ヴィンチェンツォ4話あらすじネタバレと感想!悲しい別れと新たなる出発

バベルグループの隔離施設から逃げ出した研究員ミンチョル。

法廷でバベル製薬の悪事を証言しようと決意していた。

しかし、バベルグループの魔の手がミンチョルにも迫り…!?

また、巨大な敵バベルグループと闘う決意をするヴィンチェンツォとユチャン。

2人が飲食店で食事しているところに大型トラックが突っ込んできて…!?

それでは気になる第4話のあらすじをみていきましょう!

スポンサーリンク
もくじ

ヴィンチェンツォ4話ネタバレあらすじ

3話のネタバレと感想はこちら

ユチャンとの別れ

ヴィンチェンツォとユチャンの食事中に突如つっこんできた大型トラック。

なんとユチャンは帰らぬ人に…。

弱者のために弁護士として活動し慕われていたユチャン。

今まで助けた多くの人から別れを惜しまれるのだった。

そして娘チャヨンは父との突然の別れが受け入れられず1人悲しみにくれていた。

まさかユチャンの命が奪われてしまうとは…衝撃です。

チャヨンの再出発

父の命を奪った事故が「単なる事故」に思えないチャヨン。

事故から1週間ぶりに目を覚ましたヴィンチェンツォ。

ヴィンチェンツォは事故について調べようとするチャヨンへ無駄なことはやめるよう忠告する。

一方、研究員ミンチョルも帰らぬ人となって海から発見。

バベル製薬と自分の勤めるウサン法律事務所を疑うチャヨン。

チャヨンはウサンと決別し父の法律事務所わらを引き継ぐ決意をするのだった。

ユチャンの遺志をチャヨンが引き継いでくれるといいですね。

発売された新薬

新薬の真実を知る者をことごとく消し去ったバベル製薬。

バベル製薬の訴訟事件も「ユチャンが悪徳弁護士だった」としてもみ消されることに…。

バベルとウサンの思惑通り、新薬は発売されてしまうのだった。

ユチャンが悪者に仕立て上げられたことに怒りを覚えるヴィンチェンツォ。

ヴィンチェンツォはバベルの社長宅へ忍び込み宣戦布告のメッセージを残すのだった。

あんな危険な薬が流通してしまうなんて怖すぎます…。

コンビ結成

ユチャンの仇を討つためバベルとウサン相手に闘う決意をするチャヨン。

クムガ・プラザを守りたいヴィンチェンツォ。

2人はお互いの目的のため協力し合うことに…!

事故のトラックを運転していた男に会いに行くヴィンチェンツォとチャヨン。

ウサン代表ミョンヒの指示で故意に事故を起こしたことが明らかになる。

弁護士として優秀なヴィンチェンツォとチャヨン。
今後の2人に期待です!

バベルとウサンへの逆襲

コインランドリーで音楽に合わせ得意のダンスを踊るミョンヒ。

そこに血のついた洋服が届けられ、ミョンヒは閉じ込められてしまう。

恐怖を感じ震えるミョンヒ。

そこに1本の電話。

ヴィンチェンツォは多くの被害者たちの名誉を挽回するよう要求するのだった。

また、ユチャンを慕う人々と共にバベル製薬の原料貯蔵庫へ向かうヴィンチェンツォとチャヨン。

貯蔵庫へ忍び込み石油をまく。

そこにライターを落とすヴィンチェンツォ。

原料貯蔵庫は瞬く間に火の海に…。

薬の流通を止めることはユチャンの願いでもあったのだった。

爆破現場にかけつけるバベルグループの「ボス」と呼ばれる男。

現れたのはユチャンの頼りない後輩ジュヌだった…!?

まさかあの頼りない雰囲気のジュヌがバベルのボス!?真相は…!?

ヴィンチェンツォ4話ネタバレ感想

ここからはヴィンチェンツォ4話の感想をネタバレありでまとめています。

父との別れと新たなる決意

故意に追突してきた大型トラック。

まさかユチャンが帰らぬ人となってしまうとは思ってもみませんでした><

ユチャンの遺志を継ぐべくウサンと決別し、バベルやウサンを敵に回す覚悟をしたチャヨン。

ユチャンが生きているうちにチャヨンが味方になってくれなかったのは残念ですが…。

ユチャンの無念を晴らすべく、ヴィンチェンツォと力を合わせて巨大な敵を倒して欲しいです!

ヴィンチェンツォとチャヨンは良いコンビになりそうな予感!

バベルとウサンへの逆襲

バベル製薬の悪事を知っている人たちをことごとく消していくバベルとウサン。

新薬発売のためにそこまでするとは信じられません><

製薬会社なのに本当に人の命を全く考えていない悪党です。

ミョンヒをコインランドリーに閉じ込め、自分がされたようにトラックで追い詰めるヴィンチェンツォ。

本当にトラックでミョンヒをひいてしまうのではないかと見ていてヒヤヒヤしてしまいましたが…実にスカッとする反撃でした^^

被害者たちの名誉挽回をミョンヒに求めるヴィンチェンツォ。

やっぱりヴィンチェンツォは一見冷たいように見えて心は優しいんだろうなと感じました。

また、バベル製薬の原料貯蔵庫を火の海にする作戦。

これもなかなかの名案ですね!

危険な薬の流通を阻止するにはこれが一番の得策な気がします。

毎回予想外の戦力を繰り出すヴィンチェンツォとチャヨン。

今後の展開が楽しみです!

このまま黙っていないだろうウサンの代表ミョンヒ。
今後どんな反撃に出るのでしょうか!?

現れた敵のボス!?

火の海となった原料貯蔵庫に駆け付けた「ボス」と呼ばれる男。

現れたのはまさかのウサンの弁護士ジュヌでした!

いつもチャヨンの後をついて頼りなさげだったジュヌ。

そんな彼がまさかのバベルの真のボスなのでしょうか!?

また、ジュヌはチャヨンへ好意を持っている様子もありましたが…。

ジュヌの正体が気になります。

ジュヌがこんな悪質企業のボスだとしたら信じられません。

ヴィンチェンツォ4話ネタバレあらすじと感想!まとめ

バベルとウサンの策略により帰らぬ人となったユチャンと研究員たち。

バベル製薬の思惑通り、危険な新薬は発売されてしまう。

父の無念を晴らすためウサンと決別し、巨大な敵と闘う決意をしたチャヨン。

クムガ・プラザを守りたいヴィンチェンツォと力を合わせることに…。

ミョンヒに脅しをかけたりバベル製薬の貯蔵庫を爆発させたり攻勢をかけるヴィンチェンツォたち。

このまま黙っているはずのないバベルとウサン。

今後、どのような反撃をしてくるのでしょうか!?

そして最後に現れたバベルの「ボス」と呼ばれる男。

男の正体はチャヨンの後輩弁護士ジュヌだった…!?

5話のネタバレ感想はこちら

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる