ロマンスは別冊付録8話あらすじネタバレと感想!ウノの気持ち

前回ソジュンとデートをした際に、ダニが自分の過去の話を打ち明けました。

しかし、それを聞いたソジュン。

タイミング悪く、しゃっくりが止まらなくなったり、水を吹き出してしまったりしてしまいます。

そんな彼の様子を見て落ち込んだ様子のダニ。

仲違いをしたように見えた2人でしたが、最後にはソジュンがプレゼントを持って現れたことで無事、仲直りしたようでした。

仲違いした2人を見て一度は安心した様子のウノでしたが、今後どうなっていくのでしょう。

8話のあらすじと感想をまとめていきます。


7話のあらすじはこちら↓

>>ロマンスは別冊付録7話ネタバレあらすじと感想!ソジュンの気持ち

スポンサーリンク
もくじ

ロマンスは別冊付録8話のあらすじ

仲直りした2人

プレゼントを持ってダニに会いに来たソジュン。

そんな2人の様子を見て家の中で落ち着いていられない様子のウノ。

しかしウノを気にせずソジュンは少し散歩しようとダニを誘う。

その途中、ウノが持って来た上着のポケットにカイロが入れられていたことにダニは気づく。

優しい時もあれば、冷たい時もある彼。

自分が辛いことがあっても、ウノが悲しむと思いいうことができなかった。

そう話すダニをソジュンは切ない表情で見つめていた。

ソジュンの告白

散歩の後、カフェに入った2人。

そこでソジュンは「3ヶ月だけ付き合ってみないか」と提案する。

「深刻に考えるのではなく、一緒に出勤して仕事帰りに食事をして帰る関係で。」

帰宅後にウノに報告するダニは嬉しそうだった。

30歳を過ぎてからの恋愛は難しく、最後のチャンスかもしれないと言うダニに対して、ウノは否定する。

ダニにキツイ言葉を浴びせてしまったウノは「苦しかった」そう言って自分の胸にダニの手を当てる。

ダニはウノの胸筋に驚いた様子で、「男らしい」とベタベタ触ってしまう。

そんな様子に我慢ができなくなったウノは、彼女を押し倒してしまう。

「俺だって男だ」

そう言って部屋に戻ってしまったウノに、ダニは動揺してしまうのだった。

新刊の担当

先日契約したユ先生の手書きの原稿をもって出勤したウノ。

その担当としてウノ、その補助としてダニが命名される。

人目に触れさせたくないため、部屋を借りて進めるように進めるコ理事。

しかしウノは「自宅でやる」そう伝えるのだ。

ウノと補助役のダニが家で仕事を進めることに顔をしかめる様子のヘリン。

クラブ

チーム長に誘われクラブに行くことになったダニ。

しかしそこは若者が多く、クラブに合わないからと入店を拒否される2人。

そこに現れたのは毛皮のコートを見にまとったコ理事だった。

2人を入店拒否したセキュリティが頭を下げるほど、常連の客だったのだ。

そんな彼女の連れと言われ、無事2人は入店することができたのだ。

コ理事

ステージ場でかっこよく踊る理事の様子を見て驚きながらも楽しむ2人。

会場中はそんな彼女を見て一体になって盛り上がっていた。

すっかり楽しんだ様子の3人は2次会をしようとコ理事の自宅に向かう。

女子会

家に着いた2人は部屋の汚さに驚きながらも、2次会を始める。

そこで2次会の間、タメ口を使わせてほしいと提案する。

その提案によってすっかり打ち解けた様子の3人。

彼女たちは自分の過去の話をし始めるのだった。

最近離婚したチーム長に続き、夫の浮気で離婚したことを打ち明けたダニ。

そして、結婚直前で逃げ出した過去があったことを暴露するコ理事。

お互いの悲しい話を共有し、これまでの上司と部下のような関係ではなく、純粋に女子会を楽しむのだ。

新刊の作成

自宅で仕事を進めることを決めたウノとダニは、早速新刊の作成を進める。

ダニはうとうとしてウノの肩に頭を寄せる。

ダニの様子を見て、唇に触れ、キスしようとするウノ。

そこに一通のメール。

目を覚ましたダニは果物を食べようにキッチンへと向かう。

キッチンから戻って来てウノを見つめるダニ。

ウノの肩に頭を寄せていた彼女だが、実は起きていたのだ。

少し楽になろうともたれた彼女は少し目を閉じただけだった。

ウノの行動を思い出し、動揺する様子のダニ。

ウノの気持ち

以前、月を見て綺麗だと話したことを思い出す2人。

「月が綺麗ですね」と言う言葉の意味を知っていた2人だが、ウノは改めてダニに「月が綺麗だと言った」そう伝える。

そして、初雪を見た今、「雪が綺麗だね」そう笑顔で言うウノを見つめるダニ。

彼女の頭に着いた雪を払おうと手を伸ばすウノだが、直前のウノの行動を思い出して避けてしまうダニ。

ダニは「私が好きなの?」そう尋ねる。

そんな彼女を見てウノは微笑むのだった。

ロマンスは別冊付録8話の感想

今回、ついにダニがウノの気持ちに気づき始めました!

というかまだ「もしかしたら…」と疑っている状態ですが!

2人の関係はこれから進んで行くのでしょうか。

ウノの行動と、ダニの気持ち次第ですね。

では、8話の感想をまとめていきます。

告白

ソジュンがダニに告白をしました。

まずは朝一緒に出勤して、帰りにご飯を食べて帰るだけの関係からと。

家に帰りウノに報告していた彼女は嬉しそうな様子でしたが、「ソジュンに告白されたこと」が嬉しいのではなく、「告白された」という事実が嬉しいように見えました。

若い頃に結婚したが離婚してしまった彼女、確かに30代の彼女が年下の彼から告白されたことは嬉しかったと思います。

ですがウノの気持ちを知っている私からしたら、最後のチャンスだと思わずに、本当にソジュンに告白されたことが嬉しかったのかをよく考えて欲しいなと思います。(笑)

しかし2人は翌朝から一緒に出勤するというデートを始めてしまうのです…。

女子会

クラブで盛り上がったダニ、チーム長、コ理事でしたが、仲の深まり方のスピードに驚きました(笑)

そして何よりコ理事!急に距離が近くなったように感じました!

職場でダニが色々な上司と仲良さそうに会話している様子を見て羨ましくなっていたのでしょうか。

そんなコ理事が今回は可愛く見えました。(笑)

それぞれの過去の悲しい話をして共感しあった3人でしたが、今後はコ理事も含め、関係が良くなっていくのではないかと思います!

ウノの気持ち

8話の最後ついに!

ウノの気持ちにダニが気づいたようです!!

寝ている隙にキスされそうになったけど、実は起きていたとは!(笑)

最後はすごく興奮しました!

そしてついに「私のことが好きなのか」と尋ねるダニですが、ウノが微笑んで8話は終わります。

さいごに

最後のウノの微笑みにはどんな意味が込められていたのでしょうか。

「ようやく気がついたね」という微笑みなのか、

「そんな訳ないでしょ」と気持ちを隠す微笑みなのか…。

…前者であって欲しいです。

次回、ウノの気持ちはダニに伝わるのでしょうか。

もし伝わった時、ダニはどう思うのでしょうか。

今後2人の関係が良くなっていくことを期待して、今回のまとめを終わります!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる