椿の花咲く頃12話あらすじネタバレと感想!可哀そうな子犬

過去を知る男の登場で絶望感を抱くヒャンミ。

そんなヒャンミを体を張って守るたくましいドンベク。

ヨンシクとピルグの間に少しずつ芽生える絆…。

そしてついに事件の糸口となりそうな「キャットフード」の男の正体が明らかに…!?

それでは気になる第12話のあらすじをみていきましょう!

スポンサーリンク
もくじ

椿の花咲く頃12話ネタバレあらすじ

https://platform.twitter.com/widgets.js

前回11話の感想はこちら

可哀そうな子犬

有り金を全て海外送金するヒャンミ。

実は海外にいる弟へお金を援助していた。

再び弟から3000万円を要求され、ジョンニュルや妻ジェシカへお金をゆするヒャンミ。

そんなヒャンミにギュテには珍しく説教をする。

  • ヒャンミは誰からも愛されない子犬
  • 本当に愛されたかったら生き方を改めるべき
  • 不運という点ではドンベクと似ているが、常に「義理」を優先させるドンベクとは全然違う

今まで色んな人へお金をせびってきたヒャンミ…。
全て弟のためだったんですね。

キャットフードの男

キャットフードを置く男はヨンシクの30年来の知人フンシクだった。

ネコ好きで腹の読めない金物店の息子フンシク。

毎日カメリアに来店していることも明らかに…。

店のお客からライターを盗む癖のあるヒャンミ。

ヨンシクはその中から大量の「緑色のライター」を見つける。

また、以前カメリアの壁にあったライターの焦げ跡。

ヒャンミは「友達」の家の机で同じような焦げ跡を見た話すのだった。

ヒャンミの「友達」とは一体誰なのでしょうか!?

母トクスンの忠告

ピルグの父親とドンベクが未だに繋がりがあることを知ったヨンシクの母トクスン。

ジョンニュルに見下されたような発言をされるヨンシクを目の当たりにする。

ドンベクとヨンシクの恋仲を今まで黙認してきたトクスン。

ついに我慢できずドンベクに忠告をする。

  • もうこれ以上ヨンシクを苦しめないで欲しいこと
  • いばらの道を歩もうとするヨンシクを母として放っておけないこと
  • 今後一切関わらないでほしいこと

ドンベクはヨンシクへの気持ちを抑えられなかったことを涙ながらに謝罪するのだった。

ついにトクスンにハッキリと反対されてしまいました…。
今後2人の関係はどうなっていくのでしょうか?

ヒャンミと弟

金銭的に追い詰められたヒャンミ。

ジョンニュルがドンベクへ渡した多額の現金をついに盗んでしまう。

弟のためを思い留学費用から家賃、生活費まで面倒をみていたのだった。

海外へ送金後、家族の傍に行こうとするヒャンミ。

しかし弟から突き放されてしまう。

弟のために死に物狂いでお金を集めてきたヒャンミ。

拒絶されても、幼少期から苦労を共にした弟の幸せを願い1人涙を流すのだった。

弟に突き放されても幸せを願うヒャンミ…胸が痛いです。

ヒャンミの懺悔

弟のもとにも行けず、行くあてのないヒャンミ。

再びカメリアのドンベクのもとへ足を運ぶ。

お金を盗んだことを知りながらも何も聞かない懐の深いドンベク。

ヒャンミは「お金は何としてでも返す」と涙ながらに誓う。

そして「私のことを忘れないで欲しい」と話すのだった。

ヒャンミを責めないドンベクは本当に心優しいですね。

夜の配達

ドンベクの代わりにヒャンミが夜の配達へ向かう。

帰りの遅いヒャンミを心配するドンベク。

そこに怪しい電話がかかってきて…!?

帰りの遅いヒャンミと怪しい電話…ヒャンミは無事なのでしょうか!?

椿の花咲く頃12話ネタバレ感想

ここからは椿の花咲く頃12話の感想をネタバレありでまとめています。

ヒャンミとドンベク

ヒャンミが今まで色んな人にお金をゆすっていた理由がようやく分かりました!

小さな頃から苦労を共にした弟のためだったんですね!

弟と母の近くに居たいだけなのに、拒絶する弟の態度…。

ヒャンミがしてきたことにはもちろん問題はあるけれど、ヒャンミが可哀想になってしまいました…。

一方、ヒャンミがドンベクのお金に手をつけてしまったのに問いたださないドンベク。

何て懐が深いんだ!と感心してしまいました^^

こういう所がみんなを魅了する魅力なんだろうな~!

ドンベクのことは心から慕っている様子のヒャンミ。

これからは心を入れ替えてドンベクの傍で「家族」として暮らしていったらいいのにな~!

普段は気丈なヒャンミが涙を流す場面には胸が痛みます。

雲行き怪しい!?ドンベクとヨンシクの恋

今まで賛成はしてないものの黙認してくれていたヨンシクの母トクスンがついに爆発してしまいました。

たしかに自分の息子が想い人の元夫に蔑まれていたら頭に来ますよね。

ドンベクも親友として慕っているトクスン。

トクスンにハッキリと反対されたら、ドンベクも今までのようにはいかないはず…。

ドンベクはヨンシクに距離をおくようになってしまうのではないかと心配です。

今まで順調に育んできた2人の恋ですが、雲行きはいかに!?

今後の2人の恋模様にも引き続き注目していきましょう!

事件の行方

キャットフードの男の正体が明らかになりました!

ヨンシクの昔からの知人のようですが、フンシクは何を考えているのか分からず怪しい雰囲気…。

緑色のライターがカメリアに大量にあったり、フンシクが毎日来店していたり…。

何だか疑いたくなってしまうのですが、ジョーカー事件に繋がっていくのでしょうか!?

また、ヒャンミがライターの跡を見つけたという「友達」は誰?

これが一番キーポイントになる気がしますが、ヒャンミが配達から帰宅しないという不穏な空気…。

無事に帰宅することを願うばかりです!

今後も事件の展開から目が離せません!

椿の花咲く頃12話ネタバレあらすじと感想!まとめ

ついにドンベクのお金に手を付けてしまったヒャンミ。

ショックなはずなのに、何も理由を聞かず責め立てることもしないドンベク。

ヒャンミは今後ドンベクの傍で心新たに生きていくことはできるのでしょうか!?

今まで順調に温めてきたドンベクとヨンシクの恋。

ここにきて初めてハッキリとトクスンに反対されてしまいました。

今後の2人の恋の障壁となってしまうのでしょうか!?

そして次第に繋がってきた数々の手がかり…ジョーカー事件の行方は!?

13話のネタバレ感想はこちら

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる