陳情令39話40話ネタバレとあらすじ・感想!疑惑と秘密の部屋

阿箐の記憶の中に入り、薛洋の悪行を知った魏無羨。

薛洋は暁星塵をだまして、村人を斬らせ、親友の宋嵐をも斬らせてしまったのでした

改めて薛洋に霊を復元する目的をたずねたところで38話は終わりました。

一体誰の霊なのでしょうか?

それでは、陳情令39話40話のあらすじ・感想をまとめます。

スポンサーリンク
もくじ

陳情令39話あらすじとネタバレ

陳情令39話あらすじ

薛洋の最期

魏無羨は薛洋がカッとなるような話をしても、動じない。

深い霧の中、居場所がわからぬ薛洋のそばで阿箐の杖の音がした。

音に向かって剣を放つと薛洋に命中した。

鬼面の男が突然現れ、動けない薛洋から陰虎符を奪い連れ去ろうとする。

薛洋の仲間なのか?

魏無羨と藍忘機にさえぎられ、逃走する鬼面の男。

藍忘機は「藍氏剣法と金氏の技の使い手」と首をかしげた。

宋嵐が薛洋のとどめをさした。

暁星塵と薛洋

薛洋は、櫟陽の常氏を根絶やしにした理由を暁星塵に話した。

飴が欲しくて馬車を追いかけた7才の薛洋の手を車輪でひき、小指がダメにしたのは、常氏だったのだ。

「一家の命をもっても、自分の小指を償うことはできない」と恨みをあらわにする薛洋。

「虫酸がはしる」と暁星塵はいう。

すると薛洋は暁星塵が退治した邪祟は村人だったこと、親友の宋嵐をも斬ったことを教えた。

絶望した暁星塵は自害してしまう。

その姿を見てショックを受けた薛洋は泣き笑いしながら

暁星塵の遺体をきれいにし、呪符で囲んでいた。

しかし、暁星塵の霊識が消えかけていることに気づき、慌てて残りを袋にいれる。大切なもののように。

飴が好きと知り、そっと薛洋の寝床に飴を置いてくれた暁星塵の姿が浮かぶ。

宋嵐の剣に倒れた薛洋の手には暁星塵からもらった飴が握られていた。

黒い棺

藍忘機と魏無羨は2人だけで義城の棺置き場に戻った。

そして刀霊の導きで封印された黒い棺を見つける。

陰虎符の痕跡の残る棺を開けると、刀霊は覇下の形に戻ったのだった。

遺体の主は?

夜市

潭州の街を歩く金凌や藍氏の若い仙師たち。

藍思追は葉で作った虫のオモチャを感慨深く見つめている。

魏無羨は小さな子を見て阿苑を思い出していた。

藍忘機と魏無羨はウサギの提灯を買って宿に戻ると藍涣が来ていた。

沢蕪君(藍涣)

義兄弟・聂明玦の首のない遺体が見つかったことを知り、動揺する藍涣。

遺体の様子を魏無羨が説明し、藍涣は覇下の刀霊を受けとる。

鬼面の男の太刀筋に藍氏と金氏の影響があること、

聂氏の祭刀堂を知っていること等、特徴をあげていく魏無羨。

藍涣は「そんなことをする人ではない。そんな時間はなかった。誤解だ。」と否定した。

すると、金凌と藍思追が言い争う声が聞こえてきた。

藍思追が魏無羨を否定しないのが、金凌は気に入らない。

藍涣は莫玄羽ではなく、魏無羨であることに気づく。

39話感想:少しだけ薛洋に同情

薛洋は屈折しているけど、暁星塵のことを好きだったことを知り、

ちょっとしんみりしてしまいました。

もちろん、あの残酷さにはゾッとしますが…。

さびしい人だったんですね。

あんなに必死に復元しようとしていたのは暁星塵の霊だったとは意外でした。

薛重亥を復活させて陰虎符で権力を握る…とか力を求めていると思っていました。

鬼面の男があの男(たぶん金光瑶)と関係があるのは予想通りすぎて、どうなんだろう。

それより、藍思追ってもしかして阿苑じゃない?

あの虫のおもちゃ、夷陵の街で欲しがっていたような。

なーんて深読みしずぎかも。

40話に続きます。

陳情令40話あらすじとネタバレ

陳情令40話あらすじ

金凌の葛藤

「両親を亡くしたのは魏無羨と温寧のせい」と憎しみをあらわにする金凌。

藍思追が「決めつけるのは、ことが明らかになってからでもよい」

と言うので、金凌は腹を立てる。

藍忘機と魏無羨は来月一緒に金鱗台に行き、聂明玦の頭部を探そうと考える。

藍涣も賛成し、「証拠が見つかれば、自分は公正に対処する」と約束した。

再びの金鱗台

藍涣と藍忘機の後について金鱗台を訪れた魏無羨。

早速、江澄ににらまれる。

金光瑶も莫玄羽の姿に動揺し、金光瑶の妻・秦愫は露骨にいやな顔をした。

皆に白い目で見られる理由を魏無羨は探ることにした。

屋敷の中で金凌と出くわし、かつて莫玄羽が秦愫にちょっかいを出したことを聞き出す。

紙人形の偵察

夜になり、藍忘機と魏無羨は紙人形を使って金光瑶の部屋に忍びこんだ。

すると秦愫と金光瑶は手紙をめぐって口論を始める。

金光瑶は「手紙の内容は嘘だ」と言い、燃やしてしまう。

亡くなった息子・阿松についても秦愫は金光瑶を疑っているようだ。

金光瑶は自分を信じない妻の穴道をふさぎ、部屋に閉じ込めることにした。

何か気配を感じた金光瑶は呪文のかかれた棚をのぞく。

そこには、聂明玦の頭と陰虎符の設計図がしまわれていた。

魏無羨の様子が急変する。

紙人形を使って聂明玦と共情することができるのか?

40話感想:予想通りすぎて心配

予想通りの展開ですね〜。

あやし過ぎる金光瑶が犯人?あと10話あるけど、ここで犯人バレていいのかな?

なんで聂明玦の首を手元に置くのかな?

金光瑶が莫玄羽に魏無羨を蘇られせる方法を教えた、とも考えられますね。

陰虎符を復元させるために?

秦愫に手紙を送ったのは女性らしいので、たぶん綿綿?金氏のことに詳しそう。

手紙に何が書いてあったんでしょうね。

棚に置いてある雲夢の土地の権利書も気になる!

41話はこちら

陳情令はU-NEXTで見放題配信中♪

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる