コン・ヒョジンの経歴プロフィール!出演作品も紹介

数々の演技賞を受賞した経歴を持つ、韓国を代表する演技派女優コン・ヒョジンさん。

コン・ヒョジンとラブリーを掛け合わせた「コンブリ」という愛称で多くの人に愛される国民的女優さんです。

40代を迎えた今も相変わらずの美貌と演技力で第一線で活躍されています。

そんなコン・ヒョジンさんがどんな経歴とプロフィールをお持ちなのか、気になりますよね♪

そこで、今回はコン・ヒョジンさんの経歴やプロフィールを調べてみました。

合わせてコン・ヒョジンさん出演作品も紹介します。

スポンサーリンク
もくじ

コン・ヒョジンの経歴とプロフィール

コン・ヒョジンさんの経歴とプロフィールをみていきましょう。

名前コン・ヒョジン (Kong Hyo Jin)
生年月日1980年4月4日
出身地ソウル特別市
職業女優
身長172cm
所属事務所マネジメントSOOP

ソウル出身、両親と弟の4人家族のコン・ヒョジンさん。

中学2年生のときにオーストラリアへ留学。

帰国後の富川チュンフン高校在学中にファッションモデルとして芸能活動をスタートします。

高校3年生の時には、映画『少女たちの遺言』で女優デビュー。

2年後の2000年には『家門の栄光』でテレビドラマ初出演を果たしています^^

同年、映画『ガン&トークス』では女子高生役を演じて第22回青龍賞助演女優賞を受賞。

2002年には映画『火山高』で剣道部の副主将役を演じて第39回大鐘賞助演女優賞を受賞しました!

コン・ヒョジンさんは若い頃から演技力に長けていたことが分かりますね^^

その後もラブコメ女王、個性派の視聴率女王などと呼ばれ様々なヒット作に主演しています。

日本ではピ(RAIN)さんと共演した2003年のドラマ『サンドゥ、学校へ行こう!』で人気を集めました。

コン・ヒョジンの出演作品

高校時代のデビューから現在まで芸歴の長いコン・ヒョジンさん。

代表的な出演作と役どころを簡単にご紹介します♪

2005年「乾パン先生とこんぺいとう」

コン・ヒョジンさん演じる乾パン先生と生徒たちが繰り広げる正統派の学園ドラマ。

コン・ユさん演じる超問題児を筆頭に、次から次へと問題を起こしていく生徒たち。

乾パン先生は全身全霊で生徒と向き合い、二人三脚で問題を解決していきます。

正統派の学園ドラマのストーリーに、まさかの三角関係の恋愛模様まで…^^

色んな視点から楽しむことのできる素敵なドラマですよ♪

スタイル抜群のコン・ヒョジンさん。オシャレでカラフルな衣装にも注目です。

2013年「主君の太陽」

幽霊×ラブストーリーというちょっと不思議で心温まるホラーなラブコメディ。

コン・ヒョジンさん演じる霊視能力がある孤独な女性と、ソ・ジソプさん演じる傲慢で自己中な御曹司。

お互いに利用するだけの関係だった2人が、次々と起こる事件を通じて距離を縮めていきます。

最終回の視聴率はなんと驚異の23.6%!

ドラマの中のファッションが流行するほど韓国で社会現象を引き起こした大ヒットドラマです♪

ラブストーリーにホラー要素が加わった斬新なラブコメです。

2014年「大丈夫、愛だ」

病院の精神科を舞台に、心に傷を抱えている者同士の愛を描いたヒーリングラブコメディ。

コン・ヒョジンさん演じる恋愛恐怖症だが人間味のある精神科医と、チョ・インソンさん演じるイケメン推理小説家。

この2人がお互いに傷を癒し合いながら愛を育んでいく姿には胸を打たれます。

傷ついた心を癒すのはやはり愛なんだと感じさせられるメッセージ性のあるドラマです♪

精神疾患という難しい描写をコン・ヒョジンさんが絶妙に演じています。

2019年「椿の花咲く頃」

2019年、第56回百想芸術大賞でTV部門の最高賞を受賞した話題作「椿の花咲く頃」。

コン・ヒョジンさん演じる美しい未婚のシングルマザーと、カン・ハヌルさん演じる愚直な警察官。

この2人がと繰り広げるラブコメ×サスペンス×ヒューマンドラマとなっています。

コン・ヒョジンさんは控えめながらも芯の通った魅力的な女性を好演。

ドラマ見終わった後には何だか心が温かくなるほっこりとしたドラマです♪

恋模様、親子愛、サスペンスと見どころが盛りだくさんですよ。

コン・ヒョジンの経歴プロフィール!出演作品まとめ

今回は、コン・ヒョジンさんの経歴やプロフィール、出演作を紹介しました。

高校時代のモデルデビュー以来、抜群の演技力で数々の名作ドラマに出演。

40代を迎え、韓国を代表する個性派&演技派の女優さんになっています。

出演する作品は長く愛されているものばかりですね^^

今後もコン・ヒョジンさんの活躍に注目していきましょう!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる