海街チャチャチャ2話ネタバレとあらすじ感想!新生活と思わぬ壁

ソウルで歯科医として働いていた現実主義のヘジン。

院長に反発して仕事を辞めたヘジンは、思い出の田舎町コンジンを訪れます。

しかし、不運が重なりソウルへ帰れなくなってしまいました。

そんなヘジンを、コンジンでは誰もが知る万能ニート・ドゥシクが手助けします。

トラブルが解決し、ようやくソウルへ帰宅できると喜んでいた矢先。

前勤務先の院長からヘジンへ土下座を要求する電話が!

ソウルで歯科医をするのは無理だと悟ったヘジン。

ヘジンは歯科医が1つもないコンジンで開業することを決意して…!?

「海街チャチャチャ」2話のあらすじやネタバレを含む感想をみていきましょう。

スポンサーリンク
もくじ

海街チャチャチャ2話あらすじ

ヘジンは金人での開業を決意する。

ドゥシクや統長の手助けでトントン拍子に話は進み…。

無事に開業場所や住む場所が決まるのだった。

早速コンジンへ引っ越してきたヘジン。

開業する医院の宣伝も兼ねて、町の敬老会へ参加することに!

田舎町らしく地元の人たちで盛り上がる敬老会。

町の人たちはヘジンを温かく歓迎してくれた。

しかし、ヘジンの何気ない発言が人々の癇に障ってしまい…。

さらにはヘジンが悪口を話す様子がマイクで拡散されてしまう。

そんな中、迎えたユン医院の開業日。

張り切っていたものの、来院する患者はゼロ。

敬老会での一件からヘジンはコンジンの嫌われ者となってしまっていた。

我が強く、物をはっきりと言うヘジン。

放っておけないドゥシクは、ヘジンを町内会へ連れていき…!?

来院数ゼロだったユン医院の行方は…!?

都会に住み慣れたヘジンがコンジンに慣れるには時間がかかりそうですね。

海街チャチャチャ2話ネタバレ感想

コンジンでの開業を決意したヘジン。

都会のキャリアウーマンが田舎町で開業するとは…!

まさかの展開ですね。

面倒見のいいドゥシクや統長のおかげでスムーズに引っ越しが完了したヘジン。

ヘジンのことを特別よく知ってるわけでもないのに、ドゥシクたちは本当に親切ですね^^

地元の人たちみんなで助け合って生活してるんだろうな~。

都会にはない田舎町ならではの魅力ですね♪

一方、自分をしっかりと持ってハッキリと物を言う現実主義のヘジン。

個人的にもヘジンがコンジンに馴染めるのかな?と不安に思っていましたが…。

想像通り、ヘジンはさっそく敬老会で粗相をしてしまいましたね。

悪気はないんでしょうが、コンジンの人たちを不快にさせる行動や言動ばかり!

せっかく歯科医院をアピールする機会だったのに…。

ヘジンは賢いはずなのに、こういう所ではいまいち機転が利かないんだな~。

何だか意外な一面です。

そして全く患者さんがこないヘジンの歯科医院。

コンジンのような家族的な田舎町では、地元の人から好かれることが第一なんでしょうね。

ここでコンジンのスーパーマン・ドゥシクがまたヘジンを気にかけてくれました♪

ヘジンにアドバイスをしたり、無理やりでも町内会に連れて行ったり…。

ドゥシクの気配りが本当に素敵!

ヘジン自身に行動させて悟らせるところが絶妙なんですよね~。

全てを代わりにやってあげることも出来るだろうに…。

知らない町に来たのにこんな風に頼れる人がいるヘジンは幸せ者ですね♪

ヘジンがドゥシクに惹かれるのも時間の問題だろうな~!

今後も2人の関係性に注目です。

ドゥシクがますますカッコよく魅力的に見えてきました。

海街チャチャチャ2話ネタバレとあらすじ感想まとめ

海街チャチャチャ2話のあらすじとネタバレを含む感想を紹介しました。

田舎町コンジンでの開業を決意し、引っ越してきたヘジン。

ヘジンは医院をアピールするため、地元の敬老祭に参加します。

ヘジンを温かく迎え入れるコンジンの地元住民たち。

しかし、ヘジンは悪気なく癇に障るような言動や行動を繰り返してしまいます。

完全に浮いた存在となってしまったヘジン。

開業した委員には誰も来てくれません。

そんなヘジンを放っておけず気に掛けるドゥシク。

ここでまたもやドゥシクが一肌脱ぎます!

ヘジンはドゥシクのおかげで地元の人たちと歩み寄り…!?

歯科医院にもついに患者さんが…!?

次回はこちら!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる