【ロマンスは別冊付録】4話あらすじとネタバレ感想!四角関係!?

実はずっとダニのことを想っていたというウノ。

切ないシーンもありましたが、こっそり家まで行って声を聞かなくてもダニに会える今をとても嬉しく思っているようです。

2人の関係はどうなっていくのか、楽しみにしながら4話のあらすじと感想をまとめていきます!

3話おさらい!ネタバレはこちら↓

>>ロマンスは別冊付録3話ネタバレ

スポンサーリンク
もくじ

ロマンスは別冊付録4話あらすじ

翌日の朝

酔っ払ってタクシーで出かけてしまったウノの酒癖の悪さに呆れるダニ。

どこに行っていたのか問われたウノは、好きな人の家に行っていたと答える。

ダニはまさか自分のことだとは思わず、誤解が生まれたのだった。

また、昨晩抱きつかれたことをさらっと告白するダニに対し動揺するウノ。

夜の生活がご無沙汰なことを報告してきたり

口元に付いている食べかすを取ってもらったり

男として見られていないことを実感しているようだ。

三角関係

酔っ払うとウノの家に来ていたヘリン。

また酔っ払ったら来るからと置いて行った下着や洋服を、彼女に返すことにしたのだ。

そして女と暮らしているから酔っ払ってももう家に来ないように伝えると、悲しげな表情を見せるヘリン。

ダニとウノとヘリンは三角関係なのだった。

新刊の帯

コ理事の案として採用されたダニのコピーが帯となって、新刊が完成した。

社員に配布するダニの姿を見て、確かな才能があることを喜ばしく思いつつも、同情する気持ちもあり複雑な表情を見せるダニとヘリン。

一方、自分の方が先にその案を思いついていたというコ理事は、帯になったコピーを見てどう思うかと感想をダニに尋ねる。

そんな上司に対して、自分の方が出遅れたかもしれないが、そうであったなら企画書を持ち込んだ時に言うべきだったと真っ当なことをいうダニ。

完璧で立派な人などいないと告げ、退室する。

ウノとヘリン

印刷所見学の帰りにウノを迎えに来たヘリン。

今朝下着や洋服が入っていた紙袋を彼女が持っている姿を目にしたダニ。

家族ぐるみの付き合いもあることを知り、意味深な表情を見せるダニ。

帰りのバスでは2人の関係を整理して納得した様子。

元夫

ヘリンの両親のお店で食事をした帰りにダニの元夫がとんかつ屋で働いている姿を目撃するウノ。

ダニにはカナダに行ったという嘘をつき、新しい妻ととんかつ屋を始めていたのだった。

娘の留学費を稼ぎながら電気も水道も通らない家に住み、パートを掛け持ちしてどんな思いで生活していたのか。

そんなダニの1年間を知っているウノは怒りが収まらない様子。

慰謝料と娘の養育費を払うことを約束させ、帰るのだった。

傘さんと長ネギさん

一方、雨の日に出会った傘を貸してくれた男性の犬が彷徨っているところに偶然遭遇したダニは、散歩しながら男性を探す。

買い物の途中ではぐれてしまったという彼と合流し、2人は男性の家でラーメンを食べることに。

2人はお互いを傘さんと長ネギさんと呼び合い、名前も知らないまま、3回目の再会で仲を深めていたのだった。

嫉妬

お互いの名前も職業も知らないまま、彼の家でラーメンを食べて来たというダニに焦る様子のウノ。

無防備なダニを心配しながらも少し嫉妬している様子。

そんな彼に対して、自分のことを深く知る相手はウノだけで十分だというダニ。

その言葉にウノも満足げな様子だった。

勉強熱心なダニ

朝早くから出社し、出版社の図書室でマーケティングの勉強をしているダニ。

そこに現れたのが、マーケティングチームのチーム長である、ヨンア。

広告会社で勤務していたことを隠しているダニは、広告会社でアルバイトをしていた経験があり再び勉強しようとしていると言う。

業務支援チームにいながらも勉強熱心な彼女に対し、ヨンアはおすすめのマーケティング本を紹介してくれるのだった。

チ・ソジュン

デザイナーであるチ・ソンジュン。

彼は、傘さんと呼ばれダニと仲良くしているあの男性なのであった。

ウノに対しては尊敬している様子を見せる彼だが、いつでも商売に結びつけようとする編集長には悪い印象を持っている様子。

カン先生の近況を教えてくれればキョル出版社と契約するというソンジュン。

あまりにも悪い態度にウノも苛立ちを抑えられず、席を外すのだった。

味方

帰宅が遅いウノを心配して待つダニ。

実はもう庭にいて、そんなダニを見つめていたのだった。

自分のことを深く知る人はウノだけで十分と言ったダニに対して、同じ言葉を返すウノ。

たとえ世間に見捨てられたとしても、仕方なく決断した。ダニだけはそう信じてくれると願うウノに対して、ダニは笑顔で頷くのだった。

ロマンスは別冊付録4話の感想

2人の恋愛としての進展はありませんでしたが、ヘリンと傘さん、深く関係してきそうな人物が出てきましたね…。

四角関係?

3話の最後で、ウノがダニのことを想っていたことが明らかになりました。

そんな彼に対して、ダニの上司であるヘリンは好意を寄せているようです。

また、傘さんと呼ばれているソンジュンも今後ダニと何かありそうな感じがします。

しかもウノの敵になりそうな人物…。

複雑な四角関係になりそうですね。というかなりますね!!

キョル出版社の上司

まずはコ理事。

新刊を持ってきたダニに対して、コピーはどうだと感想を求めるシーン、イライラしてしまいました(笑)

ですが大人のダニ。

いくら上司とはいえ、間違っているやり方には物怖じせずにスパッと意見を言える姿がかっこよかったです。

しかも、変に嫌味ったらしい感じではないところが、大人だな〜と思い、尊敬しました。

いくら上司であっても、中身の立場がどちらの方が上なのかを感じさせるシーンでした!

次にマーケティングチームのチーム長であるヨンア。

勉強熱心なダニを見て、良い本を紹介してくれるという彼女。

優しそうに微笑む彼女を見ていたら、ダニの頑張りと才能がどんどん周囲に伝わり始めている!と思い、嬉しくなりました。

パク・フン

今回はあまり登場シーンが多くはなかったですが、個人的に触れておきたい人物なので少しだけ。(笑)

印刷所見学の帰りに会社の車を運転することになった彼ですが、張り切って立候補したものの、実は前日に免許を取りたてだったという超初心者ドライバー。

最終的にレッカー車に運んでもらうと言う結果になりましたが、仕事の役に立つと思って免許の取得に励んでいた彼、免許取りたてでも帰り道の運転を張り切って立候補した彼が可愛く見えて仕方なかったです(笑)

カン先生

ソンジュンにカン先生の引退を問われたウノですが、何か知っている様子でしたね。

しかもその後のダニとの会話で世間が見捨てても信じてくれるよね、という発言。

カン先生の引退とウノは関係しているであろうストーリーでした。気になります。

さいごに

ダニとウノの恋愛が進むどころか、関係がややこしくなるような人物が2人も登場してしまいましたが、更に楽しくなりそうな予感です!

また、カン先生とキョル出版社、ウノの関係も急に気になり始めてきた回でした。

4人の恋模様とカン先生の過去が暴かれるのを楽しみにしながら、5話に期待です♪


>>ロマンスは別冊付録5話ネタバレと感想!「3人の恋模様」

ロマンスは別冊付録はNetflixで配信中です!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる