ヴィンチェンツォ最終回のロケ地はどこ?イタリアじゃないの?

ネットフリックスで話題沸騰中の韓国ドラマ「ヴィンチェンツォ」。

ネットフリックスでのランキングでも連日トップ10入りを果たし、世界的にも大注目のドラマです^^

巨大な悪の敵を、「悪」の正義をもって追い詰めていくソン・ジュンギさん演じるヴィンチェンツォ。

回を追うごとに敵とのバトルが白熱!

先が気になり、最後までワクワクドキドキが止まりませんでした!

最終回でヴィンチェンツォとチャヨンが久しぶりに再会するシーンもとっても素敵♪

ヴィンチェンツォ最終回のラストシーンのロケ地。

実は韓国に実在する建物だといいうことをご存知でしょうか?

また、ヴィンチェンツォは実はイタリアで撮影をしていない…なんて情報も!?

そこで本記事では、気になるヴィンチェンツォ最終回ラストシーンのロケ地や、イタリア撮影の真偽について迫っていきます^^

おしゃれな雰囲気だった印象のラストシーン!ロケ地が気になりますね。

スポンサーリンク
もくじ

ヴィンチェンツォ最終話ラストシーンのロケ地

ヴィンチェンツォ最終回のラストシーンといえば、深い絆で結ばれていたヴィンチェンツォとチャヨンが数年ぶりに再会を果たすシーン!

ヴィンチェンツォが韓国にはいられない&帰れない状況になっていまい、お互いを心の中でも想いながらも会えずにいた2人…。

ラストシーンの、美術館での再会からのキスシーンはとっても素敵でした♪

美術館の建物も独特な形状で、何だかおしゃれな雰囲気でしたよね^^

実はこのラストシーンのロケ地…韓国にある「東大門デザインプラザ」なんです!

東大門デザインプラザとは、2014年3月にオープンしたアートホールや博物館、雑貨店や飲食店など多くのお店が入った巨大施設。

設計はなんと、新国立競技場の設計者として日本でも知られるザハ・ハディドさんなんです!

3つの巨大な曲線型の建物が分離することなく一部で融合し、個性的で奇抜な外観となっています。

1日3万人もの人が訪れる、東大門市場を代表する観光名所なんですよ~!

ヴィンチェンツォとチャヨンが再会したのはこの建物の中だったのですね◎

そして美術館の外へ出て、お互いの想いを確認し合いキスを交わすラストシーン

おしゃれな雰囲気を醸し出す東大門デザインプラザが、夜ということでライトアップされていましたよね。

独特なフォルムのプラザがライトで照らされ、とってもロマンティックでした^^

東大門デザインプラザは昼と夜とで違った景色が見られるのですね!

ちなみに、東大門デザインプラザは地下鉄2・4・5号線東大門歴史文化公園駅から直結なのでアクセス楽々♪

韓国は訪れる際にはぜひついでに足を運んでみたいですね^^

夜のライトアップがとっても素敵な建物ですね。

ヴィンチェンツォのロケ地はイタリアじゃない?

イタリアでマフィアの顧問弁護士だったヴィンチェンツォ。

ドラマの序盤ではヴィンチェンツォがコンシリエーレとしてカサノ家のために活躍するシーンが度々ありましたよね!

まさにイタリアを感じさせる巨大なお城のような建物、広大な芝生、カリブ海を思わせるきれいな海などなど^^

全てとても美しい映像で、イタリアってやっぱり素敵だな~なんて思っていたのですが…。

実は、ヴィンチェンツォのロケ地はイタリアじゃないんですって!

驚きですよね~!

見事に騙されていました^^;

よくよく考えてみたら、こんなご時勢ですし海外での撮影もなかなか難しいですよね。

それにしても全くそれを感じさせないソン・ジュンギさんの演技と現代の映像技術!

あっぱれですね^^

イタリアでロケが行われていたと思っていた方も多いのでは!?

ヴィンチェンツォ最終話のロケ地まとめ

ヴィンチェンツォの最終話のロケ地「東大門デザインプラザ」。

博物館やアートホール、お店など様々な楽しみ方のできる巨大施設!

最終回のラストシーンはここで撮影されたいたのですね^^

全て回ろうと思ったら1日かかってしまいそう…!

そしてなんといってもその外観が独特で一度見たら忘れなさそうな建物です。

夜にはライトアップされてとってもロマンチック♪

アクセス良好なようなのでぜひ訪れてみたい場所ですね。

また、今回意外だったのがヴィンチェンツォのロケ地はイタリアではなかったということ◎

イタリアらしい歴史がありつつも美しい建物や自然の景色。

イタリアでロケが行われていると思われていた方も多いのではないでしょうか?

私もてっきり騙されていました~^^

これもソン・ジュンギさんの抜群の演技力や高度な映像技術のたまものですね♪

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる