【韓国】知ってるワイフ8話ネタバレあらすじと感想!そばにいるジュヒョク

車の中にいたウジンとジョンフがキスしそうなところを目撃してしまったジュヒョク。

ジュヒョクは急いで銀行に向かい、タイムスリップした時に使った2006年製の500ウォン硬貨を探しだし、例の料金所を目指します。

ジュヒョクは再びタイムスリップできるのでしょうか…!

今回は韓国版知ってるワイフ8話のあらすじネタバレと感想をまとめていきます!

知ってるワイフはネットフリックスやU-NEXT、dTVで配信中♪

おすすめはU-NEXTです^^理由はこちらにまとめています◎

スポンサーリンク
もくじ

知ってるワイフ8話ネタバレあらすじ

⇒7話のネタバレ感想はこちら

おじさん

硬貨を手にしたジュヒョクは、タイムスリップした料金所を目指す。

しかし、何度試してもたどり着けない。

ジュヒョクは地下鉄のおじさんを探しに駅に向かう。

そして、トイレの用具入れでようやくおじさんを見つけ出した。

再びタイムスリップしたいというジュヒョクの願いはかなうのでしょうか。

心機一転

朝、出勤前のジュヒョクは掃除機をかけていた。

機嫌が良さそうなジュヒョクを見て、ヘウォンも気分が良いようだ。

またその日の勤務中、翌日が父親の命日だというウジンの買い出しに付き添って来い、と言ってジョンフの残業を引き受けた。

ジュヒョクはタイムスリップして変わってしまった現実を急に受け入れたようです…。

消えたウジンの母

父親の命日の朝、ウジンが目を覚ますと横に寝ているはずの母親の姿がない。

1日中思い当たるところを探したが、結局見つからなかった。

お供えのお酒を持って、ウジンの家を訪れたジュヒョク。

ちょうど、途方に暮れて帰ってきたウジンを見つけた。

なんだかんだ、ウジンがピンチの時にジュヒョクがそばにいることが多いですね。

母親探し

捜索願いを出しに、ウジンと警察署に来たジュヒョク。

警察からの連絡を待つことしかできない不安な状況で、ジュヒョクはある方法を思いついた。

SNSを使い、ウジンの母親の写真を拡散したのだ。

1日経っても見つからなかったウジンの母親は見つかるのでしょうか。

無料給仕場

SNSに情報提供があった空港に向かうが、そこにいた女性は母親とは別の人だった。

期待して来ただけに、ショックで座り込んでしまうウジン。

そこにもう一つの情報提供が届いた。

ホームレスを対象に行っている無料給仕場での目撃情報だ。

疑いながらも給仕場に向かうと、ボランティアをしている母親を発見した。

昔、亡くなったウジンの父親と一緒にここでボランティアの活動をしていたそうです…

ゼロ

ウジンと母親を送った帰り道、ジュヒョクはウジンにある話をした。

  • ゼロは掛け算では全てをゼロにできる
  • でも足し算では何もできなくなる
  • ゼロは足し算を愛している

これは昔、学生時代にウジンがジュヒョクに言った言葉だった。

そして

  • このことを教えてくれた女性はもういないこと
  • 大切にすればよかったと思っていること

ジュヒョクは後悔し謝りたいと思っていることをウジンに話した。

元妻であるウジンに伝えたかったジュヒョクの想いが、ウジンにしっかり伝わっているように見えました。

着信

一夜明け、自宅に戻ってきたジュヒョク。

ヘウォンには役員の母親が亡くなったと嘘をついていた。

ジュヒョクがシャワーを浴びていると、ジュヒョクの携帯が鳴った。

ちょうど洗濯物を取りに来ていたヘウォンが携帯を手に取ると、ウジンからの着信だった。

ヘウォンが出ると、「ご飯を食べていけばよかったのに」と言うウジンの母親。

ウジンのお母さん、横で寝ているウジンの携帯を借りて電話を掛けていたようです。

ウジンの母親の言葉を聞き、不審に思ったヘウォンはジュヒョクの車に向かう。

ナビの履歴を確認すると、葬儀で行くと言っていた「サンジュ」の履歴がない。

さらにヘウォンはドライブレコーダーを確認してしまう。

証拠が完璧にそろってしまいました…。

知ってるワイフ8話ネタバレ感想

もう一度過去に戻りたいと願うジュヒョク。

そんな時にウジンの身に起こるピンチ。

元妻を助けたいと思うばかりに、ヘウォンに嘘をついてしまったジュヒョク。

そんなドキドキの8話でした。

もう一度タイムスリップしたい

ジュヒョクは500ウォン硬貨を見つけ出して例の料金所に向かいますが、何度目指してもたどり着くことができません。

気候の問題なのか、時間帯が問題なのか…

何かの条件がそろう時でないと現れない料金所なのでしょうか…

地下鉄のおじさんを思い出して駅に向かったジュヒョクはおじさんを見つけますが、

「こうなってしまったのも運命だ。受け入れろ。」と言われてしまいます。

そう言われたのをきっかけに、ジュヒョクは変わったのですね。

今生きているこの世界を受け入れたようです。

地下鉄のおじさん、キーパーソンですね。
もしかして彼もタイムスリップの経験者…?

ウジンを助けたい気持ち

父親の命日にいなくなってしまったウジンの母親。

ウジンは相当心配していました。

給仕場でお母さんを見つけた時、駆け寄って抱きしめたウジンに続き、

「心配していたんです」と言って抱きしめたジュヒョクが印象的でした。

過去を変えてしまったとはいえ、つい最近まで家族だった人ですもんね。

ジュヒョクに抱きしめられる母親を見たウジンは、やはり自分と繋がる何かがあると思っているような表情でした。

やっと伝えられた言葉

母親を送った帰り道、ジュヒョクはウジンに過去の話をします。

今はもう自分の元から去ってしまった女性、

もう会うことのできないその人に伝えたかった、

「ごめんね。」

という謝罪に言葉。

それは目の前にいるウジンに伝えたかった言葉でした。

ようやく伝えることのできた謝罪。

自分のことではないと思いながらも、ウジンにはものすごく響いているようでした。

ジュヒョクと別れて背を向けた後のウジンの切ない表情が忘れられません。
ここは本当に切なくて涙が出ました。

ヘウォンにばれた嘘

葬儀に行くと言ってウジンと母親を過ごしたジュヒョクですが、

ウジンの母親が掛けてきた電話がきっかけでヘウォンに嘘がばれてしまいました。

ナビの履歴の次にヘウォンが確認したのは、ドライブレコーダー。

そこでウジンとジュヒョクの昨晩の会話を聞いてしまいます。

ウジンの母親を探していたとはいえ、嘘をついてウジンと一晩を過ごしたジュヒョク。

ヘウォンの反応が怖いです…。

ヘウォンもヒョンスのことを気にしているので、お互い様のような気がしますが…(笑)

知ってるワイフ8話ネタバレあらすじと感想!
さいごに

人一倍嫉妬深そうなヘウォンに、嘘がばれてしまいました。

言い逃れのできない証拠。

ジュヒョクはこの状況をどう説明するのでしょうか…

知ってるワイフ9話の感想はこちら

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる