大明皇妃11話ネタバレあらすじと感想!小躍りする漢王

朱瞻基に連れられて宴に出席した若微。

率直な物言いで永楽帝に気に入られます。

しかし、永楽帝を敵から守った若微は重傷を負ってしまいました。

若微は助かるのでしょうか?

それでは『大明皇妃』第11話のあらすじ・感想を書いていきたいと思います!

10話のあらすじはこちら↓

>>大明皇妃10話あらすじネタバレと感想!またまた未遂に終わる計画

スポンサーリンク
もくじ

大明皇妃11話あらすじ

漢王の抜擢

永楽帝は漢王に「自分に似ている」「長男ではないから我慢させた」と話しかける。

感動して泣きだす漢王に、永楽帝は「皇太子から監国(皇帝代理)の職を継ぎ、自分を支えよ」と言う。

看病

鶏鳴寺では朱瞻基が必死に若微の看病をしている。

姚和尚は朱瞻基の覚悟を知り「信じて心をこめて呼びかけろ」とアドバイスする。

自慢しに来た?

皇太子が犬と戯れていると、漢王が意気揚々と現れる。

漢王は永楽帝に謝るよう勧めるが、皇太子は相手にしない。漢王は監国の引き継ぎ書類を次々と運びだす。

若微の回復を願う朱瞻基は夢見ていた。

白衣の若微は小舟にのり、その舟が行ってしまわぬよう朱瞻基が陸で綱をおさえている。

夢の中で朱瞻基は心の奥底に秘めた思いを若微に語りかけた。

永楽帝が鶏鳴寺にやって来る。

朱瞻基は父の弁明をしようとするが、永楽帝は「皇太子の身体のために休ませているだけ」と言う。

若微の容態が思わしくないため、永楽帝は家族を呼ぶことをすすめる。

詔獄には孫愚、徐濱、聂興が密かにとらわれている。

病気の若微に会うため、医術の心得がある徐濱が朱瞻基について行くことになる。

監国の職に就き、得意気な漢王。

皇太子を呼び出し、足りない軍事費を負担するよう言いくるめる。

屋敷に戻った皇太子は皇太子妃に「ヘソクリを出してくれ」と頼み、喧嘩になる。

意識がもどる

若微を見舞う徐濱。

あまりに脈が弱いので朱瞻基を問いつめていると、若微の意識が戻る。

仲間たちを守るために永楽帝をかばったことを知った徐濱は「自分たちは残るから、若微を自由にしてくれ」と頼む。

しかし、趙王が孫愚と聂興を連れ去った後だった。

趙王のかけひき

漢王の怒りをかった皇甫は挽回しようと必死だ。

それを知っていて、趙王は孫愚と聂興を皇甫に渡そうとしない。

誤解

若微を見舞う永楽帝。

「なぜ自分を助けたのか?」と問うと、若微は

「陛下が亡くなれば、私の愛する人たちの命はないだろうから」と答える。

永楽帝は「朱瞻基はラッキーなやつだ」とつぶやく。

心理戦

朱瞻基と徐濱は2人を返してもらいに趙王の元にやって来る。

知らぬふりをする趙王。徐濱は永楽帝のつかいを装う。

徐濱は「永楽帝は全てを知っている」と匂わせ、趙王の耳元で徐濱が何かをささやく。

孫愚たちは解放される。

大明皇妃11話の感想

単純な漢王

監国にしてもらい大喜びの漢王ですが、どうも永楽帝の手のひらで

転がされている気がします。

単純なんですね。

永楽帝の狙いがわかりません。

息子も政治の駒にしている?

そんな父に振り回され疲れた皇太子。

犬と遊ぶ姿に私が癒されます。

朱瞻基の夢のシーンは幻想的でグッときました。

思いが若微に伝わればいいのですが・・・

どうも若微は徐濱のこと好きなんじゃない?

徐濱が来たら意識が戻り、朱瞻基が駆けよっても

「私たちを行かせて」と朱瞻基は眼中にない感じ。

かわいそう(T_T)

徐濱サマ!

さらに!趙王とのかけひきの時の徐濱がかっこいい!

若微が好きになるにもわかる(^∇^)

あの場の空気を支配してましたね!

朱瞻基の影がうすかった。

恋の行方も面白くなってきました!

さいごに

徐濱は趙王に何と言っていたのでしょう。

動揺を隠せない様子でした。まさか趙王が犯人?!

第12話の展開が楽しみです。

12話のあらすじはこちら↓

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる