大明皇妃44話ネタバレあらすじと感想!シングルマザーはツライよ

朱瞻基は37歳の若さでこの世を去りました。

嫡子の祁鎮の発達に不安を抱く臣下たちは、祁鈺に期待をよせます。

その様子に若微はいらだち、朝廷で大声をあげてしまいます。

それでは、中国で話題の歴史大作『大明皇妃』第44話のあらすじ・感想を書いていきたいと思います!

前回43話のネタバレとあらすじはこちら

スポンサーリンク
もくじ

大明皇妃44話あらすじ

逆転

家臣たちの祁鎮の能力を疑問視する声を聞き、

若微はいっそう感情的になり、楊士奇がなだめる。

若微は涙ながらに祁鎮に言う。

「もう話すことも走ることもできる。母はわかっている。私や家臣たちに、おまえが何者であるか教えてやりなさい。あの台の上で。」

と玉座を指さした。


善祥は退屈そうだ。

「立ちなさい、自分の足で!」と必死に声をかける若微だが、祁鎮は立たず、若微は絶望して泣き崩れる。



すると、祁鎮は立ち上がり、よろよろと歩き始める。

驚く善祥。


若微は勝ち誇ったような目で祁鎮を見る。

祁鎮は外へ走り出し、階段を降り、雲龍階石の上にまたがり大声をあげた。

家臣たちの万歳の声を聞き、善祥はめまいを感じる。

後見人

母に添い寝を求める祁鎮に

「ここは皇帝が寝る部屋で母は寝てはいけないの。これからは自分を“朕”と言いなさい。」と1人で寝るよう若微は言う。

自分の部屋に戻った若微は新しい女官・双喜に奏状の返答を代筆させる。

内容は汚職、軍事、外交、経済と多岐にわたるものだった。

いたずらっ子

祁鎮がお付きの小宦官と一緒に大人の宦官に水をかけている。

若微に見つかり、祁鎮は叱られ、立たされる。

若微がその場を離れると、祁鎮は不服そうに舌打ちをして、たらいを投げた。

その後、祁鎮は太皇太后(朱瞻基の母、祁鎮の祖母)の所へ行き、

甘えてうっぷんを晴らす。

子どものケンカ

ある日、皆でピクニックを楽しんでいた。

子どもたちは祁鎮のあげる凧を追いかけて走っている。

若微は家臣たちと弓の腕を競っていた。

走り疲れた祁鈺は凧の上に誤って座り、凧がこわれてしまう。

「わざとじゃない」と言う祁鈺。

許せない祁鎮は小宦官たちに祁鈺をなぐるようにけしかける。

祁鈺の泣き声でケンカに気づいた若微は祁鎮を平手打ちする。

呼びだされた善祥は、若微から目をそらさず祁鈺の頬をたたいた。

子どもの母

若微は贈り物をもって祁鈺の見舞いに行く。

若微はうちとけて話がしたいが、善祥は他人行儀だ。

「今はふざけてケンカをしても問題にならないが、将来、分別がつかず首がとんだ時には遅いから、今しきたりを教えている。あの子は陛下も皇太后のことも恨まない。」と言って善祥は涙を流した。



「まだこだわっているじゃないの!子どもを盾にするのはやめなさい。祁鈺は何も知らないのだから。祁鈺に“陛下だって間違えた事をすればたたかれる”と伝えて。」

と、若微は言い、贈り物を置いて去る。

善祥はこわい顔をして、外で機嫌よく遊んでいる祁鈺に

「さっきあった事を忘れてしまったの!?」と悔しそうに言う。

祁鈺はニコニコしたままだ。

嫁と姑

祁鎮は太皇太后に溺愛され、いい気になっていた。

そこへ若微がやって来る。

今夜はここに泊まらせる、と言う太皇太后に

「子どもには教える必要がある。これは躾だから、やたらと甘やかすのは止めてください。」と祁鎮を連れて帰る。

帰り道、若微は皇帝としての心得を話す。祁鎮はぶすっとして聞いている。

9才の皇帝

祁鎮が即位するが、玉座にキリギリスを持ちこみ、お気に入りの小宦官とふざけ、若微に注意される。

幼い皇帝の摂政として、若微と太皇太后が話を聞いている。

政情を理解している若微はその都度、太皇太后に小声で説明する。

大同の陳将軍が、

「瓦剌の也先が再び明を襲い、交易市に参加させるよう要求している」

と報告した。永楽帝の交易市に対する考えを若微が話していると、陳将軍がおならをしてしまう。

大喜びする祁鎮。

若微は寒い中、馬で駆けつけてくれた陳将軍の体を案じたが、太皇太后は「失礼だ」と怒って帰ってしまう。

朝議が終わると、祁鎮は蝉をとって大いばりする。

小宦官たちは「さすが皇帝陛下!」と祁鎮をもちあげる。

大明皇妃44話感想

シングルマザー

わがままな祁鎮の躾に若微が苦労していますね。

中国の動画サイトでは「于謙に教育させろ!」という声があがっていました。

同感です!この状況、祁鎮には良い環境には見えません。

おばあちゃんがお菓子やたらとあげているのも、あるあるですね〜

夜遅くまで働き、躾でも父親的役割も果たし、

帝王教育もしなくてはならない若微(^_^;)

まさにシングルマザー。

同じ状況でも善祥はゆったりと祁鈺に接しているせいでしょうか?

祁鈺は性格が優しそうに見えました。

皇帝って何?

祁鎮が気の毒なのは、自分がなる“皇帝”を見たことがないことです。

洪熙帝も宣徳帝(朱瞻基)も“永楽帝”というロールモデルがいて

客観的に皇帝を見る機会が長年あったけれども、祁鎮は耳で聞くだけ。

帝王教育について若微は何も知らないし、太皇太后もいい母親だったと思いますが、

あの甘やかし方だと、洪熙帝・永楽帝任せっぽい感じ。

若微が祁鎮に何か言うたびに、

「朱瞻基・永楽帝・洪熙帝ならなんて言うだろう…。

永楽帝なら片眉を動かすだけかな?」等と想像してしまいます。

たぶん若微とは違うことを言うだろうな(;^_^A

大明皇妃44話あらすじねたばれ!さいごに

太皇太后のところで白毛閣大学士(白い犬)が出ていましたね。

久々の登場、うれしい(⌒∇⌒)

44話は登場人物が亡くなることもなく、

コメディ場面もあって、ほんわかした気持ちで見ることができました。

45話のネタバレあらすじはこちら

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる