大明皇妃41話ネタバレとあらすじ感想!勝利と絶望

漢王の策にはまり、葬儀での話を認めてしまった朱瞻基。

趙王に漢王の罪をあばかせようとした時、

瓦剌族が国境を越えた、と報告がはいりました。

朱瞻基は自ら出陣を決意します。

それでは、『大明皇妃』第41話のあらすじ・感想を書いていきたいと思います!

スポンサーリンク
もくじ

大明皇妃41話あらすじ

出陣を前に

生まれてくる子に一言残してほしい、と若微が言う。

「父は“国は泰山よりも重い”と言っていた、と伝えてくれ」

と答え、朱瞻基は出陣して行った。

軟禁がとかれて…

漢王の屋敷に多くの家臣が挨拶に来るが、中に入れてもらえない。

漢王妃は「軟禁がとかれ、陛下からたくさんの贈り物をいただいたのに、

どうして会おうとしないの?」と理解できない様子だ。

「子どものために事をあらだてないで」と漢王妃は釘をさす。

「全く運のいいヤツだ。瓦剌族が攻めてきたせいで、オレの事は

もみ消されてしまった。これからは来た人の名前を覚えておくように。」

と漢王は答えた。

馬哈木の作戦

明軍が瓦剌軍の先鋒を囲いこみ、瓦剌軍は50里さがった。

朝廷は明軍が有利なうちに引き上げることを求めている。

朱瞻基は于謙に阿魯台、韃靼、兀良哈の大ハーンに手紙を渡すように命じる。

「交易市を乱し、国境を侵すことがなければ、明軍は退却し、交易市での優遇を認める」という内容だった。



于謙が「馬哈木には手紙を出さないのか?」とたずねる。

朱瞻基は「馬哈木の戦術は優れ、自分たちで銃や大砲を作ろうとしている。




馬哈木が生きている限り、辺疆の地に平和は来ない。」と答えた



すると、瓦剌の使者が宣戦布告にやって来た。

明軍の三千営と馬哈木率いる中軍で決戦しよう、という内容だ。



もし、明が負ければ朱瞻基が生きている間は長城の外には出ない事とし、瓦剌が負ければ朱瞻基の処罰を受けよう、と言う。

朱瞻基は応じることにした。

決戦前日

于謙は「皇帝自ら前線に立つ必要はない」と朱瞻基を諌める。



朱瞻基は「大砲や銃で勝利しても、死者が増え、関外(山海関の外)の民心を得るのが難しくなる。交易市の志とも合致しない。馬哈木が得意とする騎馬戦で、朕自らが敵を倒せば他の部族も戦わずして降伏するだろう。」と胸のうちを明かした。

そして、天を仰ぎ祖父と父に明を守ってくれるよう祈りを捧げた。

同じ頃、馬哈木と也先も天に祈っていた。

決戦当日

朱瞻基は永楽帝以来5回の北征により守ってきたこの土地を

敵に侵されぬよう兵士たちを鼓舞した。

「朕が落馬しても、攻撃の勢いを止めてはならぬ。これが最後の命令である。」と言って、敵陣に向かって行く。



その頃、若微が無事に男児を出産した。

決戦を制したのは…

激しい戦いの末、馬哈木に朱瞻基の投げた矛が刺さり、明軍は勝利した。

也先たちは、わずか13人で西の高原へ逃げて行った。



阿魯台、韃靼、兀良哈の大ハーンは明に降伏する。



于謙は朱瞻基の命で、馬哈木の本営から見つけた物を持ってくる。

実は大きな傷を負った朱瞻基。怪我を周囲に気づかれぬようしながら

降伏した部族に薬・テント・牛・羊を褒美として、于謙が直接渡し、交易市の意義を説くように命じる。



そして、戦死した兵士たちを弔う儀式がおこなわれた。

儀式の最後に「一緒に来たのだから、骨となっても共に家に帰ろう!」

と呼びかけると、兵士たちも一斉に「家に帰ろう!」と声をあわせた。



その頃、善祥も無事に出産していた。男児であった。

帰京

都に戻った朱瞻基は最初に祖廟をおとずれた。

そして皇太后のもとに向かい、黙って出陣したおしかりを受ける。



皇太后は「早く子どもに会いなさい!」と言う一方で

漢王の周辺から誹謗中傷がたくさん耳に入ってくる事も知らせる。

祁鈺

朱瞻基は善祥と祁鈺に会いに行く。

目元が自分に似ている、と喜ぶ朱瞻基は「若微の子に会ったか?」と聞く。

「皇太后のところで。この子より大きくがっちりしている。」と善祥は顔をそむけた。

祁鎮

若微が祁鎮を連れて、朱瞻基のもとにやって来た。



早速、朱瞻基は祁鎮を抱き「馬術も弓もうまくなりそうだ」と言いテーブルに座らせては「皇帝姿もさまになっているな」とご機嫌だ。

そして生後1ヶ月の『満月酒』のお祝いの話をしていると趙王が現れた。

暴露

「明日にしてくれ」といっても、趙王は難しい顔をして動かない。



若微を下がらせ、耳元で趙王の報告をきく朱瞻基。



若微は去り際に、その険しい表情を見ておどろく。

「皇后(善祥)と漢王が…」

「この世から漢王の存在を消し去る方法はないのか?」



と言って朱瞻基は怒りのあまり趙王をつきとばす。

どうすれば…

祖廟で永楽帝の肖像画に向かって、朱瞻基は語りかけた。



…漢王の家族や仲間たちがデマを流した時、私は耐えた。



漢王の家臣たちが奏状で私を愚帝と罵っても、私は一人も罰さず耐えた。



軟禁は不自由だろうと、軟禁もといた。私は国のために出陣した。



これで、漢王だって良心が目覚めるだろうと思っていた…

そのころ、錦衣衛が漢王の家臣を次々と捕らえていた。

大明皇妃41話感想

于謙の持っていたもの

戦の後、于謙が「後で見てください」って渡した物はなんだったのでしょう?

馬哈木の首(・・?)

馬哈木の本営の周りを掘って探した…と言っていました。

戦場で亡くなった馬哈木をわざわざ本営に埋めるかしら?

でも、于謙は顔を知っているから、やっぱり首かな。

余談ですが、追悼の儀式、長かったです(;^_^A

ちょっと言い訳っぽい

肖像画に向かってぶつぶつ言っている朱瞻基。

悩んでいるのかと思いきや…

廟に行く前に、錦衣衛に命令は出してんじゃんΣ( ̄□ ̄|||)

それにしても、朱瞻基をあんなに怒らせるなんて、

趙王はどこまで話したのでしょうか?

大明皇妃41話さいごに

子どもの扱いで、露骨に差が出ていて善祥も祁鈺もかわいそう。

その上、趙王が密告してしまったから、

ただでは済まないでしょうね(>_<)

第42話、どうなるのかドキドキします!

42話のネタバレとあらすじはこちら

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる