ロマンスは別冊付録12話あらすじと感想!初デート

前回、ダニとウノが楽しそうにじゃれ合うシーンもありましたが、その2人の関係に感づき始めた様子のヘリンでした。

また、急遽ダニが司会進行を務めることになった朗読会。

そこにコ室長が連れて来ていたのは、ダニが以前面接で落とされた会社の採用担当者。

彼女によって高卒としてキョルに入社したダニの経歴がバラされてしまうというシーンで11話は終わりました。

大卒でコピーライターとしての受賞歴もある華々しい経歴を隠してキョルに入社したダニですが、一体どうなってしまうのでしょうか。

12話のあらすじと感想をまとめていきます。


前回のあらすじはこちら↓
ロマンスは別冊付録11話のあらすじと感想!意識するダニ

スポンサーリンク
もくじ

ロマンスは別冊付録12話あらすじ

朗読会

過去の経験を生かし、任された司会進行役をしっかりと務めるダニ。

その横で彼女を優しい表情で見つめるウノ。

一方で、2人の様子を見て怪しむヘリンと、ウノを睨みつけるヘリンの両親。

他社で採用担当をしている知人からダニの経歴を聞き、信じられない様子のコ室長もまた、複雑な表情でダニを見つめていた。

順調に進んでいた朗読会だったが、その裏では複雑な人間模様が描かれていた。

復讐

ヘリンを振ったウノに復讐をするために来たヘリンの両親。

朗読会終了後、タクシーを呼ぶウノの後ろでどうにかして復讐ができないかと考える両親。

ヘリンの母は持っていた鞄でウノを殴り、父は足をかけてウノをつまずかせる。

子供のような復讐に戸惑いながらも、それとなく笑顔でかわすウノ。

そんな彼を見て両親は仲良くしていた過去を思い出し、「またキムチをもらいに来てね」と声をかける。

復讐をして文句を言うつもりできた両親も、彼の人柄の良さには敵わないようだった。

経歴

朗読会終了後、採用担当の知人と食事をしながらダニの話を聞くコ室長。

いくら学歴を低く言っていたとはいえ、嘘をついていたことに変わりはない。

「高学歴の雑用係が使いにくい」という理由で解雇を薦められる。

ご機嫌なダニ

帰宅中、ご機嫌な様子で公園を歩くダニ。

人生の崖っぷちにいた彼女だったが、広告会社に勤めていた頃のように仕事にやりがいを感じ始めているようだ。

司会進行という大役をこなし、「よく頑張った」と自分自身に声をかけるダニ。

「ウノがそばにいてくれてよかった」そう電話で話す彼女を、ウノは後ろから嬉しそうに

見ていたが、思わず駆け寄って抱きしめた。

タラとイカ

朗読会終了後、ソジュンとお酒を飲みに来たヘリン。

そこで彼女はウノダニの関係を肴に例えて相談する。

話を聞いたソジュンからしても、2人は相思相愛でヘリンは苛立ちを見せていた。

ソジュンからの着信

深夜、寝ているウノの元に1本の着信。

一緒に飲んでいたヘリンが酔いつぶれてしまったため、ソジュンが助けを求めていたのだ。

ウノはヘリンを背負って彼の家に向かう。

ベッドに彼女を寝かせると、寝場所のなくなった2人は一緒の布団で寝ることにした。

解雇

ある日の会議後、コ室長に呼び出されるウノ。

そこで見せられたのはダニの履歴書。

そしてコピーライターとして受賞した時のネット記事のコピー。

経歴を詐称していたことを明かすが、驚いた様子を見せないウノを見て「知っていたのか」と尋ねる。

優秀な人材だからと正社員雇用を勧めるウノだが、ダニを解雇することを告げられた。

初デート

その日の夜、ダニを外食に誘うウノ。

10分後にリビングに集合しようと決めてお互いが部屋に戻って支度をする。

「自然に誘えた!」と喜ぶウノに対し、「いい感じのレストランに行く」と誘われウキウキしている様子のダニ。

お互いがお互いの様子を伺いながらようやく集合し、出発する2人。

食事を済ませた2人は映画館に行く。

2人でポップコーンをつまみながら手を繋いで映画を見ている様子は、恋人のようだった。

ロマンスは別冊付録12話感想

前回からさらに2人の距離は縮まり、もうすっかり恋人でした!(笑)

そんな甘いシーンもありましたが、ダニが解雇になってしまいそうなシーンもありました。

振り返りながら、12話の感想をまとめていきます。

朗読会でのダニ

チーム長が息子の病気で朗読会に参加できなくなり、急遽司会進行を任されることになったダニ。

これといった準備をしていない状態の彼女でしたが、過去の経験を活かしてしっかりと役を全うしていました!

そしてそんな彼女を優しい表情でみつめるウノ…。

見ていてとてもほっこりするシーンでした。

朗読会の裏で…

ウノからも同期からも褒められたダニでした。

ウノとの関係、仕事、生活が全体的に良い方向に向かい始めている時でしたが、そこに現れたのが他社の採用担当者でした。

あっさりとコ室長にダニの経歴詐称をバラされ、解雇まで薦めてきました!

なんなんでしょう!彼女!

その助言のせいで、コ室長のなかではダニの解雇が決定してしまいました。

ウノが優秀な人材であることを必死にアピールしましたが、その熱意も伝わらず…。

2人の距離

朗読会の帰り道、電話していたダニとウノでしたが、そこで一気に2人の距離が縮まったように感じました!

ダニが心を許したような、自分の気持ちに正直になり始めたような、そんな気がしました。

「そばにいてくれて良かった。」そうウノに伝えるシーンは彼に感情移入してしまい、ニヤニヤが抑えられませんでした(笑)

ヘリンとソジュン

ヘリンはダニとウノのことを相談しようとソジュンを誘い、お酒を飲みに行きました。

前回もカフェで打ち合わせをしながら寝てしまった2人。

徐々に仲が深まっているような気がします!

恋愛に発展するのか、友達として仲良くなるのか、この2人も意外と目が離せない存在になりそうです!

初デート

コ室長からダニの解雇を告げられた夜、ウノはダニをデートに誘いました!!

本人は自然な感じで誘ったつもりだったようですが、ぎこちないところがとても可愛かった!!!

一方ダニもドキドキしていたようで、お互いが部屋に戻って着ていく洋服を選んでいるシーン、初々しさがすごくて見ていてたまりませんでした!!

映画館でポップコーンを食べながら手なんて繋いでいたらもう…完璧でしょう!

2人が恋人になるのも、時間の問題ですね!

さいごに

解雇という話がでてきたダニでしたが、どうなってしまうのでしょうか!

また、次回こそ2人は恋人になれるのでしょうか!

色々な意味でドキドキするシーンが多いですが、ダニには幸せになってほしいと願うばかりです。

13話のねたばれはこちら↓
ロマンスは別冊付録13話あらすじネタバレ感想!退職届

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる