ロマンスは別冊付録10話ネタバレあらすじと感想!ついに伝えた想い

9話でウノの気持ちに気づき始めたようなダニ。

ソジュンとお試しの付き合いを続けながらも、頭のどこかでウノのことを気にしている様子でした。

そんな中、ウノを古い本に例えてソジュンに相談すると

「本(ウノ)が変わったのではなく、ダニが変わった」のだと言われてしまう。

ウノのこと、ソジュンのこと、自分の気持ち…色々なことを考えるダニだが、どう物語は進んでいくのでしょう。

では10話のあらすじと感想をまとめていきます。

スポンサーリンク
もくじ

ロマンスは別冊付録10話あらすじ

透明人間

ウノのことを本に例えて相談した帰り道、ダニは歩きながら一人で考え込んでしまう。

ずっと考え事をしているダニだったが、そんなデートでも「楽しかった」とソジュンは言う。

また明日の朝バスで会おうと約束をして、2人は解散した。

餃子屋の娘

両親が営む餃子店で商品として出せなかった破れた餃子を食べながら、ヘリンは泣いてしまう。

「破れた餃子ばかり食べていたから、私はフラれたんだ。」

ウノと交流のあった両親は、今までのことを思い出し、激怒する。

プレゼント

帰宅後、デパートで選んだネックレスと一緒に花束が置いてあるのを目にするダニ。

「もしかしたら私のことを好き?」と疑っていたが、ウノからのプレゼントを見て、その気持ちが確信へと変わっていったようだった。

ウノの行方

深夜2時になっても帰宅しないウノ。

そんな彼を心配して何通もメッセージを入れるが、未読のまま。

結局、ウノは帰ってこないまま朝を迎えた。

弟子

一方、加平からの着信を受けて車を飛ばしたウノは、一晩中看病して朝を迎えていた。

翌朝、ベッドで眠る先生とウノ、そして男性の友人だと言う人物。

「私の友人はこんな弟子を持って幸せだ。実の息子よりも。」

そうウノに言って去っていくのだった。

友達

会議後、「友よ」と楽しそうに会話するダニとソチーム長。

そんな2人をコ室長は冷めた目で見ていた。

「1回遊んだだけで、何が“友”よ」そう言ってコ室長は強がりながらも寂しそうに部屋に戻って行った。

心ここに在らず

ソジュンとカフェでデートしているダニ。

しかし彼女の表情は曇っている。

ダニは何日も連絡がなく、帰宅しないウノのことが気になって仕方がない様子だ。

帰宅

何日も連絡がなく、浮かない表情のダニの元にウノからのメッセージ。

「生きてるよ。」

「そんなに会いたい?」

「会いたいって言ってくれたら帰るよ。」

心配させたことに怒りながらも、そのメッセージを読んで嬉しそうに走って家まで帰るダニ。

ウノの部屋に直行したダニだったが、ウノはすごい熱で眠っていた。

告白

ダニが作ってくれたおかゆを食べながら、ウノはついに気持ちをダニに伝える。

まっすぐダニを見つめて「好き」と、そう言った後、

「今まで通り普通にしてほしい。」

「僕じゃなくソジュンと付き合って。」

そう言ってウノは部屋に戻って言った。

絆創膏

紙で指を切ってしまった上司に、いつも持っているからと絆創膏を渡す。

その様子をウノは微笑ましそうにそばで見ていた。

会議

ヘリンが契約をしたソジュンは、担当する新刊の会議をする為に、差し入れのコーヒーを持ってキョルへとやって来た。

ヘリンとウノとの会議を終え、退社しようとするソジュンが一緒に食事をしようとダニに声を掛ける。

そんな2人を見ていたウノは担当のヘリンとソジュンに食事するよう提案するが、結局ダニを加えた4人で食事をすることになった。

4人での食事

ソジュンが料理を振る舞い、4人で食事をする。

彼は「ダニが好きだから」と日本酒を出したり、「僕の片思いだから」と言ってウノに対するアピールを続けた。

料理をしながらソジュンは指を切ってしまい、ヘリンがティッシュを持って駆けつける。

職場でダニが絆創膏を持っていたことを知っていたウノは、絆創膏をカバンから出そうとしないダニを見て、嬉しそうに笑っていた。

我慢していたこと

食事を終えて先に帰宅したウノは、庭に出てダニの帰りを待っていた。

ダニは「どうしてあの時絆創膏を出さなかったのか」と聞かれるが、「忘れていたから」と言う。

しかし、彼女が絆創膏を出すことをためらったのは、ウノのことを気にしていたからだった。

嘘を見抜いているウノはダニを見つめ、今日のように我慢できない日があると言う。

そして彼女にキスをした。

ロマンスは別冊付録10話感想

ついに!

ついについに!

ウノがダニに告白しました!

と思ったらキスまで!!!

今回は急に物語が進み、ドキドキしすぎてしまって、大変でした!(笑)

ソジュン

お試しで付き合っている状態のダニとソジュンですが、前回あたりからダニの気持ちが彼から離れていっているような気がします。

というか、ウノの言動に影響されて頭の中を占める割合のほとんどがウノになっていますね。

ソジュンのことを考えるとすごく切ない気持ちになりますが、ウノとうまくいって欲しいという気持ちもあって複雑です…。

ウノの帰宅

音信不通のまま何日も帰宅しなかったウノでしたが、ようやく連絡が来た時のダニがものすごく可愛かったです!

バスを降りてから走って家に帰るダニの姿、完全に恋する乙女のようでした!

ウノの告白

そしてついに!

ウノが気持ちを伝えました!!

「季節が変わる瞬間がわからないのと一緒で、いつからダニを好きかわからない」

そう言って、ストレートに「好きだ」と気持ちを伝えるウノが素敵でした。

しかしその後に「何もしない」「気にせずにソジュンと付き合って」と優しい笑顔で言うウノの気持ちを考えると、胸が痛くなりました。

昔から胸に秘めていた想いをようやく伝えることができましたが、彼氏がいるダニ。

彼女を困らせないようにと言った言葉でしたが、ダニは完全に動揺していました。

当たり前です、かっこよすぎます…(笑)

キス

10話の中での一番の見所でした!!

「“だめだ、我慢しないと”と思うが我慢できなくなる日がある」

そう言ってダニにキスをしたウノが本当にかっこよかったし、可愛かったです!

男らしさもありつつ、こう言う時に年下感出してくるあたり、さすがです!

このシーンは何度も繰り返し見てしまいました(笑)

さいごに

ついにウノが気持ちを伝えましたね!

ダニは気持ちを疑っている段階からウノのことで頭がいっぱいになっていた様子でしたが、好きだと言われた彼女は今後どうなってしまうのでしょうか。

次回以降2人に進展があるのでしょうか!?


11話のネタバレとあらすじはこちら↓
ロマンスは別冊付録11話のあらすじと感想!意識するダニ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる