ロマンスは別冊付録11話のあらすじと感想!意識するダニ

10話でようやくダニに自分の気持ちを伝えることができたウノ。

一方、彼の気持ちを聞く前から疑いの目で見ていて、意識していたダニ。

ストレートに思いを伝えられた彼女はどうなってしまうのでしょうか。

ロマンスは別冊付録11話のあらすじと感想をまとめていきます。


10話のあらすじはこちら↓

スポンサーリンク
もくじ

ロマンスは別冊付録11話 あらすじ

ウノにキスをされたダニ。

職場のトイレでその時のことを思い出しながら、彼とのキスを「唇がぶつかっただけ」と納得しようと独り言をつぶやいていた。

そこに現れたのはチーム長、コ室長、上司…

ダニの独り言はみんなに聞かれていたのだ。

社内で「ダニが年下の男とキスをした」と噂になり、それがウノの耳にも入る。

「平然を装うとした」というダニの話を聞いたウノは、ニヤニヤが抑えられない様子だ。

目撃

図書室でウノとヘリンが話しているところを偶然目にしたダニ。

そこでヘリンがウノに振られていたことを知る。

上司として慕っているヘリン、自分に恋しているウノ。

その三角関係の真ん中にいるダニは困惑しているようだった。

残業

ウノは帰り道にスーパーに寄り、楽しそうに夕飯の買い物をしていた。

チーム長と残業していたダニは、ウノとの複雑な関係を考えたくないのか、「デート中」と嘘をつく。

ウノはその嘘にまんまと騙されて嫉妬していたのだ。

豚足屋

残業中の2人は出前を頼むことにした。

そこに出前をもって現れたのは、以前コ室長の部屋で見たウエディングフォトの相手だった。

困惑する2人をよそに、コ室長がカードで支払いを済ませたところで、ようやく元婚約者と顔を合わせて驚く。

久しぶりに目にした元婚約者に一瞬固まってしまう2人だが、涙目になるコ室長から逃げるかのように、男性は去って行ってしまう。

強がり

以前ダニ、チーム長、コ室長で遊んだ時に「もしまた彼と会えたなら、それは運命の相手だ」と言っていたことを思い出し、背中を押そうとするチーム長。

しかし涙目のコ室長を見たダニは、彼女をそっと帰した。

職場を出るコ室長を待っていたのは、さっきの配達員である元婚約者だった。

「結婚はしているのか」そう聞く彼に対し、首を縦に振るコ室長。

最後まで彼に弱いところを見せることができなかったのだ。

大掃除

休みの日、ウノの大掃除をする約束をしていたダニ。

ウノにちょっかいを出されながらも掃除をしていた2人だったが、ダニが投げた缶でウノの顔を傷つけてしまった。

薬を塗ってあげるダニ。

そんな彼女を見ながら「瞳に僕が映っている」とキザな言葉を掛けるウノ。

「顔が赤くなっている」と馬鹿にしながらキッチンに向かうダニだったが、彼女自身も照れて顔が赤くなっていることを自覚していた。

嘘のデート

大掃除中、「ソジュンとデートしてくる」と嘘をついて外出するダニ。

実際は、彼の飼っている犬の散歩をしながら時間をつぶして、その間徹夜していたソジュンが仮眠をとる予定だった。

すぐにばれた嘘

掃除中も彼女のデートが気になりすぎていたウノ。

そこに、ヘリンから「これからソジュンとカフェで会うから、月曜日に裁決をしてほしい」とのメールが届く。

あっさりダニの嘘がばれてしまったのだ。

打ち合せ中の2人

仮眠をとる予定だったソジュンは、ヘリンに突然呼び出されたカフェでうたた寝をしてしまう。

そこに参加する予定だったウノは、寄り添ってうたた寝する2人を見て、パソコンにメモを残し帰ってしまう。

店先に結びつけられていた飼い犬のクムビ。

ダニに預けていたクムビが店先にいるのを見て、ダニが来たのかと聞く。

2人が親しい仲だということを知らないヘリンは「なぜダニに預けたの?」「でも編集長が連れてきた」と答える。

寝起きで寝ぼけているソジュンは「2人は一緒に住んでいるから」と秘密をばらしてしまう。

言い間違えだと必死に言い訳をするが、ヘリンはうたがいの表情を浮かべていた。

裏付け

昨日の打ち合せでのソジュンの言葉が忘れられず、ダニとウノの関係を怪しむヘリン。

ちょうど出社が一緒になったウノが着ていたのは、彼女がプレゼントしたシャツ。

以前彼女のデスクに置かれていた男物のシャツを気にしていたヘリンは、自分の頭の中で考えていた2人の関係が繋がったようだった。

ソジュンへの想い

久しぶりに一緒に夕食を食べに来たダニとソジュン。

仕事が忙しく2週間会っていなかった2人だが、「このくらいの関係がちょうどよい」と彼に伝えたのだ。

お試しで付き合ってみた3か月だったが、彼女はようやく答えを出したのだった。

朗読会

チーム長とダニが補佐として進めていた新刊の朗読会当日、チーム長は息子の病気で来られないことになってしまった。

急遽進行役を任されたのがダニだった。

朗読会が進む中、ヘリンを振ったウノに復讐を果たしに来た彼女の両親。

ダニを愛おしそうに見つめるソジュン。

ダニとウノが楽しそうに寄り添う様子を見ているヘリン。

そしてコ室長の知り合いでもある、ダニが以前落とされた広告会社の採用担当者。

滞りなく進んでいた朗読会だったが、その中では複雑に絡み合った様々な人間関係があった。

ロマンスは別冊付録11話 感想

想像通り、ダニは完全にウノを意識していましたね!

からかわれているダニ、ちょっかいを出すウノ、2人の様子が純粋な学生の恋愛を見ているかのようで、とても可愛らしかったです。

それでは11話の感想をまとめていきます。

コ室長の恋心

出前に来た配達員が元婚約者だったなんて、なんという偶然でしょうか。

酔っぱらった時に「もしまた会ったら運命」と言っていた彼女でしたが、きっと顔を合わせた瞬間はそう思っていたでしょう。

会社の下で待っていた彼に結婚しているかと聞かれた彼女でしたが、涙目になりながらも嘘をついていたのを見ていると、胸が締め付けられました…

子供が3人もいることを聞かされた彼女はどんな気持ちだったのでしょう。

一瞬運命と期待してしまっただけに、悲しみは深かったと思います。

ソジュンのヘマ

打ち合せ中のうたた寝から目覚めたばかりのソジュン、やってくれましたね…(笑)

ダニとウノの同棲疑惑、それに続きダニのデスクに置いてあった男物のシャツを着るウノ。

ヘリンはきっと気付いているでしょう。

というか自分がこのヘリンの立場になったら、2人が何をしていても怪しく見えちゃいますね!(笑)

楽しそうに話していても、2人きりで会議室にいても…ただの嫉妬女ですけど…

人間関係

無事進んでいた朗読会でしたが、実は裏で色々と複雑でしたね(笑)

ヘリンの両親は「復讐だ!」なんて言って何もしないとは思いますが、ダニとウノの様子を見ていたヘリンが変なことをしないか心配です。

仲が良くなっていた上司と部下の関係でしたが、嫉妬した彼女はきっとダニに対して今まで通り優しくなんてできないでしょう…

そしてコ室長が連れてきた知り合い!

私は顔を見て一瞬で思い出しました!

面接後にダニに対して「不愉快だ」と暴言を吐いたあの人!

高卒と偽ってキョルに入社した彼女でしたが、過去に受賞歴のある有名なコピーラーターであったことをコ室長にバラされてしまいました…

もう関係のない人なんだから、どうかほっといて!!!(怒)

さいごに

朗読会での出来事にハラハラしすぎて、最初の方のダニとウノのじゃれ合いが霞ました…。

次回絶対に一波乱あります!

ダニの身に危険なことが起こらないと良いのですが。

例え何かあったとしても、ウノが守ってくれでしょう…!


12話のネタバレあらすじはこちら↓
ロマンスは別冊付録12話あらすじと感想!初デート

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる