ロマンスは別冊付録5話ネタバレとあらすじと感想!3人の恋模様

4話はこれから四角関係になっていく予感を感じさせるストーリーでした。

幼馴染、職場の上司、後輩、敵対視する相手…

それぞれの立場が複雑な分、四角関係もこじれていきそう・・!

今回は5話のあらすじと感想をまとめていきます!

ロマンスは別冊付録4話のネタバレはこちら↓

ロマンスは別冊付録4話のネタバレ

スポンサーリンク
もくじ

ロマンスは別冊付録5話あらすじ

新刊マーケティング会議

コ理事にコピー案を盗まれたダニだったが、それでも挑戦を続ける。

そんなダニのために、ウノは会議で意見を述べるアドバイスをした。

新刊マーケティング会議ではいつもコ理事とチーム長の言い合いになる。

それに巻き揉まれる周りが疲れてきたところで意見を述べるという作戦だ。

成功

結局会議は難航する様子。

ウノの助言通り、コ理事とチーム長の言い合いで会議が煮詰まってきたところでダニがプレゼンを始める。

これまでにない斬新なアイデアに周りからの評価もよく、ヘリンとダニがこのプロジェクトを任されることになったのだ。

片思い

ダニのフォローをしつつプロジェクトを任されることになったヘリンを褒めるウノ。

そこで夕飯を奢ってほしいとねだるヘリン。

2人は終業後に約束をしてヘリンは出版社を後にする。

しかしそんな時ウノにダニからの着信。

家に近くに美味しそうなうどん屋さんがあるから一緒に行こうという誘いだった。

ウノは急用ができたとヘリンに伝え、約束を延期することにする。

仕事帰りの外食

ウノとダニは約束のうどん屋で食事をする。

任されることになったプロジェクトをヘリンと遂行するダニは、彼女の性格を知っているため不安な様子。

もともと氷の女王と呼ばれていた彼女だが、ウノは有能でしっかりしているいい先輩だと答える。

彼女をかばう彼を見て、ダニは2人の関係をますます怪しいと思う。

家にあった下着がヘリンのものだと知っているダニは、2人は付き合っているのかと尋ねるのだ。

しかしウノが酔って訪ねた家はヘリンではないし、ヘリンが酔って家に来るのはおしゃべりをしにくるだけのただの先輩と後輩の関係だというのだった。

初任給

うどん屋を出た後、ダニは初めてのお給料を確認しようと記帳しに行く。

そこで目にしたのは元夫からの振込だった。

彼はウノに言われた通り、ダニにメールを入れ、娘の養育費を振り込んでいたのだ。

休日

お出かけをする約束をするウノとダニ。

恋人のように手を繋ぎ、休日を満喫するのだった。

会議

プロジェクトを任されたダニとヘリンは早速会議を始める。

ダニの考えが自分と似ている点が多いことから、彼女の才能を認め始めているようだ。

しかしそんな2人の楽しそうな会議の様子を見て不満そうなコ理事。

以前のように自分の仕事をするように伝え、クリーニングや郵便などの雑用をひたすら任せるのだった。まるでプロジェクトの進みを邪魔するかのように。

契約解除

そんな時、ダニとヘリンが進める新刊の作者が突然契約解除の通告をしてきたのだ。

作者の滞在しているペンションを訪れるダニとヘリンとウノ。

ペンションを留守にする彼の人情に訴えかけるように、3人は寒い中夜まで外で過ごすのだった。

ようやく帰ってきたところで、ダニの余計な一言を聞かれてしまい、ペンションにこもってしまう。

3人は一晩車の中で過ごすことになった。

翌朝ペンションを後にする作者を見つけ、3人は喫茶店で待つというメッセージを残す。

ようやく現れた彼に、出版直前に怖くなった自身の経験を話しながら共感するウノ。

その言葉に作者も心を開き、また発売に向けて動き出すのだった。

ダニの言葉

そこで作者は、昨晩のダニのことをウノに話す。

ウノとヘリンが車で寝ている中、ダニはペンションにいる彼に寄り添い、慰めていたのだ。

そんなダニの行動を知ったウノは、ますます彼女のことを愛おしく思っているようだった。

ヘリンの片思い

新刊が無事完成し、喜び合うダニとヘリン。

ヘリンがデスクに隠してあったお酒を2人で飲み、お祝いをしたのだ。

そこでヘリンの片思いの話を聞くことになる。

酔うと好きな人の家に行ってしまうという片思いの相手の真似をして、ヘリンも酔うと好きな人の家を訪れていたのだった。

その話を聞き、ヘリンはウノのことが好きなのだと確信したダニ。

好きな人

そんな中、ウノは元カノのアパレル店を訪れていた。

ダニへのプレゼントとしてバックを購入していたのだ。

そこで元カノはダニのことが好きなのかと尋ねる。

好きだという気持ちがあるが慎重になりすぎているウノ。

彼はダニとの関係を大切にしたいから、今までのように積極的になれないのだった。

目撃

ダニは帰宅しようとしているところで、ヘリンが訪れてきたところを目にしてしまう。

家に2人がいることで、帰宅できなくなってしまったダニ。

行くあてもなくバス停で途方に暮れていると、そこで偶然会ったのは傘さんだった。

ロマンスは別冊付録5話感想

今回はダニの才能が認められ、プロジェクトが任されるという喜ばしい出来事がありましたね!

それぞれの恋愛模様も面白かったので、あっという間に観終わってしまいました(^^)

新刊マーケティング会議

ウノのフォローもあり、ダニは業務支援チームにいながらも新刊のプロジェクトを任されることになりました!

この会議でもコ理事の性格の悪さがものすごく出ていました。

会議に参加したいというダニを拒否したり、ダニの意見を遮ったり。

個人的に「こっわ!」と思ったのが、ダニが意見を述べようとしている時にぼそっと「黙っていてほしいわ」とつぶやいたシーンです。

静かな会議中、もちろんみんなに聞こえています。

性格悪い。。。

ヘリンとダニ

2人でプロジェクトを任されることになり、ヘリンもダニの才能に気がついたようでした。

氷の女王と呼ばれていたヘリンですが、入社1ヶ月のダニを後輩としてではなく、仲間として見ているようで、嬉しくなりました。

しかしようやく距離が近くなった2人ですが、ヘリンにとっては恋のライバル。

今後ウノの気持ちを知った時ダニはどうするのでしょうか…。気になります。

帰り道

祝い酒を交わしたヘリンとダニですが、その帰り道にダニが目撃してしまったのが、ヘリンがウノの家を訪れているところ。

当然帰宅することができなくなったダニですが、そんな時に傘さんに会ってしまいます。

4人とも全員タイミングが良すぎる!

ごちゃごちゃしてしまいそうですが、楽しくなってきました!!

さいごに

ダニが途方に暮れているところで傘さんと再会しましたが、ここで5話は終わってしまいました。

きっとこの後2人は一緒に過ごすのでしょう。

関係がややこしくなるのが想像できます。(笑)

これまでのお話での恋愛は可愛らしい姿がほとんどでしたが、6話から一気に波乱の予感がします!

ダニとウノの関係が悪くなってしまわないか少し心配ですが、次回も楽しみです♪

6話のネタバレはこちら↓

>>ロマンスは別冊付録6話ネタバレあらすじと感想!四角関係に発展

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる