ヴィンチェンツォ5話ネタバレと感想!新たな波乱の予感

ヴィンチェンツォ5話のネタバレと感想を紹介!

父ユチャンの遺志を継ぐ決意をしたチャヨン。

クムガ・プラザの金塊を守りたいヴィンチェンツォ。

巨大財閥バベルグループを相手に2人は手を組むことに…。

2人の策略で火の海となったバベル製薬の原料保管庫。

そこに現れたバベルの会長ハンソと真のボス。


ボスの正体はチャヨンの後輩ジュヌだった!?

そしてヴィンチェンツォたちの次なる標的はバベル化学…!?

それでは気になるヴィンチェンツォ第5話のネタバレをまとめています!

スポンサーリンク
もくじ

ヴィンチェンツォ5話ネタバレ

4話のネタバレ感想はこちら

真のボスはジュヌ

火の海となったバベル製薬の原料保管庫。

そこに駆け付けたバベルグループ会長のハンソと真のボス。

バベルのボスはチャヨンのウサン時代の後輩・ジュヌだった。

会長ハンソは兄ジュヌの操り人形となっていたのだった。

チャヨンの前ではいつもおどけた様子のジュヌ。
可愛らしい後輩だと思っていたのに衝撃です!

次なるターゲット

バベルグループの1つであるバベル化学。

バベル製薬と同様、毒性のある物質を使用し多くの被害者を出していた。

被害者側に示談ばかりを訴える悪質弁護士。

虚偽の診断書を出すバベル系列の大病院。

バベルからの広告収入のためバベル寄りの記事ばかりを出す新聞社。

彼ら相手にヴィンチェンツォとチャヨンは一体どのような手に出るのでしょうか!?

バベルグループは本当に次から次へと悪事が出てきますね!

一致団結

ジュヌの指示を受けるバベルの会長ハンソ。

ハンソは報道陣の前でウサン化学の新素材完成発表を行う。

この新素材は未完成で多くの被害者を出している危険なものだった!

記者会見中、研究員ウヨンが口から血を吐き倒れ込む。

ウヨンはクムガ・プラザの僧侶の幼馴染。

ビルの入居者たちとは家族同然の仲だった。

白血病でウヨンの管理不十分だと診断するウサングループ系列の病院医師。

しかし、実はウヨンの出血は危険な素材BLSDが原因だった。

憤るクムガ・プラザの入居者たちは一致団結。

ヴィンチェンツォやチャヨンと共に闘う決意をするのだった。

クムガ・プラザのメンバーも一致団結!心強いです!

悪質弁護士の追放

バベル化学からの示談に応じるよう被害者を誘導していたソ弁護士。

示談にすることで賄賂をもらう悪徳弁護士だった。

ソ弁護士に従い示談に応じるつもりだった被害者たち。

被害者たちにソ弁護士の悪評を録音し聞かせるチャヨン。

ヴィンチェンツォは賄賂のありかを探し出す。

そしてバベル化学とソ弁護士の悪事を知った被害者たち。

訴訟の担当弁護士をヴィンチェンツォとチャヨンへ変更し、バベル化学と闘う決意をするのだった。

今回もスカッとする方法で悪徳弁護士をやっつけてくれましたね!

負ける確率9割!?

ウサン法律事務所へ乗り込むヴィンチェンツォとチャヨン。

バベル化学の訴訟に関して代表のミョンヒらへ宣戦布告。

コインランドリーで怖い思いをさせられた代表のミョンヒ。

声質からコインランドリーの一件がヴィンチェンツォによるものだと勘付く。

ミョンヒは、憎きヴィンチェンツォたちを倒すべく闘志を燃やしていた。

一方、バベル化学の裁判を前に勝率が少ないと踏むヴィンチェンツォ。

ヴィンチェンツォはチャヨンへ自分に任せて欲しいと話し、悪党のやり方を見せると意気込んでいた。

裁判当日、集まる報道陣を前に高級スポーツカーで現れるヴィンチェンツォとチャヨン。

クムガ・プラザの入居者たちはバベル化学を恨む被害者にふんしデモを起こす。

果たして気になる裁判の行方は…!?

ヴィンチェンツォたちには何かとっておきの策があるのでしょうか!?

ヴィンチェンツォ5話ネタバレ感想

ここからはヴィンチェンツォ5話の感想をネタバレありでまとめています。

ジュヌの正体

やはりジュヌがバベルグループの本当ボスであることが明らかになりました!

ウサン法律事務所でチャヨンのことを慕っていたジュヌ。

あの少し間抜けで可愛らしい姿は演技だったのでしょうか!?

チャヨンへ好意を持っている様子にも見えたジュヌ。

チャヨンへの好意だけは本物…!?

弟で名目上のバベル会長ハンソへの酷い仕打ちをみると、恐ろしい性格のようですが…。

まだまだ本性を表してない様子のジュヌ。

バベルグループへ攻勢をかけるチャヨンへ対して「もう容赦はしない」といった発言もみられました。

今後、ヴィンチェンツォやチャヨンに対しどのような反撃をしていくのでしょうか!?

どうしてジュヌがウサン法律事務所で少し間抜けな弁護士として在籍しているかも気になります。

悪質なバベル化学

ヴィンチェンツォたちの次なる標的であるバベル化学。

バベル製薬と同じグループなだけあって弁護士や病院までグルとなった悪質な企業のようです。

仕事に取り組む研究員が血を吐いてしまうなんて普通では考えられませんね。

恐ろしいです><

被害者たちに示談を進めるバベルの息のかかったソ弁護士。

今回もヴィンチェンツォたちがスカッとする方法で上手くやっつけてくれました!

毎回少し独特な面白味のある方法で敵を追い詰めるヴィンチェンツォたち。

見どころの1つとなりそうですね^^

そして次回ヴィンチェンツォ対ウサン法律事務所が繰り広げるバベル化学の裁判が始まります。

ヴィンチェンツォのいたずらがミョンヒに火をつけ本気モードのウサン法律事務所。

ヴィンチェンツォは勝ち目のない裁判だと言っていましたが、何か秘策があるのでしょうか!?

次回、裁判の行方に注目です!

ヴィンチェンツォとチャヨンの仲

良いコンビネーションを見せているヴィンチェンツォとチャヨン。

ヴィンチェンツォがおふざけでチャヨンへデコピンをする時の目線…。

そしてチャヨンがクムガ・プラザの件が落ち着いたら韓国を離れるのかとヴィンチェンツォへ尋ねる様子…。

もしかして少しずつお互いを意識し始めているのかな!?と思ってしまいまいした。

何だか気の合いそうな2人…今後、恋愛関係に発展したりする可能性もあるのかな!?

今後の展開に期待したいです^^

ジュヌのチャヨンへの気持ちも気になるところです!

ヴィンチェンツォ5話ネタバレあらすじと感想!まとめ

明らかになったバベルグループの真のボス・ジュヌ。

ジュヌは弟であるハンソを会長に据え、裏で指示を出していた!

チャヨンの前では間抜けで人懐っこい後輩弁護士のジュヌ。

ジュヌの思惑は一体…!?

そしてヴィンチェンツォとチャヨンの新たな標的・バベル化学。

バベル化学も危険な物質を扱い、多くの被害者を出していた。

悪質弁護士に誘導され示談を受け入れようとしていた被害者たち。

ヴィンチェンツォとチャヨンは悪質弁護士を追放。

被害者のためにバベル化学と闘うことを表明する。

一方、コインランドリーの一件で本気モードのウサン代表ミョンヒ。

次回、注目のバベル化学の裁判が始まる…!

巨大なバベルグループを相手取ったこの裁判。

不利だと思われるヴィンチェンツォとチャヨンの策略は…!?

6話ネタバレ感想はこちら

ヴィンチェンツォはNetflixで配信中です♪

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる