陳情令27話28話ネタバレとあらすじ感想!分かれ道

26話では蘭陵金氏の百鳳山で狩猟大会が開かれました。

招かれた江厭離は金子軒と少しずついい感じに…。

一方、魏無羨は偶然出会った温情から温寧が行方不明と知り、助けに向かいました。

藍忘機も急ぎ後を追ったのですが…。

それでは27話28話のあらすじ・感想を書いていきます。

スポンサーリンク
もくじ

陳情令27話あらすじとネタバレ

陳情令27話のネタバレあらすじ

天灯への誓い

雲深不知処で天灯を空に放ったとき、

「悪をくじき、弱きを救う」と魏無羨が誓うのを藍忘機は隣で聞いていた。

「今は逆の状態だ。今回は必ず弱きを助ける。」と魏無羨は言い、

藍忘機と戦う意思を見せた。

苦悩と悲しみの表情で藍忘機がとった行動とは?

世家の反応

金氏の本拠地・金鱗台では窮奇道の噂でもちきりだった。

「魏無羨が温寧を傀儡にし、見張りを倒して温氏の残党を逃した」

「乱葬崗に逃げこみ、結界をはった」などなど。

江澄は肩身の狭い思いをしながら謝罪した。

「しかし、温情と温寧には恩がある」と主張したが聂明玦や姚宗主は納得しない。

姚宗主や金光善、金光瑶、金子勲が適当な事を言って魏無羨を貶めたので、藍忘機と綿綿は口をはさんだ。

金氏の体制に嫌気がさした綿綿は、金氏から離脱する。

金光善は言葉巧みに江澄の魏無羨への劣等感を刺激した。

そして、江澄に「陰虎符を魏無羨から取りあげる」ことを約束させるのだった。

聂明玦は「綿綿は気骨がある」ほめた後、

「魏無羨のように邪道に走らぬよう教訓にしろ」と金光瑶をにらみつけた。

藍忘機の両親

金鱗台までやって来た叔父の藍啓仁は藍忘機を叱った。

「奸邪と交わってはならぬ」は父の教えだと言う。

藍忘機が禁書を読むのを藍啓仁は見逃してくれていたのだった。

藍忘機は思わず母のことを口にする。

藍啓仁の「父と同じ道を歩んで欲しくない」という言葉の意味は?

金子軒は江厭離に会いにいき、とうとう思いを打ち明ける。

「一生守る」と。

乱葬崗での暮らし

温寧の体は護符につつまれ、まだ目を覚さない。

温情と一族の人々は少しずつ元気を取り戻していた。

外界と隔てるための結界を江澄は紫電で破り、乱葬崗へ向かった。

魏無羨は明るく江澄を迎える。

昏睡状態の温寧は、金氏に邪祟を呼ぶためのエサにされたのだった。

「あの日、陰虎符の力を使い温寧の怒りが爆発した。

あれから心が戻らない状態なのだ。」と魏無羨が説明すると、

江澄は「おまえ、まさか…」と疑う言葉を口にした。

27話感想:藍忘機のママ、きっと美人なはず

27話で一番気になっているのは藍忘機の両親のことです。

あの会話から想像すると、お母さんが邪道の方で、お父さんが正道から外れてしまったのかな?

何があったのかな?

陳情令って、スピンオフムービーが出ているくらい広がりのある世界なんですよね。

『生魂』と『乱魄』はwowowで2021.5.31まで配信やっています。

見たいなぁ。

聂明玦の態度が正論だわ〜。

金光善より聂明玦がリーダーなっていたら世の中まともになっていたかも…と思います。

いよいよ姚宗主の太鼓持ちに嫌気がさしてきたのでした。

28話に期待したいです!

陳情令28話ネタバレとあらすじ

陳情令28話ネタバレとあらすじ

疑惑

「陰虎符は陰鉄」と江澄が疑っている、と感じる魏無羨。

江澄は「みんながおまえの陰虎符に注目し、正義であっても否定されてしまうのだ」と説得を始めた。

「温氏と縁を切り、全員を引き渡せ」と言う江澄に魏無羨は激怒して言った。

「危険を顧みず江楓珉夫婦の遺体を取り戻し、温晁の追手から守ってくれたのは温寧だ

江澄は温寧の命をとることは諦め、「明日勝負しろ」と言う。

もう同じ道を歩めないふたりは静かに涙を流した。

温情

温情は「温寧と一緒にいれたら、それで十分だから、江澄と帰ってくれ」

と魏無羨に言う。

魏無羨は聞き入れない。

魏無羨と別れた後、温情が江澄を待っていた。

以前、江澄が渡した櫛を返す温情

「もし、魏無羨より先に出会ったとして、あなたは何も顧みず私達を助けた?」

という温情の言葉が江澄の心に突き刺さった。

決別

翌日、魏無羨と江澄は戦いの場に現れた。

勝負は互いに傷を負って終わった。

江澄は子弟たちに魏無羨の追放を宣言する。

金鱗台の江厭離は魏無羨の夢を見ていた。

蓮花塢を懐かしむ江厭離のために金子軒は池に蓮を植えるのだった。

1ヶ月後

夷陵の街では講談師の老人が夷陵老祖(魏無羨)がいかに恐ろしいかを

語り聞かせている。

根も葉もない内容に藍忘機は不機嫌になり茶楼を出た。

買い物に来ていた魏無羨は一緒にいるはずの阿苑が消えたことに気づく。

慌てて探すと、藍忘機のそばで泣きじゃくっている阿苑の姿が。

父親と勘違いされ困り果てている藍忘機。

魏無羨はいつものように明るく声をかけた。

28話感想:悩める江澄

金氏の輩(腹立つから金子軒以外は輩で十分)が江澄の嫉妬心をかきたてようと画策していたけど、

成功していなかったのですね。3人の絆は強かった!

やっぱり、魏無羨のことが心配なんですね。

江澄は雲夢江氏の宗主だから、魏無羨のように行動できないのも理解できます。

江澄、温情のこと好きだったんだよね。

うーん、つらいね。

温寧は心を取り戻すことができるのでしょうか?

藍忘機と魏無羨の再会もうれしい!

次回はこちら

陳情令はU-NEXTで配信中です♪

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる