるホン先生。

石はパンドラの箱

ただならぬ雰囲気のある奥の部屋で石を見つけた2人。

ウニョンの止める声は届かず、ホン先生が石をひっくり返すとウニョンは勢いよく吹っ飛ばされる。

校内ではバタバタと生徒たちが倒れ始め、お祭り騒ぎの告白イベント中だった生徒たちも大混乱で逃げ出す。

ウニョンは地下室から走り出す。

残されたホン先生は石の裏に書かれた漢文を読み、その場所に秘められた過去を知る。

ゾンビ登場

正気を失った生徒たちが屋上に集まり、フェンスにぶつかりまくる。

スングォンもフェンスをよじ登っており、正気のアラは必死でそれを止めようとする。

地割れが起きついには陥没、生徒は今にもフェンスを越えそう、混沌とした屋上にウニョンが登場!

彼女は生徒たちを救えるのか!?

保健教師アン・ウニョン1話ネタバレ感想

ここからは保険教師アン・ウニョン1話を見た感想をまとめていきます!

正義のヒロイン、アン・ウニョン

アン・ウニョン、一言でいうと、かっこいいです!

他の人には見えないものが見えてしまう自分の運命を受け入れて、堂々としている姿がとても清々しい。

一見ドライで「あまり人に興味ないのかな」と思ったのですが、生徒を守るために躊躇なく戦いに出ます。

ぎこちない笑い顔が気になりますが、おもちゃを振りかざす姿は無邪気で可愛らしさもあるんですよ^^

1話では彼女について多くは語られていないんです。
ミステリアスさもあって魅力を感じます!

ゼリーって何?

スングォンが恋するアラのあだ名は「くらげ」なのですが、地下室にはくらげの形をしたゼリーが蔓延しています。

正直、1話だけではゼリーの正体を理解しきれませんでした^^;

でもこのお話は「そういうものなんだ」と受け入れることで楽しみが増すと悟りました。

CGで描かれるゼリーが幻想的で美しく、学校という日常空間をファンタジーな世界にしています♪

たまにイビツな形態の物もいますが、それもまた良いです

何者なんだ、ホン・インピョ

ウニョンの能力とは違いますが、彼もまた平凡ではない存在のようです。

日課の体操をする生徒たちの後ろ姿を冷ややかな表情で見つめる彼は、この高校の創業者の孫であることが明かされています。

脚を怪我しているのも気になるところです。

心当たりもなくウニョンに目をかけられた彼のバックボーンも、徐々に明かされるのでしょうか!?

やっぱり普通じゃなかった学校

地下室にあった石には、学校が建つ場所の秘密が書かれていました。

かつて池だったこの場所が埋め立てられた経緯が載っており、ゼリーの大量発生と関係がありそう。

まだまだ秘められた事実が出てきそうですが、創業者の孫であるホン先生は何か知っているのでしょうか?

学校は?
生徒たちは?
どうなってしまうのでしょうか?

ユニークな生徒たちとソンビ

この学校の生徒たち、非常にいい味出しています^^

おかしなあだ名、恥ずかしがることなく盛大な告白をするところ、制服の着こなしなどなど…ちょっと風変わりです。

化粧っ気もなく素朴な感じもするのですが、大混乱の中でもスマホで撮影をするのは現代っ子だなと思います。

地下室の石をひっくり返した後、暴走する生徒たちの走り方がゾンビみたいでなかなか怖い^^;

生徒たちの演技にも注目です!

保健教師アン・ウニョン1話ネタバレあらすじと感想!まとめ

謎がたくさん残りましたが、その分だけ先が気になって仕方ない!

ウニョンが正義だとしたら悪は何?誰?と今後の展開が楽しみです。

まだまだ距離のあるウニョンとホン先生の関係性がどうなるのかも、目が離せません。

ファンタジーだけでなくサスペンスやミステリーの要素も含んでいます。

POPな音楽が流れているけどちょっぴりダークな面もある、多彩なジャンルが融合している作品だと思います。

ビジュアル的にも楽しいですし、異世界にいるかのようなシュールさにハマりました♪

⇒2話のネタバレ感想はこちら


保健教師アン・ウニョはNetflixで配信中です^^

原作小説の方が面白い・・?の声もあるので、小説も読んでみたらいろんな角度から楽しめそうですね♪

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる