大明皇妃24話ネタバレあらすじと感想!突破口

嫁ぐ前に醜聞を消そうとする善祥ですが、

漢王との関係は切れそうにありません。

一方、永楽帝に若微の出自を知られてしまった朱瞻基。

若微や父母を守るために悩みます。

それでは、『大明皇妃』第24話のあらすじ・感想を書いていきたいと思います!


前回のあらすじはこちら↓
大明皇妃23話あらすじとネタバレ感想!知っていたなら早く言って

スポンサーリンク
もくじ

大明皇妃第24話あらすじ

本音

「お別れの挨拶に来た」と伝え、ようやく永楽帝にあえた朱瞻基。

朱瞻基は「言うべきではないけれども…言わせて!」と前置きし、

「靖難の変の虐殺は大きな間違い!建文帝の臣下でも、忠臣は忠臣。このツケを我が家はいつか払わなければならない。」と叫んだ。

永楽帝は笑いだす。

しばらく笑い続けた後、

「おまえの祖父は極悪人だな」と言う。

それを聞き、泣き、笑い崩れる朱瞻基。

「若微の出自を聞かれたら、“靖難の変の孤児 ”と明言する。私たちはもう過去と向き合えるし、相容れなかった仇と和解したいと思っている。
そして(建文帝の忠臣である)方孝孺の廟を修理し、文人の忠義の模範とする。

これこそが帝王が持つべき気概!

朱瞻基はさらに続ける。

「若微は3日以内に謁見が叶わなければ自害し、おじいさまの後顧の憂いを断つつもりだ。孤児と知っていて、結婚認めたおじいさまのお考えはわかっている」と言い

朱瞻基は永楽帝を優しく見つめた。

「さっきの話はなんだ?全くわからない。」と笑ってとぼける永楽帝。

朱瞻基の目に希望の光がさす。

「方孝孺の廟を修理するのはよいが、わしをあまりひどく言わせるなよ。永楽帝の生涯は大きな間違いを犯し、国泥棒で戦ばかり。
湯水のように金を使い、国や民を大切にしなかった、と罵るだろう。
でも、後世の人はわしが寝食を忘れ極寒の戦場で戦ったことを知るまい。」


と言う永楽帝に、「おじいさまは孤独な帝王じゃない。私が伝える。」

と、朱瞻基は答える。

于謙と哈斯

于謙が漢王軍の演習を見ている。実際に騎馬隊をみて興奮しているが、

哈斯は「そのうちボロ負けする」と水をさす。

地面に軍の攻守の作戦を描いている2人。

哈斯の作戦を簡単にクリアしてしまう于謙に哈斯は腹を立てる。

祖父から嫁へ

「靖難の変の孤児とわかったのに、なぜ今日まで生かしておくのか」

と永楽帝に問う若微。

「我々の代のあやまちを次の世代に引き継ぐわけにはいかない。将来、歴史にどう書かれようと逃げも隠れもしないが、この重荷は後世に残せない。
朱瞻基はそなたを命も差し出すほど大切に思っている。
わだかまりを捨て、この家に溶けこんでくれないか?」

と永楽帝に言われ、若微はしたがうことを約束する。

詔獄の解缙

「戦のあとに恩赦があるから、それを待て」

皇太子が言うと、解缙はすでに特赦してもらえるよう自分で頼んでいた。

永楽帝は特赦のリストに解缙の名を見つけ、怒って趙王を呼ぶ。

そこへ皇太子が現れ、「故郷で百姓をさせるから」と許しを請う。

お金で特赦を得た事を重くみた永楽帝は

解缙を死罪にするよう趙王にほのめかす。

酒泥棒

出征に向けて、漢王の兵と朱瞻基の兵が演習を行う。

皇族の酒をこっそり飲む于謙と哈斯。

逃げ遅れ、あわてて永楽帝のテーブルの下に隠れる。

皆が揃うと、永楽帝は皇太子が書写した杜甫の『兵車行』を

朱瞻基に代読させる。それは国を荒廃させる戦に苦しむ民の声だった。

大明皇妃24話感想

頑張った朱瞻基

正面突破しましたね(⌒∇⌒)

永楽帝はSですね。追いつめ方が半端ない。

朱瞻基がここまで考えが至らなかったら、見捨てるつもりだったのかな。

そうやって、息子や孫をテストしてきたわけね。

孤独になっても仕方ない?と思いました。

哈斯って何者?

哈斯が于謙の首をしめていたのは何?

スパイだったのか?と思いきや、仲良く酒泥棒してる(゚Д゚;)

于謙の兵法の見事さに嫉妬したのでしょうか?

ちょっと気になる…。

さいごに

兵の士気もあがっている今、この詩を送る皇太子。

そして、皆の前で読ませる永楽帝。

2人とも、どういうつもりなんでしょうね。

絶対に于謙が口をはさみそうな予感。

第25話の展開が気になります。

25話のねたばれあらすじはこちら↓
大明皇妃26話あらすじネタバレと感想!怪しい雲行き

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる