保健教師アン・ウニョン4話あらすじと感想!虫を貪る少女!

ゼリーが見える英語教師・マッケンジーが登場。

ホン先生に近づく彼はウニョンのライバルとなりました。

宣戦布告を軽くあしらうマッケンジー先生の企みとは一体?

気になる第4話のあらすじと感想をまとめていきます!

スポンサーリンク
もくじ

保健教師アン・ウニョン4話ネタバレあらすじ

前回3話の感想はこちら

指輪の女たち

ホン先生の家に小学校時代の友人ファン・ガヨン(キム・ミス)が訪れ、昔話で盛り上がる。

指輪をはめているが結婚はしていなさそう。

一方、地下室を見つめるハン先生は驚愕の表情をしている。

ハン先生はHSPの指輪をはめていた。

ガヨンのつけている指輪はハン先生と同じみたいです。

調査開始

苔のゼリーで顔を覆われたジヒョンと向き合うウニョン。

マッケンジー先生の話になるとジヒョンは席を立つ。

警備員からマッケンジー先生が地下室の鍵を探していたと聞いたホン先生は不思議がる。

ホン先生は、ずっと連絡がつかない消毒会社を探すことに。

敵のアジト

親友が調べたマッケンジー先生の住まいに向かうウニョン。

家政婦が出入りする隙に侵入、部屋を探っていく。

机の上には印をつけた地図が散らばっている。

浴槽を覗くと苔のようなゼリーが敷き詰められていた。

今回も果敢に攻めるウニョン、肝が座っていますね。

音信不通

ホン先生が消毒会社の住所に行くと、HSPと大きく書かれた建物がある。

怪しげな音声の流れるエレベーターに乗り消毒会社へ向かう。

部屋の前で電話をかけるが、人の気配はしない。

建物の廊下には叫び声の響いており、気味悪い雰囲気です。

反撃と副作用

ウニョンは学校のある場所に印が付いた地図を見つけカバンに入れる。

マッケンジー先生が帰宅すると鏡にはウニョンからのメッセージが残されていた。

荒らされた浴槽を見て憤るマッケンジー先生。

顔中に湿疹だらけになったウニョンは病院へ行く。

苔ゼリーを安易に触ってはダメだったみたいです。

「祖父の野心」

ぐったりしたウニョンはホン先生と充電に出かける。

おじいさんの書斎に招かれたウニョンは本棚から気になる本を取っていく。

彼女が選んだのはおじいさんがよく読んでいた本だった。

その中の本に何度も出てくるのが「息を吸う穴」という言葉。

この穴によって国を動かすことが可能だと記されている。

ウニョンは地下室の石を思い浮かべ、さらに本を調べます。

複雑な心境

HSPと学校の関連を感じホン先生によそよそしくするウニョン。

しかし親友は、彼には関係ないと言う。

ウニョンは生徒がいる学校での失敗を不安がり弱気な様子。

新たな運命の人とライバルの出現を伝えられたウニョンは、畳み掛ける運命に抗おうとする。

どうやら親友も能力者みたいです。

宿命を背負った転校生

大量の虫型ゼリーが学校に攻め込んで来る。

転校生ペク・ヘミン(ソン・フィジュン)と仲良くなったアラとラディ(パク・セジン)。

ヘミンは虫型ゼリーを食べて処理するためにやって来たとウニョンに明かす。

地下室の石を動かしたことでゼリーが大量発生していると指摘するヘミン。

ウニョンは学校に迫る危機を察知する。

虫退治のために存在する、超人的なキャラが現れました…!

ライバル特定

おじいさんとの写真に、消毒会社名が入った服を着た人が写っていた。

写真が撮られた釣り場に行こうと誘うホン先生だがウニョンは断る。

楽しそうにガヨンの話をするホン先生。

ガヨンがライバルであると感じ、親友に調べてもらうと彼女もHSPの会員であることがわかる。

2人の会話から、親友もHPS会員であると推察できます。

ヘミンを助けて

ヘミンは具合が悪くなり保健室を訪れる。

空腹で虫を食べるのは良くないから、虫が多すぎて他の物も食べ過ぎてしまうと言う。

さらに生理痛がヘミンを苦しめる。

実はヘミンは転生を繰り返しているという。

しかし、女性に生まれ変わったのは初めてのため戸惑いと新鮮さを感じていた。

学校が好きになり長生きしたい思いが芽生えたヘミン。

ラディは20歳でリセットされる運命の彼女を助けてほしいとウニョンに頼む。

ゲームのように生まれ変わり続けるのは過酷です…。

生徒のために

虫ゼリーに翻弄されるヘミンにウニョンは胸を痛めていた。

それでも学校の安全のためにはゼリーを早く退治すべきだと助言する親友。

ウニョンはさらに頭を悩ますのであった。

ウニョンの剣が虫ゼリーには効かないので、やるせないみたいです。

保健教師アン・ウニョン」4話ネタバレ感想

ここからは保険教師アン・ウニョン4話の感想をまとめていきます!

友人の思惑とは

突然ホン先生の前に現れたガヨン。

座り方と笑い方がおかしいと思ったらこの人もHSPの一員でした。

しかも彼女の母はHSPの代表ということが判明!

HSPの話をホン先生にしないところを見ると、何か思惑があると考えられます。

ウニョンにライバルと認識された彼女の動向に注目です。

ホン先生は純粋に旧友との再会を喜んでいるようなので、危害がないと良いのですが…

マッケンジーの懐事情

マッケンジー先生の家は結構リッチで家政婦さんもいます☆

保管しているのか育てているのか…浴槽には苔ゼリーが貯まっていました。

明確な狙いがあり学校に近づいたようですが、彼の目的は金儲けということでしょうか。

当初は余裕そうでしたが、ウニョンの行動により焦りも見えます。

どうやらゼリーはお金になるようで、ますます不可解

苔ゼリーがついてしまったジヒョンも心配です。

消毒会社と学校

地下室の消毒会社は絶対に変えてはいけないと、おじいさんから言われています。

その約束を守り、消息の掴めないこの会社にホン先生は連絡し続けていました。

学校の秘密を探るためにさらなる調査を始めたホン先生。

ウニョンだけでなくホン先生も行動力のある人です!

HSPと関わりがあるようですが、消毒会社の実態にはまだまだ疑問が多く残っています。

悲しきヘミン

転生を繰り返し、本来は性別もないというヘミン。

虫を食べる姿はインパクトがあります!

虫だけ胃に入れると体に悪いからと、口いっぱいにご飯を頬張る姿が苦しそう…

何度も死を経験しているので死に対する恐怖心がないというのも切ないです。

今回の人生で、アラやラディたちと関わり生きる楽しさを感じ始めます。

彼女は学校周辺の決まった範囲からは出ることができません。

境界線に立ち、自分の領域を出入りする人を眺める表情が悲しそうにも羨ましそうにも見えます。

ウニョンは彼女の宿命を変えることができるのでしょうか?

ヘミンを演じるソン・フィジュンさんのインスタを見たらドラマと違うイメージで驚きました^^

ソン・フィジュンさんのインスタグラム

幼く見えましたが1995年生まれということで、さらにびっくり!

HPSとウニョン

相変わらず「HSP=安全な幸せ」に嫌悪感を示すウニョン。

マッケンジー先生に続きハン先生とガヨンもHSPの会員だとわかります。

さらにウニョンとの会話から、親友も会員であることが示唆されました。

よく考えたら会員情報にアクセスしまくっているので、そうですよね^^;

ウニョンもHSPの一員、もしくは過去にそうだったと考えられます。

涙の真相

今回も親友のところへ相談に行ったウニョン。

学校を助けたいという気持ちと、生徒への想いで涙を流す…

と思いきや、横でキムチを漬けていて辛味が目にしみていたようです^^;

涙の理由は拍子抜けでしたが、生徒たちに関わる失敗を恐れているのは本心に見えました。

キムチを漬けていたおばあちゃん集団、いつも親友の所に集まっているのが謎です。

ホン・インピョという人間

ようやくホン先生自身の話がありました。

足の怪我はバイク事故にあったせいで、昔はスポーツ万能だったそうです。

「生き残ったことが奇跡」など悲観することなく話す彼からポジティブさを感じます。

また、ウニョンの能力を面白がっている彼。

ウニョンを家に招いたり、一緒に釣り場に行こうと誘ったり積極的です♪

でも恋愛感情というより、相棒という感じでしょうか。

距離を置こうとするウニョンに対し、ホン先生は彼女との時間を楽しんでいるようですね^^

無邪気な若者っぽいですが、またも日課の体操をする生徒に冷たい視線を向けていたのが引っかかります。

偏見のない友

施設育ちということになっているヘミンをからかう人がいる中、アラとラディは彼女とすぐに親しくなります。

ヘミンの実態についてもすんなり受け入れている様子。

不審に思ったり怖がったりすることなく普通の友人として接しています^^

大食いをせざるを得ないヘミンの横で「いっぱい食べな」と寄り添う姿も素敵♪

ラディは施設で育った後に芸能人の養子になったようで、ヘミンに似たものを感じているよう。

ヤンチャな見た目のラディが、友人を救って欲しいと切実に願う姿が印象的です。

スングォンやジヒョンも同じく仲良くしていて、みんなで歩くシーンはまさに青春!

保健教師アン・ウニョン4話ネタバレあらすじと感想!まとめ

学校とHSP、そして消毒会社が繋がってきましたね。

ゼリーが見える人が多く、受け入れる人も多く、斬新な展開が続きます。

ホン先生の立場が曖昧ですがウニョンの味方であり続けるのでしょうか。

2人の関係性の行方からも目が離せません!

5話のネタバレ感想はこちら

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる