陳情令1話2話ネタバレとあらすじ感想!16年ぶりの現世

2019年に中国でネット配信され、一大ブームを巻き起こしたドラマ陳情令。

「原作の魔道祖師の世界観を損なわずに映像化した」と中国国内にとどまらず、海外でも高い評価を得ました。

主演のシャオ・ジャン(肖戦)とワン・イーボー(王一博)も大ブレイクし、活躍の場を広げています。

それでは人気ドラマ陳情令のあらすじ・感想をまとめています。

スポンサーリンク
もくじ

陳情令1話ネタバレとあらすじ

16年前のあの日

戦場と化した山の上。悪霊を祓う力を持つ仙師たちが陰虎符を奪い合っていた。

仙師たちの代表的な世家(集団)が姑蘇藍氏、蘭陵金氏、清河聂氏、雲夢江氏、岐山温氏だ。

恩知らずとののしられた夷陵老祖(魏無羨)は涙を流して、断崖から自ら身を投げた。

魏無羨の手を握り、落ちないように支える友がいたが、雲夢江氏・江澄によって落とされてしまう。

遺体は見つからなかった。

16年後〜詠仙楼

姑蘇藍氏の若い仙師たちは、16年前の不夜天の戦いの話に耳を傾けていた。

藍景儀と藍思追も目を輝かせて聴き入っている。

老人は魏無羨の力についての噂を語り、その復活について匂わせた。

怪しい風

莫家荘の莫玄羽は五大世家のひとつ蘭陵金氏の血をひいていた。

蘭陵金氏の元で数年過ごしたが、認知されずに帰ってきたため、いとこの莫子淵にバカにされていた。

大量のお札が貼られた部屋に怪しい風が吹く。

莫玄羽に呼び出された魏無羨。

腕の傷には何か意味があるようだ。

お祓い

莫家荘では続けて不幸があり、姑蘇藍氏の仙師たちをお祓いのために呼んでいた。

魏無羨(周囲は莫玄羽だと思っている)はみんなの前で愚かな振りをしながら、莫子淵の悪行を暴露する。

お祓いに来ていた藍思追は魏無羨に優しく接する。

崩れた防御

姑蘇藍氏は夷陵老祖の召陰旗を屋敷の周りに立て、防御を固めていた。

魏無羨に恥をかかされた莫子淵は仕返しをしようと部屋を出る。

腕の傷を見て、魏無羨が自問自答していると、怪物に取り憑かれた莫子淵が現れた。

藍思追と魏無羨は莫子淵を気絶させるが、怪物は次々と家族に取り憑いていくのだった。

首の模様

狂暴化する怪物に藍思追は自分たちだけでは手に負えないと判断。含光君に助けを求める合図を送った。

魏無羨は密かに藍思追たちを援護する。

怪物と化した莫家の人間の首の模様を見て、魏無羨はあることを思い出す。

含光君

合図に気づき、莫家荘にやって来た含光君(藍忘機)。

武器である琴の音で怪物と戦った含光君は魏無羨と同じことに気づく。

そして、何か気配を感じとったような表情をみせたのだった。

詠仙楼の老人は、謎の黒衣の男から大金をもらい大喜びする。

1話感想 別名が多いのやめてほしい

まだ、陳情令の設定に慣れていないまま1話が終了。

世家?仙師?いつの時代?名前がいっぱいあるのね…と混乱しつつも、主役の魏無羨がかっこよいから、いいのだわ。

いつのまにか陳情令の世界に迷いこんでしまった感じ。

モンスター化した人が結構こわい〜。子供が「何見ているの!?」とギョッとしていました ^^

腕の傷の謎と首の模様はなにを意味しているのでしょうか?

魏無羨はとても善良にみえるのですが、なぜ16年前、みんなにひどく憎まれていたのでしょうか?

はやくも続きの第2話がみたくなってしまったのでした。

陳情令2話ネタバレとあらすじ

大梵山で何が起きているのか?

莫家荘を離れ、ロバと旅をしている魏無羨。

途中、大梵山をめざす集団に出くわす。

人の魂を吸う魔物が現れ、困っているという。

話を聞いて、こっそり集団から離れようとする魏無羨とロバ。

りんごを持って近寄ってきた女(阿臙)は何やら訳ありの様子だった。

助けを求める声

魏無羨が山の上から大梵山を眺めていると、阿臙と母親がやってきた。

阿臙は急に踊りはじめ、母親は泣きだす。

魏無羨が訳をきいていると、どこからか助けを求める声が聞こえてくるのだった。

縛仙網

助けを求めていたのは、仙師がつかう網にかかった人々だった。

網をしかけたのは仙師の五大世家のひとつ蘭陵金氏の若君・金凌。

魔物を捕まえるための罠だった。

突然走り出したロバのせいで、金凌と顔を合わせる魏無羨。

金凌は莫玄羽(魏無羨を復活させた蘭陵金氏の隠し子)だと勘違いし、

二人はケンカになってしまう。

会いたくないふたり

金凌を助けるためにやって来たのは金凌の外叔・江澄。

夷陵老祖(魏無羨のこと)の邪術を使うものは生かしておかない、と江澄は手をあげた。

それを青い光が阻んだ。

含光君(藍忘機)と姑蘇藍氏の仙師たちだった。

後悔

川のほとりで思い出にひたる魏無羨。

雲夢江氏の宗主・江澄とその姉・江厭離は、かつて家族のような存在だった。

通りがかりの会話から、金凌は江厭離の息子で、両親は他界していることを知る。

心ない言葉を口にしたことを魏無羨は悔やむ。

手がかりを求めて

魔物をとらえるため、古い墓を訪れた藍氏の仙師たち。

そこで不思議な墓守りの老人に出会う。

藍思追と藍景儀は、老人に教えられた舞天女の祠を目指す。

川辺でロバの食べる草を見て、何かに気づいた魏無羨。

同じ古墓にたどり着き、幻を見る。

魏無羨はあわてて、藍思追たちを追いかける。

願い

舞天女の祠で、姑蘇藍氏と蘭陵金氏の仙師たちが鉢合わせになる。

金凌が舞天女に願い事をすると、突然、舞天女が暴れ出した。

仙師たちを逃がしながら、魏無羨は金凌の姿がみえないことに気づく。

金凌は果敢に舞天女と戦っていた。やむを得ず笛を吹く魏無羨。

すると、謎の戦士が現れ、舞天女を攻撃し始めたのだった。

おまえは誰だ?

戦士が消え、含光君と江澄が現れる。

江澄は魏無羨が復活したのではと疑い、紫電で魏無羨を打つ。

何もおこらず、「なぜだ?」と江澄は狼狽する。

16年前の魏無羨と江澄と江厭離は互いを思いやる実の兄弟姉妹のようだった。

魏無羨は「あの頃戻りたい」と心から願った。

2話感想 過去はチョイ見せ

少しずつ魏無羨の過去が解き明かされてきました。

まだ、ほんの少しだけどね!

五大世家を正道からすると、魏無羨は邪道の術を使っているようです。

でも、とてもいい人に見えます。

金凌は師姉の子だったのね。

すごくワガママな感じ!

16年前、魏無羨が崖から落ちた時、江澄が目に涙を浮かべていた事を知り、

本当は望んでいなかったんだろうな、と思いました。

ますます、先が気になります。

早く3話をみなくては!

次回あらすじと感想

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる