Weiキムジュンソの経歴プロフィール!歌とダンスの実力を調査

WEIキムジュンソの経歴プロフィール

結成前から、各メンバーの人気が高かったWEi。

全員がオーディション番組出身、実力もビジュアルも輝かしいボーイズグループです。

キム・ジュンソさんは、以前1THE9として活動していました。

そんなWEiキム・ジュンソさんの経歴やプロフィールが気になりますよね?

今回はWEiキム・ジュンソさんの経歴プロフィール、歌やダンスの実力について調べます。

スポンサーリンク
もくじ

Weiのキムジュンソのプロフィール

  • 本名:キム・ジュンソ
  • 生年月日:2001年11月20日
  • 出身地:韓国 蔚山
  • 血液型:O型

大人っぽいビジュアルと、落ち着いた雰囲気。

そう見られないこともあるようですが、ジュンソさんはWEiのマンネ(末っ子)です

ジュンソさんの趣味は運動とゲーム、学生時代はバスケ部に所属。

元々ガタイが良いと思われ、デビュー後に筋トレをして一層たくましくなりました!

実家に帰った時のVlogでお父さんと筋トレしていたので、運動好きは血筋かもしれませんね^^

番組内で胸囲を測ることになった際は、一生懸命パンプアップしていました。

スキンケアもマメなジュンソさんは自他ともに認める「自己管理王」

理系男子であり、高校時代には科学のテストで1位になったことがあるそうです。

アイドルを目指す前は、本気で科学の先生になる進路を考えたと明かしていました◎

ジュンソさんの2歳年下の弟さんは、韓国トップクラスのソウル大学に入学しているんですって!!



ジュンソさんのあだ名は「コンナムルプリンス」「ジュンナムル」

コンナムルとはモヤシのこと…友達がつけたニックネームのようで…

詳しくはわからないのですが「細胞からカッコいい」といったニュアンスが由来らしいです。

少しの水でよく育つモヤシのようにファンの愛でスクスク育つ、といった意味もあるとのこと。

またジュンソさんは非常にファン孝行であるため「ヒョジャ(孝行息子)」と称されています^^

ジュンソさんは、ルービックキューブやレゴを組み立てるのが得意。

特技披露の場面では、よくボイスパーカッションをしています♪

ライブ配信の終わりにすることがある、ジュンソさんお馴染みの挨拶が「갈각(カカク)」。

(意訳すると「終わりにします」といった感じかと思います◎)

フルバージョンだと「鋭角(イェカク)・鈍角(トゥンガク)・直角(チッカク)・갈각(カカク)」。

ポーズもあるので、気になる方は実際の動画をご覧ください!

300일❤️(33:45〜)


Weiのキムジュンソの経歴

ジュンソさんが歌手を志すようになったのは、高校生時代のようです。

きっかけは学校のみんなの前でパフォーマンスをしたこと!

その時の歓声が忘れられなくて、アイドルになろうと思ったと話していました。

インスタを通してスカウトされたことがあるのですが、その事務所には入らなかった様子。

音楽院でレッスンを受けた後、現在の事務所のオーディションに参加したみたいですね^^

ジュンソさんが事務所に入ったのは2018年の初旬あたりかな?と推測されます。

練習生になりたての頃は大変で、実家に帰ろうと考えたほど。

しかし、お父さんに「玄関を開けてあげない」と言われたのだとか…。

愛のこもった厳しいアドバイスのおかげで、ジュンソさんは踏ん張ったのだと思います。



ジュンソさんは、2018年11月から放送されたオーディション番組「UNDER19」に参加。

ヨンハさんも同オーディションに出ています。

当時からイケメンぶりが目立っており、ジュンソさん自身も強めにアピールしていました

事前審査で「歌・ダンス・ラップで1番自信がある分野は?」と聞かれた時。

その中にはないけど、顔がカッコイイです」と堂々と回答!

のちにこの映像を他の練習生と一緒に見て、ジュンソさんはだいぶ恥ずかしがっていました^^;

「アイドル界のパク・ボゴムになりたい」とコメントしたのが、ちょっと黒歴史だそうです。



序盤はあまり良い順位とは言えず、途中で順位を上げるもファイナル直前にはデビュー圏外へ…。

しかし、最終的に見事9位にランクイン!

2019年4月、ジュンソさんは1THE9のメンバーとしてデビュー!

オーディション時点で10代のメンバーばかり、ジュンソさんはちょうど真ん中の年齢でした

期間限定グループだったものの、1THE9は日本でもコンサートを成功させています。

2020年8月に1THE9の活動が終了、先立ってWEiに合流することも発表されました!

2020年10月、ジュンソさんはWEiとして2度目のデビュー



2021年のK-Community Festivalで、ジュンソさんはMCを担当◎

単独でグラビアに登場したり、演技を習い始めたことを報告していたり…

ソロカムバックは後に機会があれば」とも語っており、さらなる飛躍が期待されます。

ジュンソさんはとてもストイック、様々なことに挑戦する可能性がありそうですよ。

Weiのキムジュンソの歌とダンスの実力

UNDER19では、参加者がボーカル・ラップ・パフォーマンスの3チームに分けられました。

ジュンソさんはパフォーマンスチームに所属

特にダンス力を見込まれて、この割り振りになったと考えられますよね。

ジュンソさんのダンスは力強くてキレがあります♪

顔立ちに自信があることもあってか、表情の作り方がキレイ!

さらに色っぽい感じを演出するのも、ジュンソさんは上手かもしれません。

成人記念のカバーダンス動画でも、妙に妖艶な雰囲気が出ていました

위아이(WEi) – Take you down / Choreography – Brian Puspos , BTS 지민 (COVER BY. 김준서)

WEi楽曲以外だと(G)I-DLE「TOMBOY」のカバーステージが好評^^



ジュンソさんは、ガールズグループの曲も似合うのだと思います。

[쇼챔직캠 4K] WEi KIM JUNSEO – TOMBOY (위아이 김준서 – 톰보이 (원곡: (여자)아이들)) | Show Champion | EP.437

WEiのメンバーは、カバーダンスのレパートリーが豊富です!



グループでボーカルを担当するジュンソさん、優しい歌声が印象的

ポール・キムさんが好きみたいで、公の場で歌っていることが多いです。



公式YouTubeにも、カバー動画があがっていました。

「美しい」「癒される」「声がヤバイ」など、称賛コメントがたくさん♪

🎤위아이(WEi) – 커피 한 잔 할래요 cover by 김준서 (원곡.폴킴)



一時期ジュンソさんは、メインラッパー・デヒョンさんのパートを練習していたそうです

少なからずラップにも興味がある様子、ソロステージが楽しみですね。


Weiのキムジュンソの経歴プロフィールまとめ

WEiキム・ジュンソさんの経歴プロフィールをまとめました。

デビューに至るまで、レッスンを受けた期間は意外と短いのかなと思いました。

それにもかかわらず、オーディション番組では高いパフォーマンス力を発揮。

最年少メンバーということで、これからさらにレベルアップするのでは!?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ