椿の花咲く頃最終回あらすじネタバレと感想!穏やかな幸せ

椿の花咲く頃最終回のネタバレあらすじと感想を紹介!

母親の深い愛情を知ったドンベク。

病院に搬送された母ジョンスクのもとへ駆け付ける。

一命はとりとめたものの危険な状態のジョンスク…。

ジョンスクを救うべくオンサンの町人たちが立ち上がる…!?

奇跡は起きるのか!?

また、フンシクの父親が捕まり解決したかと思えたジョーカー事件。

真犯人は別にいた…!?

それでは椿の花咲く頃最終回のネタバレあらすじをみていきましょう!

スポンサーリンク
もくじ

椿の花咲く頃最終回ネタバレあらすじ

前回19話のネタバレ感想はこちら

真犯人は…!?

再びフンシクの父親のもとを訪れたヨンシク。

そこでなんとジョーカーは息子のフンシクであることが明らかに…!

息子を止めることの出来なかった父。

涙ながらに真実を打ち明ける。

  • フンシクは幼少の頃から猫を拾ってきては命を奪っていたこと
  • そんなフンシクを叱っても全く心に響かないこと
  • フンシクの暴走を止めるべく5年前わざとビルから落下し、歩けないふりをしていたこと
  • フンシクのノートからカメリアの出前チラシと不気味なメッセージを見つけたこと
  • そのため、ヒャンミの事件には自分も同行していたこと
  • 息子を育てた自分が責任をとらなければいけないと思っていること

完全にジョーカー事件は解決したものかと思っていました!
フンシクが真犯人だったとは衝撃です!

勇敢なドンベク

町の人から厄介者扱いをされるフンシク。

煙たがられていた昔の自分と重なるドンベク。

ドンベクはフンシクを店へ連れて行き昼食をふるまう。

いつもフンシクへサービスをするドンベクに対し、不快感を抱くフンシク。

「自分のことを哀れんでいるのか」と怪訝そうな表情を見せる。

興奮しているのか咳き込み始めるフンシク。

5年前にドンベクが唯一の目撃者となったジョーカー事件。

ドンベクは当時耳にした特徴のある咳であることに気づく。

フンシクがジョーカーだと確信したドンベク。

帰宅中のフンシクの頭に後ろからヒャンミのジョッキを勢いよく振り下ろすのだった。

居合わせた町の女性やちょうど駆けつけた警察官たち。

みんなで一丸となりフンシクを押さえにかかるのだった。

何とも勇敢なドンベク!
以前より確実にたくましくなっている気がします。

フンシクの闇

ついに捕まり刑務所に入ったフンシク。

フンシクはヨンシクを呼び出し、反省の様子を見せるどころか挑発的な態度をとる。

  • 純真なヨンシクのことが気に入らない
  • 自分が起こした事件は6件ではなく5件である
  • 1件は模倣犯によるものであり、自分のような人間はどこにでもいる

薄気味悪い笑みを浮かべるフンシク。

そんなフンシクに対し、ヨンシクは堂々と立ち向かう姿勢を見せるのだった。

  • 悪人はそんなにいないが善人は多くいる
  • 悪人はどうあがいても、頭数で善人に勝てない
  • 優位に立っているのは我々善人である

全く反省の色も見えないフンシク…恐ろしいです。

増える味方

ジョンスクのいる病院へヨンシクの母トクスンが駆けつける。

ピルグのことを今や自分の子のように接しているトクスン。

ヨンシクとの別れを選択したドンベクに温かい言葉をかけるのだった。

  • 母が幸せでいてこそ子どもも幸せである
  • 自分のせいで母の人生が犠牲になったと分かれば子どもの心のしこりになる
  • 自分の人生を生きて欲しい
  • ドンベクを家族として受け入れる

ドンベクは思ってもみなかったトクスンの言葉に感極まり涙するのだった。

一方、危険な母を前に憔悴するドンベク。

遠慮して遠くからもどかしい気持ちで見守るヨンシク。

そんなヨンシクへピルグは「家族ならスグに近くへかけつけるべき」と声をかけるのだった。

ついにトクスンもピルグも2人の仲を認めてくれたようですね!

奇跡は起きる!?

ジョンスクを救おうと一致団結する町の人たち。

ジョンスクをソウルの名医のもとへ緊急移送し、腎臓移植にも成功。

奇跡的にジョンスクは再び目を覚ますのだった。

一致団結したオンサンの町人たち。オンサンは本当に温かな町ですね!

事件後のオンサン

ジョーカー事件が無事に解決。

ジョンスクは町の人のおかげで奇跡的に助かり、再びドンベクのもとで暮らす。

また、夫婦関係に亀裂が入っていたジョンニュルと妻ジェシカ。

スキャンダル事件をきっかけに再び夫婦として向き合っていく。

離婚が既に成立したギュテと妻ジャヨン。

お互い忘れかけていた相手への恋愛感情を思い出すことに…。

そして恋の障壁がなくなったドンベクとヨンシク。

ついに結ばれ温かな町オンサンで穏やかな生活を送るのだった。

数年後大きくなったピルグ。

立派な野球選手となり夢であったメジャーリーグへ進出する…!?

みんなそれぞれ問題を乗り越え前向きに進んでいるのですね!

椿の花咲く頃最終回ネタバレ感想

ここからは椿の花咲く頃20話の感想をネタバレありでまとめています。

まさかの真犯人

フンシクの父が捕まり、解決したかと思っていたジョーカー事件。

まさか最後までどんでん返しがあるとは思いませんでした。

真犯人はフンシクだったとは衝撃です!

根本的に歪んだ性格のフンシク。

どうしてあんな風になってしまったんでしょうか!?

生まれつきの性格なのか育て方なのか…色々と考えさせられます…><

自分みたいな人間はたくさんいると話すフンシク。

「絶対的に人数の多い善人が必ず勝つ」と言い放つヨンシク。

最後までブレないヨンシクの正義感!

カッコ良かったです。

そして純粋で根っからの善人なところがヨンシクは本当に素敵!

フンシクの父も、どうしてもフンシクを制御することが出来なかったんだろうな…。

ついに結ばれた2人

泣く泣く別れを選択したドンベクとヨンシク。

ネックとなっていたヨンシクの母とピルグがついに2人の仲を認めてくれました!

良かった~^^

トクスンからドンベクへの言葉の数々…本当に素敵なことばかり言っていました。

とっても胸に染みます。

子どもって親が思っている以上に親のことよく見てるんですよね!

子どもを幸せにするためにも、自分が幸せに暮らすことは本当に大切だと思います。

最後まで心が温かくなるような2人の恋愛模様。

見ていて本当にほっこりしました^^

ドンベクとヨンシクが幸せになれて本当によかった~!

温かい町オンサン

ジョンスクを救うため一致団結したオンサンの町の人たち。

さすが家族同然の町ですね^^

本当に絆が強い町なのだと改めて感じました。

今まで孤独な思いをたくさんしてきたドンベク。

これからはオンサンでたくさんの「家族」に見守られて幸せに暮らして欲しいな~。

最後まで町のつながりの強さを見せつけられました!

それぞれの未来

オンサンの町の人たちやジョンニュルの家族。

みんなそれぞれが問題を抱えながらも前向きに乗り越えようとしています!

人生色々なことがあるけど、みんな一生懸命生きているんだな~。

そんなことを最後にしみじみと感じさせられました。

私もまだまだこれから長い人生…前向きに頑張っていきたいです!

椿の花咲く頃最終回ネタバレあらすじと感想!まとめ

フンシクの父が逮捕され無事に解決したと思われたジョーカー事件。

真犯人はフンシク!

また、温かな町オンサンの人々が一致団結。

ドンベクの母ジョンスクを危篤状態から救う。

ドンベクとヨンシクの仲をついに認めた母トクスンとピルグ。

ドンベクとヨンシクは何の障壁もなくなり、結ばれることに…^^

無事に事件も解決し、ようやく平和が訪れたオンサンの町。

今まで苦労ばかりで孤独を感じてきたドンベク。

これからはたくさんの温かな「家族」に囲まれて幸せに暮らしていって欲しいです!

そして最後までハラハラドキドキだった「椿の花咲く頃」。

最後の最後まで心温かな気持ちにさせられるドラマでした。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる