韓国版知ってるワイフ13話ネタバレあらすじと感想!嫌な予感がする…

12話では、ウジンの母親が実はタイムスリップしていたことを知ります。

そして、ジュヒョクとの関係を元通りにするために、ウジンは自分もタイムスリップすることを決意しました。

しかし、ウジンの為を思い一緒になることを阻止したいジュヒョク。

こうして2人は共にタイムスリップすることになるのです。

今回は知ってるワイフ13話のネタバレとあらすじ&感想をまとめていきます。

スポンサーリンク
もくじ

韓国版知ってるワイフ13話ネタバレあらすじ

タイムスリップした2人

ジュヒョクが目を覚ますと、そこはいつもと同じ12年前のベッドの上だった。

一方、ウジンの前に現れたのは遅刻を心配する母親。

2人は無事にタイムスリップできていた。

ジュヒョクを探すウジンと、絶対に見つかってはいけないと逃げるジュヒョク。

2018年ウジン

ウジンが再び目を覚ますと、2018年に戻っていた。

そしてそこにいたのは出勤の支度をする母親。

タイムスリップしたことで、現在の世界が変わったようですね。

2018年ジュヒョク

一方、ジュヒョクは目を覚ますとテントの中にいた。

どうやら彼は2か月間の休みをもらって、自分探しの旅に出ているようだった。

相変わらず支店のメンバーは変わらず、ジョンフとも親友のようですね。

戻ったジュヒョク

休暇を終え、仕事に復帰したジュヒョク。

終業後にジョンフと訪れたのは、サンシクが経営するキッチンカーだった。

相変わらず親友であるサンシクも、彼のことを歓迎していた。

その帰り道ジュヒョクがタクシーに乗ると、運転していたのはある人物だった。

楽しそうな3人の様子を見てホッとしました。

本社

ジュヒョクは用があり、本社に来ていた。

そこはウジンの今の勤務地だった。

ウジンの姿を見たジュヒョクは、彼女にバレないようにと気を遣いながら用を済ませる。

果たして逃げ切ることはできるのでしょうか…

接触

ある日、本社に来ていたカヒョン支店のチャ支店長。

そこでウジンはテラーの仕事に興味があると言って支店長に接触していた。

もう、どうなるか分かりますよね!

母親

ウジンは、母親と寝る前の晩酌を楽しんでいた。

タイムスリップする前の母親は認知症で、ウジンは毎晩薬を飲ませていた。

しかし今、こうして一緒にお酒を飲んでいることを幸せに感じている。

お父さんは亡くなってしまっていましたが、よかったですね。

嫌な予感

お昼にジョンフと屋上で休憩していたジュヒョク。

手が当たってしまい、ベンチに置いてあった瓶を落として割ってしまう。

この時、ジュヒョクはなんとなく嫌なことが起こる気配を察知していた。

ジュヒョクの予感は当たってしまうのでしょうか。

韓国版知ってるワイフ13話ネタバレ感想

無事に2人揃ってタイムスリップできたジュヒョクとウジンでした。

何度も経験しているジュヒョクは、いつもの光景に慣れている様子。

一方、初めてタイムスリップをしたウジンは驚きつつも喜んでいました。

2008年に戻ったウジン

目を覚ましたウジンは、まず父親の存在を確認します。

ちょうど今日から出張に行ってしまうという父親。

昔、その出張中に倒れてしまい、亡き人になってしまったそうです。

なんとしてでも出張を阻止しなくてはいけないウジンは、急いで空港に向かいました。

無事、父親の出張を阻止して健康診断を受けさせることに成功しました。

空港を出ようとしていた時、女性ともめている男性を目にします。

見たことがある人物…なんとジョンフだったのです!

きっと相手の女性はジョンフの結婚相手となる人でしょう。

ここで偶然ジョンフに会うとは!
面白い運命ですね。

ジュヒョク探し

空港を出たウジンは、大学に向かいます。

そこでサンシクに会い、ジュヒョクの家まで案内してもらいます。

しかしその途中、サンシクからの電話を受けてジュヒョクは家を抜け出します。

必死に逃げるジュヒョクと、そんな彼を追いかけるウジン。

ジュヒョクを追いかけて飛び出したウジン。

そんな彼女の元に迫ってくる1台のバイク。

ジュヒョクはウジンに駆け寄り、一緒に道路に倒れこみました。

このバイク、以前も出てきましたよね。タイムスリップから元の世界に戻るきっかけのようですね。

2018年に戻ったウジン

ジュヒョクと倒れこんだウジン。

目を覚ますと2018年に戻っていました。

横には仕事に行く支度をしている母親がいます。

タイムスリップをして過去を変えたことで、母親は認知症を患わずに働いているようです。

ウジンは銀行の本社勤務のようです。

2018年に戻ったジュヒョク

ジュヒョクが目を覚ますと、テントの中にいました。

携帯に入っている友達や家族からのメッセージを見て、自分が旅に出ていたことを知ったようです。

翌日、ジュヒョクは休暇を終え銀行に戻りました。

いつでもカヒョン支店は温かい雰囲気で楽しそうな職場です。

タクシーの運転手

戻って来たジュヒョクを歓迎するジョンフとサンシク。

お酒を飲んだので、帰り道にジュヒョクはタクシーに乗ります。

走り出した時に横を見ると、運転手はあの地下鉄のおじさんだったのです。

昔の奥さんは今どんな人生を歩んでいるかと聞かれ、ウジンのことが気になったジュヒョク。

本社に電話を掛け、ウジンが在籍していることを知りました。

きれいな恰好をして運転手さんをしているおじさんを見て、安心しました。

本社を訪れたジュヒョク

ある日、ジュヒョクは用があって本社を訪れます。

ウジンがいることを知っていたジュヒョクは、彼女に遭遇しないようにと注意しながら用を済ませます。

しかし、あっさりとウジンに見つかってしまうのです。

ウジンはそこで絶対に諦めないという意思を伝えます。

また会える。

というウジンの言葉がとても力強かったです。

何としてでもジュヒョクとの関係を修復させそうですね。

異動の意思

ある日、本社にカヒョン支店長が来ていました。

そこで、ウジンはお得意のギャグで支店長に近づきます。

ギャグ好きの支店長はすっかりウジンのことを気に入ったようです。

カヒョン支店のテラーとして働きたいという意思を支店長に伝えます。

元々、支店内では融資を募集するという話になっていましたが、もしかしたらウジンが任命されるかもしれませんね。

ウジンはとても世渡し上手な感じがします。

嵐の予感

ジョンフと休憩していたジュヒョクは、ガラス瓶を落として割ってしまいます。

そこでジュヒョクは、なんとなく嫌な気配を感じます。

予感は見事的中。

その頃、全員分のコーヒーを持ったウジンがカヒョン支店に来ていたのです。

ウジンの執念深さ…すごいですね!元通りになれるように頑張ってほしい!!

さいごに

タイムスリップ。

全部が成功!とはなりませんが、ウジンがお母さんとお酒を飲んでいるシーンを見て「よかったな~」と思いました。

お母さん、今ではバリバリに働いていましたもんね。

そして、ウジン。

ジュヒョクとの関係を元通りにさせるためにこれからどう奮闘してくのか、楽しみです!

次回のあらすじはこちら

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる