大明皇妃6話あらすじネタバレと感想!一番賢いのは誰?

着々と兵を集める漢王と趙王。

酔っぱらったふりをして、聂興の脱獄を助ける朱瞻基。

若微は無事に聂興を助け出すことができるのでしょうか?

謀反は防げるのでしょうか?

では『大明皇妃』6話のあらすじネタバレと感想を紹介します!

5話のおさらいはこちら↓

>>大明皇妃5話ネタバレあらすじ感想!雲南には行きたくない!

スポンサーリンク
もくじ

大明皇妃6話のあらすじ

救出

朱瞻基の服を着た若微は西洋人兵の助けをかり、聂興を脱獄させる。

すべては朱瞻基の計画通りだった。

謀反失敗

パトロールと称して趙王が火薬庫に入ろうとするが、松明を持っているので阻止される。

権力をかさに着て入ろうとする趙王に、永楽帝の意向が書かれた書状が渡される。

「今夜私はここに来なかった」と言って、趙王は引き上げる。

軍を率いて朝陽門についた漢王。

門が開くと、現れたのは未だ酔いのさめない朱瞻基だった。

「どうか、おひとりでお入りください。」と漢王にお願いする朱瞻基。

背後には多くの兵士たちが控えていた。

従わなければならない状況と判断した漢王は兵士たちを残し、朱瞻基と共に城内に入っていく。

家族

漢王と趙王は外でひざまずいている。

中では弟たちをかばう皇太子に、「皇帝は心を鬼にしなければならないこともある」と言って、永楽帝は棘だらけの枝をにぎれと命じる。

たじろぐ皇太子に「わしが代わりに棘をぬいてやろうか?」と言い、2人を天牢に移すよう命じる。

皇太子は慌てて枝をにぎり、天牢へ送らないよう嘆願する。

皇太子は妻に棘を抜いてもらいながら、自分が気が小さいふりをしていなければ、弟たちが処罰された翌日、家族だから自分も同じ目にあうのだ、と説明する。

天牢行きをまぬがれた漢王と趙王。

謀反の失敗の原因でけんかになる。

永楽帝の死を待っても朱瞻基が成長してライバルになるので、永楽帝の弱点から攻めていくべきだと漢王は主張する。

帰還

兵士姿の聂興と仲間たちが若微と共に孫愚のところに戻ってきた。

数日後、孫愚が若微に「皇帝陛下」に会うよう伝える。

勝手に仲間を助けたことを謝罪する若微。

「皇帝陛下」は朱瞻基に毒をもらなかったことを追及した。

毒を盛れば囚われた仲間を助けることができなくなる、鍵をくれたのは仲間を助けろという意味では?と言い返す若微。

さらに、罠とわかっていて暗殺を実行させ、たくさんの仲間を死なせたのはなぜ?と問い詰める。

死ぬのは簡単、生き続けるのはずっと難しい、と「皇帝陛下」は答えた。

金牌の威力

趙王が朱瞻基に聂興らの脱獄について問いただしている。

牢から出したのは自分だが、それ以外のことは言えないと、永楽帝から預かった金牌を見せる朱瞻基。

おとなしくなった趙王は、若微の身の安全に気をつけてやれ、と朱瞻基にささやく。

占い

仲間を助けてもらった恩を感じている若微に朱瞻基は「よき民になれ」と言う。

そして若微を鶏鳴寺に連れて行き、姚和尚に頭の骨の形で占う人相占いをしてもらう。

姚和尚の顔が驚きの表情に変わった。

大明皇妃6話の感想

仲間も助かった

5話では存在感のなかった仲間たち。

やはり囚われていたのね。

一緒に助かってよかった\(^o^)/

孫愚もうれしそう!

永楽帝は知っていた

謀反の兆しがあることは、永楽帝にはお見通しだったようでした。

漢王・趙王、何も出来ませんでしたね(;^_^A

これは、父の力を見せつける教育にすら見えてきます。

皇帝は時には非情にならなければならない、と皇太子に教えていました。

皇太子は理解していた

手に刺さった棘を皇太子妃に抜いてもらっている場面が、6話の見どころだと思います。

のんきで臆病な姿は、実は演技だったんですね。

父や兄弟をよく理解している、一番賢い人だと思いました。

それが自分の欲のため、というよりは生きるため・家族の平和のため、というところが皇太子の魅力だと思うんです!

皇太子妃の率直な物言いも面白いです。

「皇帝陛下」ふたたび登場!

今度は白い衣装で登場した「皇帝陛下」

声からすると、たぶん漢王でしょうね。

若微を知らなかった時点で趙王は私のリストから消えました。

ですが、組織の目的の1つが永楽帝一家を根絶やしにして建文帝を都に戻す、というものでした。

漢王だと、矛盾しますよね?

ということは、建文帝?

もう誰なのよ! \(*`∧´)/

さいごに

今回、出番が少なかった善祥は、漢王の屋敷に胡尚儀の代理で行くことになりました。

事件でもおきるのでしょうか?

そして姚和尚の謎の骨占い、どんな結果だったんでしょうね?

7話もますます楽しみです!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる