大明皇妃27話ネタバレあらすじと感想!裏切り者!

永楽帝の戦は不安を抱えたまま始まりました。

皇太子の咳は徐々にひどくなってきています。

明国の運命はどうなるのでしょうか。

それでは、『大明皇妃』第27話のあらすじ・感想を書いていきたいと思います!

前回のあらすじはこちら↓
大明皇妃26話あらすじネタバレと感想!怪しい雲行き

スポンサーリンク
もくじ

大明皇妃27話あらすじ

忙しい皇太子

夜半、咳が止まらない皇太子。

若微は永楽帝への手紙を代筆し、皇太子を助ける。

その書体は張猛龍碑で女性が書くのは珍しいと皇太子は驚く。

皇太子は「陛下をお守りください。明国をお守りください。」

祈るようにつぶやく。

調査

善祥は胡尚儀の件を女官に問いただしている。

仕事のミスは無いにもかかわらず、

「ひどく叩かれた」「声が小さい」「お酒を飲んでいる」

上司を飛ばして、皇太子妃に直接訴えた女官たち。

「年をとった胡尚儀をぐるになって尚儀の座から引きずり下ろそう」

という企みに気づき、善祥は憤りを感じる。

馬哈木!?

深夜、剣の音で目覚める于謙。

小屋を出ると明兵が倒れ、敵兵を前にして哈斯が座っている。

于謙が近づくと、「瓦剌(オイラト)の大ハーン・馬哈木」と名乗った。

生き残っている明兵が于謙に「早く逃げろ!」と言う。

馬哈木(哈斯)は于謙に

「一緒にオイラトに行こう。アンダ(盟友)になりたい。」申し出る。

「命尽きても行かない」と断る于謙。

「この大陣営は于謙おまえ1人を守るためのもの。永楽帝のやり方はコソコソしている。一緒に行こう!」

と、于謙を支える明兵を斬ってしまう。

「命などいらない!」于謙が叫ぶ。

「書生を殺せば英雄ではないと天下に笑われてしまう。生きて会おう!どちらが勝つか、負けるか…」

馬哈木は于謙を見逃す。

寂しい胡尚儀

善祥が胡尚儀の部屋をたずねると、胡尚儀は酒瓶を片手に

うたた寝をしていた。

目が覚め、善祥に気づく胡尚儀。

「あなたの夢をみていた。目が覚めたら会いに行こうと思っていた。」

と涙を流しながら「会いたかった」と目を閉じた。

善祥は胡尚儀を支えながら、そっと背中に頬をよせた。

ひとり残され

馬哈木が去った後、于謙は生きている人を探すが、みな息絶えている。

そこへ朱瞻基が兵をつれて現れる。

「馬哈木に拐子馬の戦術を盗まれた。」と、于謙は無念そうに叫んだ。

交渉

韃靼(タタール)の大ハーンが永楽帝に拝謁した。

部族衆の一部が明の人民を傷つけたことを謝罪し、

「賠償するから退却してくれないか」持ちかけた。

永楽帝は眉をつりあげ、今まで韃靼が掠奪し、失われた人命を

詳細にあげていった。合わせて十数万人にのぼるという。

「賠償の金銀や牛羊はいらないから、人で返してくれ」

と永楽帝が言うと、大ハーンは無理だと答える。

永楽帝は最初から退却の意思はなく、交渉は決裂した。

于謙、参謀になる

朱瞻基が于謙のいた陣営がおそわれた件を永楽帝に報告。

永楽帝は于謙に「助かってよかった。おまえを見逃してくれたから、朕も将来、一度ヤツを見逃そう。」と言い、

浮ついた考えは捨て、価値ある人材になるよう諭す。

于謙は馬哈木について知っていることを話す。

明には20年いて、神機営では大砲や銃の修理をし、火薬も作れる。

五軍営では城壁や防御地点を築いた。馬も飼育した。

よく洪武帝以降の各部族の戦闘図を地面に描き、兵法の話を好んだ。

意志はかたく、漢人の言葉を上手に話す。

「ヤツがライバルなのか見てみたいものだ」と永楽帝はうなずいた。

そして于謙に軍付きの参謀になるよう命じる。

砂嵐

いよいよ全軍あげての開戦。

大砲で騎馬をたおす明軍。

ところが、砂嵐が起こり明軍は混乱におちいってしまう。

撤退し始める明軍を鼓舞したのは朱瞻基。

砂嵐と雨の中、両軍は死闘をくりひろげるが、明軍は2万の死傷者をだしてしまう。

内輪もめ

敵の族長たちは勝利の酒盛りをしている。

雨で神機営は動けない。明軍を挑発し、戦を長引かせ消耗させる狙いだ。

しかし、「部族衆のリーダーだからといって、ひいきはやめろ」と馬哈木に不満がでる。

瓦剌はまだ戦っていないからだ。

言い返す馬哈木。一同に緊張が走る。

北京では

戦況の知らせを受けた役人たち。

雨季が早く始まり、各部族が手を結んだ。退却もできず、死傷者は多数。

物資の供給路も攻撃されている。

「退却案を作る」という兵部の言葉を聞いた皇太子は咳こみ吐血する。

大明皇妃27話感想

怪しいとは思っていたけど瓦剌の族長・馬哈木だったとは!

もっと下っ端だとおもっていたわよ。

明軍の技術や知識をごっそり盗んでいったわけね。

これは苦戦すると思います。

族長がアンダになりたい、と言う位だから、

于謙は優れた人物なんでしょうね。

ともかく永楽帝を無事に帰還させて欲しいです、皇太子のために。

アル中?

胡尚儀、どうしちゃったの!?

あのバリバリのキャリアウーマンが酒におぼれて

下から陥れられそうになるなんて(*_*)

早くあのカッコイイ胡尚儀に戻って〜!


そして皇太子が吐血・°°・(>_<)・°°・。

もうやめて!

第28話を見るのが、ちょっと怖くなってきました。

どうか皇太子が無事でありますように。

28話のネタバレはコチラ↓
大明皇妃28話あらすじネタバレと感想!皇太子を守れ

大明皇妃はU-NEXTで独占先行配信!
U-NEXTの詳しい説明はこちら↓
韓国ドラマ中国ドラマを観るならU-NEXT!おすすめの理由を紹介!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる