椿の花咲く頃10話ネタバレあらすじと感想!燃え上がる恋

ヨンシクを心の支えに一回りたくましくなったドンベク。

ジョーカー事件へ逃げずに立ち向かう決意をする。

そんな健気なドンベクが愛おしくて仕方がないヨンシク。

2人の恋はますます燃え上っていきそうな予感…!?

そしてボヤ事件現場に残されていた緑のライター。

気になるキャットフード…。

事件の進展はいかに!?

それでは気になる第10話のあらすじをみていきましょう!

スポンサーリンク
もくじ

椿の花咲く頃10話ネタバレあらすじ

前回9話の感想はコチラ

好きなように生きる!

ヨンシクという頼れる強い味方ができたドンベク。

今までより生き生きとした様子に。

「残りの人生は好きなように生きていく!」と宣言する。

人目を気にせず自分の好きな服を着て、思うままに行動するようになっていた。

また、唯一自分をさらけ出すことの出来るヨンシクへの想いも燃え上がっていたのだった。

ドンベクが元気で前向きな姿が見られて嬉しいです!
これもヨンシクのおかげかな~!

続くボヤ事件

地元の繋がりを駆使し、捜査に精を出すヨンシク。

5年前の事件現場でもボヤ事件が起こる。

そこでヨンシクは、またしても「緑色のライター」と「キャットフード」を見つける。

町中でネコを見かけないのにキャットフードが置かれていることを不審に思うヨンシク。

また、防犯カメラが取り外された不自然な跡も発見する。

そして実は5年前、ジョーカー事件が起きる前にも連続放火事件が起きていたことも明らかに…。

続くボヤ事件…5年前と同じく、この後何か悪いことが起きる前兆なのでしょうか…!?

ジョンニュルとピルグの親子関係

居合わせたジョンニュルは、心配でピルグを慰めようと必死になる。

ジョンニュルが父親だと勘付いていたピルグ。

ジョンニュルに自分の素直な思いを伝える。

  • 今まで存在を全く知らなかったから恋しくなかったこと
  • 野球で活躍し裕福なスーパーマンのジョンニュルが、どうしてドンベクを1人にしたのか理解できないこと
  • ドンベクを何度も泣かせたから好きになれないこと
  • スーパーマンのお父さんであってもいらないと思っていること

ジョンニュルは涙を流し、8歳のわりに大人び過ぎているピルグに胸を痛める。

子どもらしく思うままに生きて欲しいと願うのだった。

本当にピルグは8歳とは思えないしっかり者ですね!
たくさん苦労してきたからだと思うと切ないです…。

オンサンに通うジョンニョル

ヒャンミの策略で、ジョンニュルがオンサンに通っていることが噂に…。

噂とナビの履歴からジョンニュルを怪しむ妻ジェシカ。

ジェシカはオンサンを訪れドンベクとピルグの存在を知ることに…!

ついにジェシカにドンベクとピルグのことが知られてしまいました…
何だかややこしくなりそうな予感。

良い人だったヨンシクの変化

ドンベクとジョンニュルが2人きりで外出。

「今までずっと恋しくて手放したことを後悔していた」と告げるジョンニュル。

ドンベクへやり直そうと再び迫っていた。

一方、2人の関係性が気になりながらも、健気にドンベクの帰りを待っていたヨンシク。

自分のモヤモヤする気持ちに正直になろうと、ついに2人のもとに駆けつける。

そしてヨンシクはジョンニュルに「ドンベクは自分のものだ」と堂々と宣言。

  • 今後一切、2人で食事へ行ったり外出しないで欲しいこと
  • 今まではピルグの父親として尊重してきたが、もう遠慮はしないこと
  • 自分は嫉妬深い男で、今はドンベクの「恋人」であること

ヨンシクはもう「お人好しの良い人」はやめようと決心するのだった。

今まで良い人であろうとして嫉妬を隠してきたヨンシクがついに爆発しました!
そんな姿も可愛らしいです!

深まる謎

何かを抱えこんでいる様子のヒャンミ。

キャットフードを置く人物と話をしている様子も…!?

そして明らかになった謎の遺体の本名「チェ・ゴウン」。

一体誰なのでしょうか!?

椿の花咲く頃10話ネタバレ感想

ここからは椿の花咲く頃10話の感想をネタバレありでまとめています。

ドンベクとヨンシクの変化

心の支えとなるヨンシクの存在のおかげで、生き生きとした様子のドンベク。

笑顔も増えて明るくなった気がします!

以前のどこか悲しげなオーラもなくなって、とっても可愛らしい^^

やっぱり傍に頼れる大好きな人がいてくれたら全然違うんだろうな~^^

何だかとっても幸せそうなドンベクが見られて嬉しい限りです!

一方、今までは「お人よしの優しい人」だったヨンシク。

ついにジョンニュルへのモヤモヤした嫉妬を前面に出してきました~!

今までの「良い人」なヨンシクもよかったけど、嫉妬する気持ちも素直に伝えるヨンシクは男らしくて良かったです!

ゆっくりと温めていこうと言っていた2人の恋ですが、最近は何だかとっても燃え上っていますね^^

お互いの信頼感もますます増していて…見ててとっても幸せな気持ちになります!

2人ともどんどん素の自分を出していってますね!
信頼し合ってる証拠だろうな~!

ピルグの想い

父親であるジョンニュルへ自分の素直な気持ちを伝えたピルグ。

まだ8歳なのに、なんてしっかりしてるんだ~と驚いてしまいました!

小さいのに色んなこと考えて、複雑な思いでいっぱいなんだろうな~と思うと胸が痛みます><

お父さんはいらないと言っていましたが、やっぱり父親の存在をどこかで求めてる部分もあるんだろうな~。

ジョンニュルはピルグを心から大切にしている様子なので、今後2人の距離が少しずつでも縮まっていくといいな^^

ジョンニュルの妻にピルグの存在を知られてしまったので、その辺りも少し心配です。

続く怪しいボヤ事件

5年前のジョーカー事件の前にもボヤ事件が起きていたことには衝撃でした!

絶対この後、何か起こってしまうんじゃ!?と思わずにはいられません。

手がかりである緑のライターとキャットフードには引き続き注目していきたいです!

ヒャンミがキャットフードを置く人物と話をしている場面もありました。

普通に話していたので、やっぱり町の人なんだろうな…。

この人がジョーカー事件と関係するかは分かりませんが、誰なのか早く明らかになって欲しいな。

椿の花咲く頃10話ネタバレあらすじと感想!まとめ

ジョンニュルへの嫉妬心をついに露わにしたヨンシク。

身の周りで色んなことが起きているにもかかわらず、ヨンシクのおかげで幸せいっぱいのドンベク。

2人の絆はますます強くなってきているようですね^^

2人の燃え上ってきた恋の行方にも引き続き目が離せません!

そして立て続けに起こる不吉なボヤ事件…。

何かを抱えている様子の従業員ヒャンミや認知症なはずのドンベクの母ジョンスク。

彼らの動向や思惑にも一緒に注目していきましょう!

11話ネタバレはこちら

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる