ロマンスは別冊付録2話あらすじとネタバレ感想!ついに居候がバレる!

1話では、ウノの働く出版社の面接を内緒で受けたダニ。

合否の結果はどうなるのでしょうか!?

ダニは素直に人を頼っていくことができるのでしょうか?

2話のあらすじと感想をまとめていきます!

ロマンスは別冊付録1話あらすじネタバレと感想!困難に立ち向かうダニ

スポンサーリンク
もくじ

ロマンスは別冊付録キャスト

  • カン・ダニ:イ・ナヨン
  • チャ・ウノ:イ・ジョンソク
  • ソン・ヘリン:チョン・ユジン
  • チ・ソジュン:ウィ・ハジュン

ロマンス別冊付録2話:あらすじ

面接を受けるダニ

過去の自分のキャリアを隠し、高卒として雑用ばかり任される業務支援チームの採用面接を受けるダニ。

ダニの過去の栄光を知っているウノは雑務でも喜んで引き受けるというダニの考えに納得がいかない様子。

面接官のウノは採用面接の途中で抜け出し、ダニを連れ出す。

ここでようやく、ダニの家が取り壊され、離婚していたことが本当だったことを知るのと同時に、1年間何も知らなかった自分を腹立たしく思う。

愛がわからなくなったウノ

過去に、2人で食事をしていた時にダニが連れてきた男がその理由だった。


昔から大切に思っていたダニの恋人が、あまりにもダニのことを雑に扱う姿を目も前にしたウノ。

しかし、そんな関係でもその男のことを「愛する人」として紹介するダニ。

自分を大切にしてくれない相手でも、「愛している」という彼女を目にして、愛とは一体なんなのかわからなくなってしまったのだ。

取材を受けるウノ

俳優のようなルックスで、かつ売れっ子作家のウノ。


高校時代に作家デビューしたウノだが、取材ではデビューのことやカン先生との関係を頑なに語ろうとしない。

それはウノだけではなく、キョル出版社の人は皆が避けようとしている質問だった。

採用

見事、キョル出版社の業務支援チームの社員として採用されたダニ。


ダニの才能を知っているウノは喜ばしくない表情を浮かべる。

しかし、ダニのこれまでの苦労を思い出し、「おめでとう」と祝福の言葉を贈るのだ。

個性の強い同期や、氷の女王と呼ばれる教育係の上司に不安を感じながらも、ダニはようやく正社員として働くことに希望を感じている。

入社初日に名刺をもらったダニは、これまで名刺がなくて悔しい思いをし続けてきたことを思い出し、手に持っている自分の名刺を前に幸せを噛み締めるのだった。

弟分になった理由

ウノがダニの弟分になったのは、幼少期のことだった。


サッカーの試合でコーチに怒られ、落ち込んでいたウノが事故に遭いそうになったところをダニが助けたことが弟分の始まりだった。

当時、全治1年の大怪我を負ったダニは、その間、ウノに子分になることを命ずる。

毎日、お菓子を買い漫画を持ってお見舞いに訪れていたウノ。


そこで毎日のように2人で漫画を読んでいたことが、弟分になったこと、そして作家としての才能が開花したことを始まりだったのだ。

ウノの家に帰宅するダニ

出版社の後輩にダニがダサいと呼ばれたことを気にして、洋服をプレゼントし、美容室に連れて行くウノ。


ダニが家の近くだという場所まで車で送って行き、自宅に帰宅する。

部屋でくつろいでいると、人気を感じるウノ。


こうしてついにダニはウノの家に居候していたことがバレてしまったのである。

ロマンスは別冊付録2話:感想

見事、ダニがキョル出版社の業務支援チームとして採用されました!


長かったパートの掛け持ち生活から、ようやく正社員として働くことのできるようになりました(^^)

ダニの採用をパート先の仲間が全員で喜んでいたシーンを見ていて、ドラマではありますが「よかったね!」と思わず声をかけたくなるほどでした。

ダニへの気持ち

過去、ウノとダニが食事しているところにダニの恋人(今では離婚した元旦那)が合流したシーンがありました。

店に到着した恋人を「オッパ」と呼んだり、自分に対して思いやりのない相手を「愛する人」として紹介したりする彼女を観て、ウノは顔をしかめていました。

幼少期からずっと子分としてダニのそばにいたことで、親友のように思っている存在だった人にしょうもない恋人ができたことに腹立たしいのでしょうか!?


はたまた男女としての嫉妬なのでしょうか??

しかしこれの出来事をきっかけにウノは「愛とは何か」わからなくなっていたそうなので、もしかしたら後者なのかもしれませんね!

秘密の多いキョル出版社

高校時代に作家としてデビューしたウノだが、そのデビューの裏話を話そうとしないことや、カン先生に関することを話そうとしない出版社の人たち。

2話目ではまだまだわからないことだらけですが、今後その秘密の真相を知ることができると思うと、とても興味深いです。

同期のパク・フンの存在

まだストーリーの内容に深く関わっている存在ではないし、今後もあまり深く関係してくる存在だとは思いませんが、とても面白い存在の男です(笑)

お調子者で、初対面の人でも距離が近く接するので、自分の周りにいると少し鬱陶しそうな人ですが、決して悪い人ではないので憎めないです!

2話目ではちょくちょく登場しているのですが、毎回クスッと笑ってしまうようなシーンがあるので、今後彼にも少し注目しながらドラマを観進めて行きたいです。

ダニとウノの過去

今回、ウノがダニの弟分になった理由が明らかになりました。

幼少期、ウノの命を救っていた恩人だったのですね!


これが2人の関係のはじまりでもあり、ウノの作家としての才能が開花した原点でもあると思うと、面白いなと感じました。

ウノが交通事故に遭いそうになっていなければ、それをダニが助けていなければ2人が仲良くなることはなかったですし、お見舞いに来て2人で漫画を読んでいなければウノの才能が開花することもなかった…。

運命ですね!

居候がバレてしまうダニ

2話の最後でついに、内緒で居候していたことがウノにバレてしまいました!


ウノは、これまで家にいて不思議に思っていた現象とようやく結びついた様子でした。

ロマンスは別冊付録2話ネタバレあらすじ:さいごに

隠れていたダニを目の前にして驚いた表情を見せるウノを最後に、2話は終わります。
いくら2人の仲とはいえ、内緒で居候していたことを知ったウノは今後どうするのでしょうか!?

また、見事キョル出版社に入社したダニの今後の仕事ぶりにも期待です!

3話あらすじとネタバレはこちら↓

ロマンスは別冊付録3話あらすじとネタバレ感想!恋の予感

ロマンスは別冊付録はNetflixで配信中です♪

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる